きくち物語コンテンツ一覧を見る

癒しの里、きくち

菊池で遊ぶ

菊池で食べる

菊池で泊まる

菊池の情報

菊池を学ぶ

前のページに戻る

1

「年々鑑」より 最終行に「血出ル」とあるのが見える

「嶋屋日記」の怪異 さかのぼること250年ほど前、明和5年(1768)に玉祥寺で本堂・庫裏が残らず焼失するほどの大規模な火災が起こりました。「嶋屋日記」には、火事についての記載がよく見られますが、この一件についてはさらに「いろ...

「年々鑑」より 最終行に「血出ル」とあるのが見える

「「嶋屋日記」の怪異」詳細ページへ移動します

「嶋屋日記」の怪異

さかのぼること250年ほど前、明和5年(1768)に玉祥寺で本堂・庫裏が残らず焼失するほどの大規模な火災が起こりました。「嶋屋日記」には、火事についての記載がよく見られますが、この一件についてはさらに「いろ...

「嶋屋日記」より火玉の記述

「嶋屋日記」の天体 古来より、天体の異変は何かを訴えかけているものとして多くの人々に注目されてきました。菊池市隈府の商人が綴った「嶋屋日記」には、彗星や流星、日食など天体に関しての記述が数多くあります。今回は、その中...

「嶋屋日記」より火玉の記述

「「嶋屋日記」の天体」詳細ページへ移動します

「嶋屋日記」の天体

古来より、天体の異変は何かを訴えかけているものとして多くの人々に注目されてきました。菊池市隈府の商人が綴った「嶋屋日記」には、彗星や流星、日食など天体に関しての記述が数多くあります。今回は、その中...

「嶋屋日記」よりラクダの絵

「嶋屋日記」の動物 隈府町の商人が書いた記録「嶋屋日記」。今回はその中から、動物にまつわる話をピックアップしてご紹介いたします。 1.蛙の喧嘩(3冊目「年々鑑」に記載) 安永8年(1779)4月23日に、中町の万屋吉良衛門の田に「...

「嶋屋日記」よりラクダの絵

「「嶋屋日記」の動物」詳細ページへ移動します

「嶋屋日記」の動物

隈府町の商人が書いた記録「嶋屋日記」。今回はその中から、動物にまつわる話をピックアップしてご紹介いたします。 1.蛙の喧嘩(3冊目「年々鑑」に記載) 安永8年(1779)4月23日に、中町の万屋吉良衛門の田に「...

「嶋屋日記」(菊池市教育委員会蔵)

嶋屋日記 「嶋屋日記」は隈府町の商人によって書かれた、江戸時代の古記録です。現在、教育委員会が所蔵しており、昭和41年に菊池市の文化財として指定を受けています。昭和62年には『嶋屋日記』として翻刻が出版されまし...

「嶋屋日記」(菊池市教育委員会蔵)

「嶋屋日記」詳細ページへ移動します

嶋屋日記

「嶋屋日記」は隈府町の商人によって書かれた、江戸時代の古記録です。現在、教育委員会が所蔵しており、昭和41年に菊池市の文化財として指定を受けています。昭和62年には『嶋屋日記』として翻刻が出版されまし...

1

前のページに戻る

広告欄

  • 熊本空港、ホテル、ビジネスホテル、熊本出張、ご宿泊。熊本空港周辺で本田技研から一番近いホテルです。エアポートホテル熊本は2018年3月にグランドオープンしました。
  • 美少年バナー
  • 熊本菊池伝統銘菓「松風」あまとや本店。菊池市の伝統銘菓。延寿松風
  • 熊本菊池に泊まろう!日本名湯百選認定の温泉と自慢の宿でおもてなし。熊本の菊池温泉へようこそ
  • 熊本菊池、熊本の中古車情報サイト。テクニカルオートチアキオフィシャルサイトでは、中古車、新車、自動車保険、レンタカー板金・修理、カー用品などクルマに関する情報満載です!クルマのことならテクニカルオートチアキへ!
  • 10種類の浴槽と備長炭蒸し風呂(スチームサウナ)、遠赤外線サウナの2種類のサウナを楽しむことができます。館内はゆとりのあるつくりで、レストランや大・中広間、売店などを完備し宿泊も可能。リバーサイドパークは、多目的ホールやコテージ風の宿泊施設、家族風呂などがあり、様々な用途にお使いいただけます。120人収容のBBQは屋根が付いており、天気を気にせずOK!
  • とっても甘くて美味しいと評判の七城産メロン。【七城メロンドーム】の名にかけて、ほかでは真似できない、最高のメロンを最高の品質でお届けできるよう、生産者とともに創意工夫と努力を続けています。その他、熊本菊池地域の特産品・加工品を販売。ぜひ、お立ち寄り下さい。