「定住サポートコーディネーター」(地域おこし協力隊員)を募集します!

更新日:2020年11月16日

協力隊集合写真


熊本県菊池市では、平成27年度から「集落・定住支援室」を設置し、移住・定住の推進を行っています。

これまでに、63組149名の移住のお手伝いをしてきました。

市では、さらなる移住定住の推進を図るため、行政だけでは手の行き届かない、より柔軟できめ細やかな移住・定住のサポートを行っていただける「定住サポートコーディネーター」を1名募集します!

また、市では、将来的に行政と共に移住・定住を支援する新たな団体の設立が必要だと考えています。

そこで、「定住サポートコーディネーター」には、任期後を見据え、私たちと一緒に移住・定住をサポートする団体の立ち上げ(または起業)にも取り組んでいただきます!

移住・定住のサポートや、任期後の団体や組織の立ち上げにご興味のある方はぜひ応募してください。

また、ご不明な点や気になる点等あればご相談ください。

※予算の都合等により採用を取りやめる場合がございます。予めご容赦願います。

 

1.募集対象者

(1) 令和3年4月1日現在で20歳以上の方

(2) 下記のA〜Eのうち、いずれかに該当する方で、採用後に菊池市に生活拠点を移し、住民票の異動が出来る方

A 三大都市圏内の都市地域に居住されている方

B 政令指定都市に居住されている方

C 三大都市圏内の一部条件不利地域に居住されている方

D 三大都市圏外の都市地域に居住されている方

E 三大都市圏外の一部条件不利地域のうち条件不利区域以外の区域に居住されている方

※詳細は、総務省「地域おこし協力隊」のホームページに掲載されている「特別交付税措置に係る地域要件確認表」をご覧ください。    

(3) 地域活性化に意欲があり、地域住民とともに積極的に活動ができる方

(4) 心身ともに健康で、地域住民と協力しながら、協力隊員の活動に意欲と情熱をもって活動できる方

(5) 普通自動車運転免許を有し、日常的に運転に支障のない方

(6) パソコンの操作(ワード、エクセル、パワーポイント、メール等)及びインターネット、SNS等の活用ができる方

(7) 活動終了後、菊池市での起業及び定住を目指し、継続的な地域貢献に意欲がある方

(8) 地方公務員法第16条の欠格事項に該当しない方

2.活動について

定住サポートコーディネーター(1名) 

本市の移住・定住施策に従事しながら、空き家バンク、移住体験ツアー、お試し住宅事業の企画や運営に携わっていただきます。

また、移住定住及び起業セミナーの受講や先進地視察等により、移住定住のサポートを行う団体設立に向けた知識やノウハウを習得し、任期後、移住・定住を支援する団体の立ち上げを目指して活動していただきます。

活動例

1)移住希望者の相談対応。

2)市の移住専用HPやSMOUT等を活用した情報発信。

3)移住者や住民の方をつなぐ交流会の開催。

4)空き家バンク登録物件の掘り起こし。

5)団体や組織の設立に向けた知識やノウハウの習得

特記事項

宅地建物取引士や旅行業務取扱管理者などの資格を持っている方を優先して採用します。

3.活動条件等

※諸事情により内容が変更となる場合があります。ご了承ください。

活動場所

菊池市全域

雇用形態

会計年度任用職員(パートタイム)

雇用期間

令和3年4月1日〜令和4年3月31日

※活動に取り組む姿勢及び事業成果により委嘱を更新する。最長で3年まで更新できる。

(令和3年4月からの着任が困難な場合は、ご相談に応じます。)

勤務時間

原則8時30分〜17時15分(昼休み 12時〜13時を含む)

※勤務が時間外、休日のときは振替にて調整

勤務日数

週4日勤務の年間192日程度

報酬

月額208,072円 ※別途賞与あり

保険

厚生年金保険、健康保険及び雇用保険に加入

活動に係る経費

活動に必要な消耗品・研修に係る経費・活動に要したガソリン代等は、予算の範囲内で支給

・住居費は、月額40,000円を上限として支給

・車輌借上料は、月額20,000円を上限として支給

・通信運搬費は、月額3,000円を定額として支給

隊員に負担していただくもの

引越しに係る費用、活動中の生活に必要な光熱水費、食費、生活備品等

 申込・選考方法

申込み方法や受付期間、選考に関してはこちらをご覧ください。


追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。


お問い合わせ

菊池市役所 企画振興課 集落・定住支援室
電話番号:0968-25-7250