きくち物語コンテンツ一覧を見る

癒しの里、きくち

菊池で遊ぶ

菊池で食べる

菊池で泊まる

菊池の情報

菊池を学ぶ

前のページに戻る

記事の詳細

二十二代 菊池能運(1482年〜1504年)

更新日:2014年9月30日

重朝の嫡子。はじめは武運と名乗っていたが、「不運」につながるとして改名したとされる。隈部氏をはじめとする家臣団の離反や、大叔父の宇土為光(二十代為邦の弟)の反乱などがあり、一時期は守山城も奪われ島原に避難する。その後奪還には成功するものの、この時の戦傷が元で23歳の若さで死去した。菊池一族直系としては最後の惣領となった。

墓所は熊耳山正観寺の、実相院があったとされる場所(現菊池グランドホテル前)にある。

菊池能運の墓正観寺にある能運の墓。夫婦の墓とされる。正観寺は、最盛時には本坊のほか多くの院坊があったとされ、実相院はその一つである。

 

 

 

 

 

 

能運像菊池能運画像(菊池神社蔵・国指定重要文化財)


お問い合わせ

菊池市役所 教育委員会 生涯学習課 社会教育係
電話番号:0968-25-7232この記事に関してお問い合わせする


前のページに戻る