きくち物語コンテンツ一覧を見る

癒しの里、きくち

菊池で遊ぶ

菊池で食べる

菊池で泊まる

菊池の情報

菊池を学ぶ

前のページに戻る

1 2 次へ >>

車石八幡宮

シリーズ菊池遺産76(車石八幡宮・中山中須金比羅さん) 車石八幡宮(くるまいしはちまんぐう) 中原区にあるお宮で、江戸時代前期の神仏習合の時代から地区の氏神さんとして古くから崇拝されています。平成27年に、14軒の氏子らによって改修が行われました。 現在も、...

車石八幡宮

「シリーズ菊池遺産76(車石八幡宮・中山中須金比羅さん)」詳細ページへ移動します

シリーズ菊池遺産76(車石八幡宮・中山中須金比羅さん)

車石八幡宮(くるまいしはちまんぐう) 中原区にあるお宮で、江戸時代前期の神仏習合の時代から地区の氏神さんとして古くから崇拝されています。平成27年に、14軒の氏子らによって改修が行われました。 現在も、...

長田菅原神社

シリーズ菊池遺産75(長田菅原神社・下広長西宮大明神・放牛地蔵)... 長田菅原神社(ながたすがわらじんじゃ)長田菅原神社は、上長田区の東北に位置しています。菅原道真が祀られており、境内には石灯籠、狛犬、石鳥居、猿田彦さんなど多くの石像物があります。毎年、春祭りや秋祭り...

長田菅原神社

「シリーズ菊池遺産75(長田菅原神社・下広長西宮大明神・放牛地蔵)...」詳細ページへ移動します

シリーズ菊池遺産75(長田菅原神社・下広長西宮大明神・放牛地蔵)...

長田菅原神社(ながたすがわらじんじゃ)長田菅原神社は、上長田区の東北に位置しています。菅原道真が祀られており、境内には石灯籠、狛犬、石鳥居、猿田彦さんなど多くの石像物があります。毎年、春祭りや秋祭り...

六地蔵さん

シリーズ菊池遺産74(六地蔵さん・煙突と蚕霊塔) 六地蔵さん(ろくじぞうさん)  神来集落のお守りとして六地蔵さんが祀られています。六体の地蔵さんが一ヶ所に祀っているのは珍しく、石碑には石工として稗方区の伊佐次、八兵衛の名前が刻まれています。 地区...

六地蔵さん

「シリーズ菊池遺産74(六地蔵さん・煙突と蚕霊塔)」詳細ページへ移動します

シリーズ菊池遺産74(六地蔵さん・煙突と蚕霊塔)

六地蔵さん(ろくじぞうさん)  神来集落のお守りとして六地蔵さんが祀られています。六体の地蔵さんが一ヶ所に祀っているのは珍しく、石碑には石工として稗方区の伊佐次、八兵衛の名前が刻まれています。 地区...

菊池家琵琶

シリーズ菊池遺産73(菊池家琵琶・船つなぎ場) 菊池家琵琶(きくちけびわ)  甲森北区の宮川家(33戸)により約600年間にわたり伝承されている琵琶であり、このことは菊池風土記にも記載されています。菊池家琵琶は、毎年持ち回りにて大切に保管されており、外...

菊池家琵琶

「シリーズ菊池遺産73(菊池家琵琶・船つなぎ場)」詳細ページへ移動します

シリーズ菊池遺産73(菊池家琵琶・船つなぎ場)

菊池家琵琶(きくちけびわ)  甲森北区の宮川家(33戸)により約600年間にわたり伝承されている琵琶であり、このことは菊池風土記にも記載されています。菊池家琵琶は、毎年持ち回りにて大切に保管されており、外...

切支丹墓碑

シリーズ菊池遺産72(切支丹墓碑・若宮神社) 切支丹墓碑(きりしたんぼひ)  昭和22年に福本南原の墓地で発見され、数度の移設を経て、現在は泗水公民館内に展示されています。本来はドーム形に伏せて用いる西洋墓石を縦に用いたうえに腹面に碑文を刻み石仏...

切支丹墓碑

「シリーズ菊池遺産72(切支丹墓碑・若宮神社)」詳細ページへ移動します

シリーズ菊池遺産72(切支丹墓碑・若宮神社)

切支丹墓碑(きりしたんぼひ)  昭和22年に福本南原の墓地で発見され、数度の移設を経て、現在は泗水公民館内に展示されています。本来はドーム形に伏せて用いる西洋墓石を縦に用いたうえに腹面に碑文を刻み石仏...

