お腹だけでなく心も満たされています。

更新日:2017年11月28日
水口 啓太郎さん
2010年 大阪府より移住
おすすめの場所:具体的に何処というより、菊池の自然や水は素晴らしいです。


水口さん



移住のきっかけは?

2009年に自転車旅行で屋久島まで行く途中、友人が玉名市で農業研修を受けていたので、玉名市に立ち寄りました。そこで、農業と自然のすばらしさを経験し、それがきっかけで、翌年に玉名市に移住しました。以前は、大阪でアパレルの仕事をしていて、農業の知識もなく、研修先の農園が有機農業をしており、有機農業という言葉もその時に、初めて知りました。子どもが生まれて家が手狭になったので空き家を探していました。知り合いの紹介で菊池の空き家を一目で気に入り、移住することにしました。

生活はどうですか?

移住して5年経ち、ようやく生活に慣れてきたところです。地域の人たちの交流がとても盛んで、そういう繋がりがとても良いと感じています。年に数回、地区の皆さんが集まるのですが、全員がまるで家族みたいに仲良く話をしながらやっているのがすばらしいですね。今年の4月から知り合いの農園で仕事をしていて、自分の持っている3反の畑と両立して働いています。

 自分の畑は有機農業で、季節の旬の野菜を栽培しています。今は自給自足で野菜を買うことはなくなりました。自分で作った野菜を食べて思うのは、今まで買って食べていた野菜は野菜ではないなと(笑)
 野菜以外でも思うことですが、大阪にいた頃の食事は、単純に腹を膨らませるだけの手段でしかなかったなということ。今の食事は以前よりも食べる量は減っていますが、お腹だけでなく心も満たされています。
移住を考えている人へメッセージをお願いします。
少しでも都会の喧騒から離れて暮らしたいと考えているのであれば、是非一度、菊池に来てもらいたいです。空き家の問題などもあると思いますが、まずは来てみてください。

お問い合わせ

菊池市役所 企画振興課 集落・定住支援室
電話番号:0968-25-7250