きくち物語コンテンツ一覧を見る

癒しの里、きくち

菊池で遊ぶ

菊池で食べる

菊池で泊まる

菊池の情報

菊池を学ぶ

前のページに戻る

記事の詳細

シリーズ菊池遺産62(下町菅原神社・下横道観音堂)

更新日:2016年11月8日

下町菅原神社

通称下町天満宮。建立は不詳ですが、歴史も古く、地域の氏神として祭られています。昔は切明にあり、隈府の氏神でしたが、武政公が北宮神社を勧請後は、北宮を氏神としたと伝えられています。下町では毎年7月25日に天満宮祭が行なわれています。また、菅原道真が学問の神様でもあることから、通学途中のお辞儀して通る高校生も多いそうです。 

菅原神社



▼認定番号第ふるさとH26-4号 推薦者 下町区

下横道観音堂

正式名称は第32番礼所道場寺観音堂。現存資料として文久元年観音祭の料理献立があり、それ以降の祭日の献立、祭りの仕切人、寄付などが記された帳簿が保管されています。本尊は聖観世音菩薩。現在は玉祥寺の末寺となっています。現在、下町観音保存会をはじめ、地域で大切に保存されており、8月18日に保存会で観音際、1月18日は住職の御経と正月の祝いが行なわれています。

観音堂



▼認定番号第ふるさとH26-5号 推薦者 下町区




お問い合わせ

菊池市役所 政策企画部 企画振興課 地域振興係
電話番号:0968-25-7250この記事に関してお問い合わせする


前のページに戻る

広告欄

  • 美少年バナー
  • たびらい熊本レンタカー予約(熊本県菊池市)