中組地蔵尊

シリーズ菊池遺産71(中組地蔵尊・福本の大永板碑) 中組地蔵尊(なかくみじぞうそん)  明和6年(1769年)に建立されました。お堂もなく風雨にさらされた状態で居られます。地元ではこの地に火災や諸々の災害が起きないようにと雨水を浴びておられるのではないかと...

中組地蔵尊

「シリーズ菊池遺産71(中組地蔵尊・福本の大永板碑)」詳細ページへ移動します

シリーズ菊池遺産71(中組地蔵尊・福本の大永板碑)

中組地蔵尊(なかくみじぞうそん)  明和6年(1769年)に建立されました。お堂もなく風雨にさらされた状態で居られます。地元ではこの地に火災や諸々の災害が起きないようにと雨水を浴びておられるのではないかと...

早鷹天神

シリーズ菊池遺産70(早鷹天神・一字一石塔) 早鷹天神  社の創立は延元元年(1336年)とされています。天神堂は元々神社の小高い所にあり、明治時代頃に現在地に遷座しました。地元では「ハイタカさん」と親しみを込めて呼ばれています。早鷹天神座像は神像...

早鷹天神

「シリーズ菊池遺産70(早鷹天神・一字一石塔)」詳細ページへ移動します

シリーズ菊池遺産70(早鷹天神・一字一石塔)

早鷹天神  社の創立は延元元年(1336年)とされています。天神堂は元々神社の小高い所にあり、明治時代頃に現在地に遷座しました。地元では「ハイタカさん」と親しみを込めて呼ばれています。早鷹天神座像は神像...

福本六地蔵尊

シリーズ菊池遺産69(福本六地蔵尊・下組地蔵堂) 福本六地蔵尊 文明12年(1480年)に建立されました。福本集落の南部通称五郎丸坂の登り詰めた所(伊坂往還)に位置しています。鎌倉時代以後、道路や旅人を守る道祖信仰と結びつき、村の境や辻に立てられたことから...

福本六地蔵尊

「シリーズ菊池遺産69(福本六地蔵尊・下組地蔵堂)」詳細ページへ移動します

シリーズ菊池遺産69(福本六地蔵尊・下組地蔵堂)

福本六地蔵尊 文明12年(1480年)に建立されました。福本集落の南部通称五郎丸坂の登り詰めた所(伊坂往還)に位置しています。鎌倉時代以後、道路や旅人を守る道祖信仰と結びつき、村の境や辻に立てられたことから...

大楠

シリーズ菊池遺産68(福本八幡宮の大楠・上組阿弥陀堂) 福本八幡宮境内の大楠 鎮守の森に相応しい大木で福本八幡宮の御神木として崇められている市指定の文化財です。樹齢は700年を超えています。大楠の枝葉は、境内の天空まで伸びており、根回りは力強く台地に張っ...

大楠

「シリーズ菊池遺産68(福本八幡宮の大楠・上組阿弥陀堂)」詳細ページへ移動します

シリーズ菊池遺産68(福本八幡宮の大楠・上組阿弥陀堂)

福本八幡宮境内の大楠 鎮守の森に相応しい大木で福本八幡宮の御神木として崇められている市指定の文化財です。樹齢は700年を超えています。大楠の枝葉は、境内の天空まで伸びており、根回りは力強く台地に張っ...

交付式写真

シリーズ菊池遺産67(第7回菊池遺産認定交付式・菊池遺産ガイドブ... 第7回菊池遺産認定証交付式  第7回菊池遺産認定証交付式が3月11日(金)に開催され、推薦団体に対して認定証が交付されました。平成27年度は、13団体から24件の推薦があり、菊池遺産認定審査委員会による審査の...

交付式写真

「シリーズ菊池遺産67(第7回菊池遺産認定交付式・菊池遺産ガイドブ...」詳細ページへ移動します

シリーズ菊池遺産67(第7回菊池遺産認定交付式・菊池遺産ガイドブ...

第7回菊池遺産認定証交付式  第7回菊池遺産認定証交付式が3月11日(金)に開催され、推薦団体に対して認定証が交付されました。平成27年度は、13団体から24件の推薦があり、菊池遺産認定審査委員会による審査の...

福本八幡宮

シリーズ菊池遺産66(福本八幡宮・獅子舞と花笠踊り) 福本八幡宮  福本八幡宮は泗水町福本にあり、創立は嘉元2年(1304年)、玉名郡千田庄の聖母八幡宮から勧請されました。社格は郷社であり、区民はもとより古くは皇室はじめ県下豪族から崇め敬われた格式ある八幡...

