前のページに戻る

記事の詳細

ふるさと納税の申告手続きについて

更新日:2016年4月1日

ふるさと納税の申告手続きについて

◎ふるさと納税をされた方は所得税及び個人住民税において、寄附金控除の適用を受けることができますが、そのためには確定申告をする必要があります。

以下の資料を参考にしながら、忘れずに確定申告の手続きを行ってください。

 国税庁のホームページがこちらです。

 

※確定申告が不要となる、ふるさと納税ワンストップ特例申請については、下記を参照ください。

ふるさと納税ワンストップ特例制度のご案内

ふるさと納税による税の軽減を受けるためには確定申告を行っていただくことが必要ですが、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」とは、

  • 寄附をされる方が寄付先の自治体(菊池市)へ申請を行い、
  • 寄付先の自治体が、その方の住所地の市町村への控除申請を代行することで、個人住民税の控除を受けることができる制度です。

(平成27年4月1日以降に寄附をされる方が対象です。)

確定申告をされる場合、所得税と個人住民税から軽減を受けることになりますが、ワンストップ特例の場合は、所得税の軽減相当額を含め、個人住民税からまとめて軽減を受けることになります。

■ワンストップ特例の対象者は?

ワンストップ特例の対象となる方は、次の条件を満たす方に限られます。

1.地方税法附則第7条第1項(第8項)に規定する申告特例対象寄附者であること

→ふるさと納税の寄附金控除を受ける目的以外で所得税や住民税の申告を行う必要がない方が対象です。

そもそも確定申告を行わなければならない自営業者等の方や、給与所得者の方でも医療費控除等で確定申告を行う方などは対象となりません。

2.地方税法附則第7条第2項(第9項)に規定する要件に該当する者であること

→その年にふるさと納税をされる自治体の数が5以下であると見込まれる方が対象です。

■手続きの方法は?

ふるさと納税お申込みの際、「ワンストップ特例申請を希望する」に必ずチェックを入れてください。寄附金払込確認後、寄附金受領証明書と合わせてご案内と用紙をお送りします。

「申告特例申請書」に必要事項を記入し、押印の上、菊池市役所 企画振興課まで郵送してください。

※郵送に係る費用はお申込者のご負担となりますので、ご了承ください。

※申請書提出後、寄附された年の翌年1月1日までの間に提出した申請書の内容(電話番号を除く。)に変更があった場合は、「申告特例申請事項変更届出書」を提出してください。

平成28年1月1日以降の寄附分からマイナンバーの記載が必要になりました。また、添付書類として個人番号の確認ができるもの及び本人確認ができるものを送付していただく必要があります。

記載例


 その他

  • 申請書は、寄付をされる度に提出が必要です。
  • 本特例が適用される場合は、所得税控除分相当額を含め、翌年度の住民税から控除されます。
  • ワンストップ特例制度の利用の有無に関わらず、寄付金受領証明書は従来通り発行いたします。

追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

菊池市役所 政策企画部 企画振興課 地域振興係
電話番号:0968-25-7250この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


おすすめのコンテンツ

  • 菊池市災害支援ネットワーク
  • 菊池の地域おこし協力隊
  • くらしの便利帳
  • ふるさと菊池を応援「東京菊池会」
  • 菊池市のふるさと納税がウェブで簡単にできます!
  • 菊池世界一プロジェクト大成功!世界一長い流しソーメンの記録「3,328.38m」達成しました!
  • 菊池市プチ伝説
  • いっぷく!姉妹都市
  • 菊池動画ちゃんねる
  • 菊池の公共交通網
  • 観光大使リポート
  • 菊池パンフレット
  • リンク集
  • 菊池市図書館
  • 菊池市生涯学習センター準備室の公式Facebookページ
  • 『きくち歩き愛です』のご紹介

広告欄バナー広告についてのお問い合わせはこちら

  • 高木歯科クリニックバナー
  • 緒方建設バナー
  • 菊池温泉観光旅館協同組合バナー
  • 美少年バナー
  • あまとやバナー