デザイナーと農業の両立が夢でした。菊池の人たちは優しく迎え入れてくれました

更新日:2018年3月12日

緒方徹さん・愛美さん

2017年3月 東京都杉並区より移住


おすすめの場所

徹さん: 

 菊池中央図書館、菊池川沿いの道


愛美さん: 

 田園に沈む夕日が見える南古閑の景色

 


1



自宅の2階はデザイン事務所のオフィス。夫婦で作業をしている



移住したきっかけは?

徹さん:

 熊本市で生まれ、高校卒業後に進学のため上京。都内でデザイナーとして働いていました。仕事は充実していたものの、都会でパソコンに向かい続ける日々に疑問を持ち、緑や自然にふれる時間が欲しくなりました。もともと農業に興味があったので、故郷の熊本で仕事をしようと決意。実は大祖父の墓が西合志にあるので、幼い頃から菊池方面に愛着があったんです。そのため移住先は菊池市に絞り、空き家バンクで物件を探しました。


愛美さん:

 アメリカでイラストレーターとして14年働いていましたが、9.11の同時多発テロをきっかけにパニック障害になってしまいました。生まれも育ちも東京だったのに、帰国後は東京の喧騒でもパニック障害が出てしまう。そんな折に東日本大震災が発生。さらに不安が募り、田舎で暮らしたい気持ちが高まりました。帰国後に出会った夫が移住を希望していたので、熊本へ着いていくことに。アメリカで生活していた経験があったので、知らない土地へ行くことに不安はありませんでした。



2


菊池に移住して農作業を開始。自宅の畑でニンニクを栽培している



生活はどうですか?

徹さん:

 移住後はデザイナーの仕事を継続しつつ、合志市の県農業大学校に通い勉強を始めました。田園の中に佇む日本家屋でデザイナーの仕事をしつつ、夢だった農業もスタート。地域の人間関係が不安でしたが、みんな温かく、とても親切にしてくれます。心配する必要はありませんでした。本当に移住して良かったです。

お気に入りは菊池川沿いの道。朝モヤのなかジョギングすると、心が洗われます。自然とともに生きている実感ができて、毎日が充実しています。


愛美さん:

 イラストレーターとして夫と一緒に仕事をしています。また、JAの女性部に入り、味噌、かきもちなどをメンバーと楽しみながら作っています。菊池の人たちは優しく迎え入れてくれました。新天地でも楽しく生活できています。

実は引っ越すまで、熊本に縁が無かったんです。夫の方言を初めて聞いた時は、どこの外国の言葉かな?と思ったほど馴染みがなくて…。でも、今ではすっかり熊本に染まりました。


3


菊池市の空き家バンクで紹介してもらった、お気に入りの古民家



移住を考えている人へのメッセージをお願いします。

徹さん:

 菊池は自然に恵まれた場所なのに、不便さを感じない。田舎暮らしと利便性を両立できるバランスの良さも魅力です。悩んでいる人は、まずは一度行動してみてください。自分の目で見てみることで、イメージも掴みやすいです。


愛美さん:

 まずは1回熊本へ、そして菊池に来てみてください。菊池は人が優しく、自然も豊かで、生活しやすいです。実際に移住希望先を体感することで、自分の理想とする場所かどうかわかると思います。


お問い合わせ

菊池市役所 企画振興課 集落・定住支援室
電話番号:0968-25-7250