福本八幡宮

「シリーズ菊池遺産66(福本八幡宮・獅子舞と花笠踊り)」詳細ページへ移動します

シリーズ菊池遺産66(福本八幡宮・獅子舞と花笠踊り)

福本八幡宮  福本八幡宮は泗水町福本にあり、創立は嘉元2年(1304年)、玉名郡千田庄の聖母八幡宮から勧請されました。社格は郷社であり、区民はもとより古くは皇室はじめ県下豪族から崇め敬われた格式ある八幡...

鷹取城跡

シリーズ菊池遺産65(鷹取城跡) 鷹取城跡(菊池十八外城) 別名、染土城ともいい、染土集落から見上げた比高120メートルほどの急な斜面を登った丘陵地にあります。代々原田氏の居る城で、初代の城主は原田五郎。城跡はひょうたん型のかなり広い...

鷹取城跡

「シリーズ菊池遺産65(鷹取城跡)」詳細ページへ移動します

シリーズ菊池遺産65(鷹取城跡)

鷹取城跡(菊池十八外城) 別名、染土城ともいい、染土集落から見上げた比高120メートルほどの急な斜面を登った丘陵地にあります。代々原田氏の居る城で、初代の城主は原田五郎。城跡はひょうたん型のかなり広い...

迫間眼鏡橋

シリーズ菊池遺産64(迫間眼鏡橋・穴川神楽) 迫間眼鏡橋 迫間滝 休み石  迫間眼鏡橋は、東西迫間に架かる橋で、荷物の運搬、水路、人々の架け橋として重要な生活を補い、江戸時代に造られて現在も活用されています。大型単一アーチ型めがね橋で、西迫間...

迫間眼鏡橋

「シリーズ菊池遺産64(迫間眼鏡橋・穴川神楽)」詳細ページへ移動します

シリーズ菊池遺産64(迫間眼鏡橋・穴川神楽)

迫間眼鏡橋 迫間滝 休み石  迫間眼鏡橋は、東西迫間に架かる橋で、荷物の運搬、水路、人々の架け橋として重要な生活を補い、江戸時代に造られて現在も活用されています。大型単一アーチ型めがね橋で、西迫間...

弁財天

シリーズ菊池遺産63(弁財天・吉村義節の墓碑) 弁財天  弁財天は、七福神(恵比寿・大黒天・毘沙門天・寿老人・福禄寿・弁財天・布袋)の中の一柱です。弁財天には、二臂弁財天と、八臂(はっぴ)弁財天があり、上木庭の弁財天は、腕が8本ある八臂弁財天。古...

弁財天

「シリーズ菊池遺産63(弁財天・吉村義節の墓碑)」詳細ページへ移動します

シリーズ菊池遺産63(弁財天・吉村義節の墓碑)

弁財天  弁財天は、七福神(恵比寿・大黒天・毘沙門天・寿老人・福禄寿・弁財天・布袋)の中の一柱です。弁財天には、二臂弁財天と、八臂(はっぴ)弁財天があり、上木庭の弁財天は、腕が8本ある八臂弁財天。古...

菅原神社

シリーズ菊池遺産62(下町菅原神社・下横道観音堂) 下町菅原神社 通称下町天満宮。建立は不詳ですが、歴史も古く、地域の氏神として祭られています。昔は切明にあり、隈府の氏神でしたが、武政公が北宮神社を勧請後は、北宮を氏神としたと伝えられています。下...

菅原神社

「シリーズ菊池遺産62(下町菅原神社・下横道観音堂)」詳細ページへ移動します

シリーズ菊池遺産62(下町菅原神社・下横道観音堂)

下町菅原神社 通称下町天満宮。建立は不詳ですが、歴史も古く、地域の氏神として祭られています。昔は切明にあり、隈府の氏神でしたが、武政公が北宮神社を勧請後は、北宮を氏神としたと伝えられています。下...

くすべ地蔵

シリーズ菊池遺産61(くすべ地蔵・産さん滝) くすべ地蔵  地蔵様をロウソクの火でくすべる(いぶす)という、全国的にも大変珍しい風習が伝承されています。頭がよくなりたい人は頭を、足が痛い人は足を、というふうに、ロウソクの火に願いを込めて、お地...

くすべ地蔵

「シリーズ菊池遺産61(くすべ地蔵・産さん滝)」詳細ページへ移動します

シリーズ菊池遺産61(くすべ地蔵・産さん滝)

くすべ地蔵  地蔵様をロウソクの火でくすべる(いぶす)という、全国的にも大変珍しい風習が伝承されています。頭がよくなりたい人は頭を、足が痛い人は足を、というふうに、ロウソクの火に願いを込めて、お地...

1 2 次へ >>

前のページに戻る

広告欄

  • 高木歯科クリニック01
  • 緒方建設02
  • 菊池温泉観光旅館協同組合バナー
  • 美少年バナー
  • あまとやバナー