きくち物語コンテンツ一覧を見る

癒しの里、きくち

菊池で遊ぶ

菊池で食べる

菊池で泊まる

菊池の情報

菊池を学ぶ

前のページに戻る

記事の詳細

星野二彦〜故郷の自然を愛した風景画家〜

更新日:2015年6月10日

星野 二彦 (ほしの つぎひこ、1903-1979)

星野二彦

 

 

星野二彦は菊池市赤星に生まれる。東京美術学校を卒業後、朝鮮京城師範学校の美術科担当教師に就任する。また、朝鮮総督附で美術文化関係の顧問となり、内地との連絡や芸術文化の仕事に携わる。終戦後は昭和21年県立菊池高等女学校(翌年より菊池高等学校)に就任。昭和40年3月まで美術科教師として勤める。現在の菊池高校の校章、胸章は同人のデザインによる。同人は教鞭を執る傍ら、菊池の四季の風景を描いた。菊池渓谷や城山の桜、八方ヶ岳など山河の風景を得意とし、隈府町内の随所でしばしば個展を開いた。その美しい風景画は多くの町民を魅了した。

対外的には中央の示現会展に毎年出品し、再三の入賞の後、会員に推挙され、また併せて日本美術家連盟会員にも推挙された。

晩年はヨーロッパへスケッチ旅行に再三出かけ、パリ国際展等に集大成となる大作を出品した。

 

 

星野二彦「菊池渓谷」個人蔵

菊池渓谷



 


お問い合わせ

菊池市役所 教育委員会 生涯学習課 社会教育係
電話番号:0968-25-7232この記事に関してお問い合わせする


前のページに戻る

広告欄

  • 美少年バナー
  • たびらい熊本レンタカー予約(熊本県菊池市)