癒しの里 菊池

メニュー

閉じる

キーワードを入力して探す


言語


メインメニュー


記事分類一覧から探す


担当部署から探す

会計課

議会事務局

選管事務局

農業委員会事務局

監査委員事務局

公平委員会事務局


閉じる

台区の皆さんで冨田甚平翁の顕彰碑を清掃しました!8R2.3.3)

更新日:2020年4月2日

3月3日(火)、台(うてな)区(冨田龍二区長)有志の皆さんで、冨田甚平(とみたじんぺい)翁の顕彰碑を清掃されました。

この日は冨田甚平翁の命日であり、「地元の偉人を皆でもう一度学ぶきっかけに」と区長さんが呼びかけられたもので、区民の方々をはじめ、10名ほどの有志の皆さんが集まりました。甚平翁のひ孫である冨田和男さんも参加して一緒に作業され、区との交流も深められました。

まず作業に先立ち、市職員から甚平翁の功績について改めて説明を受けたあと、分担して顕彰碑をきれいに磨き、周辺の草刈りをして終了しました。

冨田区長さんは「改めて郷土の偉人を学ぶ良い機会になった。続けていくことができれば」と話されました。

説明の様子甚平翁の功績について市職員から説明を受ける様子。参加者からは「甚平さんがどんな人だったのか改めて分かった。参加してよかった。」との声が聞かれました。

 

 

 

 

 

集合写真

作業を終えて集合写真。前列左から冨田和男さん、冨田区長さん。

 

 

 

 


 

 

冨田甚平について

冨田甚平は嘉永元年(1848年)に現在の台区(当時は水島村)に生まれ、隣り合っている田んぼでなぜ収穫量が大きく違うのか?という疑問から始まり、その後の人生をかけて冨田式暗渠排水技術を開発しました。この技術により、腰まで沈むようなとてもぬかるみがひどい田んぼ(「じゅったんぼ」といいます)も作りやすい田んぼに変わり、米どころ菊池のお米の収穫量は更に増えました。甚平はその実績により鹿児島、山口、秋田など全国各地に農業指導者として招かれ、現在もその技術は生き続けています。

その指導者としての枠は国内に納まらず、現在の韓国でも農業指導に当たられ、昭和2年(1927年)3月3日、韓国で80歳の人生を終えました。

その功績をたたえ、熊本県では昭和51年(1976年)に熊本県近代文化功労者として表彰し、また地元七城町(当時)では有志で期成会を組織し、平成3年、現在の顕彰碑が建てられました。

現在でも、市内の小学生が地域を楽しく学ぶ教材としても役立てられている「菊池ふるさとかるた」の中で「国中の湿地を美田に冨田甚平」という詩で詠まれています。また平成29年4月に認定された菊池川流域日本遺産においても、二千年の米作りのストーリーの中で大きな功績を残した偉人として紹介され、更には菊池川平成30年には地元テレビ局の「郷土の偉人シリーズ」でドラマ化されています。


お問い合わせ

菊池市役所 教育委員会 生涯学習課 社会教育係
電話番号:0968-25-7232この記事に関するお問い合わせ


癒しの里 菊池

菊池市役所

所在地:〒861-1392 熊本県菊池市隈府888 電話番号:0968-25-7111(代表)
     各課直通のお問い合わせ先はこちら
法人番号:2000020432105

菊池市の人口情報

[令和2年10月]
  • 人口 47,973人
  • 男性 23,018人
  • 女性 24,955人
  • 世帯 19,508世帯

トップへ戻る