癒しの里 菊池

メニュー

閉じる

キーワードを入力して探す


言語


メインメニュー


記事分類一覧から探す


担当部署から探す

会計課

議会事務局

選管事務局

農業委員会事務局

監査委員事務局

公平委員会事務局


閉じる

人権・同和教育シリーズ195

更新日:2021年11月1日

「ヘアドネーション」を知っていますか?

地域人権教育指導員 末永 知恵美(すえなが ちえみ)

ヘアドネーションとは、小児がんや先天性の脱毛症、不慮の事故等で髪の毛を失った子どもたちのために、寄付された髪の毛でウイッグ(かつら)を作り無償で提供する活動のことです。

具体的には、髪の長さは12インチ(約31cm)以上必要です。アメリカ発祥のため長さの基準の単位はインチです。2021年からは10インチ(25.4cm)以上で可能です。

1人分のウイッグを作るためには30〜50人分の髪が必要で、10月現在、1年から1年半待ちの状態だそうです。

寄付の方法は、ヘアドネーションに賛同する美容室で髪をカットしてもらい、後は自分で郵送すれば終了です。カット後はきれいにしてもらえます。菊池市にも2つの賛同サロンがあります。

髪の毛が伸びる速度は1ヶ月で約1cmですから、31cmになるには約3年間が必要です。5月24日付け朝日新聞で紹介された小学生の記事を読んで、より多くの人に広く知って欲しいと思い、高校で授業をしました。記事の内容は、小学校6年生男児が、4年生から髪を伸ばし始め、6年生の2月にカットし髪を寄付したというものです。小学生新聞でヘアドネーションについて知っていたこと、同級生に病気の治療のため髪をなくした子がいたこと、最も大きい理由は妹の為でした。この妹を救うため骨髄移植のドナーにもなり、両親は妹のために肺を一つずつ移植しました。長い髪の訳を知らない子どもたちは、「男のくせに」とか気持ち悪がったりしたそうです。

人のためにできることは、献血や寄付、ボランティア活動など様々な取組があります。被災地の復興活動に参加した高校生もいます。みんな心温まる取組です。自分にできることを無理せずに行うことは、達成感や充実感を味わうことにつながるのでしょう。ただ、このヘアドネーションは、長い期間を要するので覚悟がいります。

授業をした高校生のなかには、高校入学直前に、中学生の時に、それとは知らずに美容室の勧めで髪を寄付したが、初めてその意味を知った、寄付するため伸ばしている最中という生徒など、把握しただけでも女子生徒数の約10%が経験しています。「友だちがしていたので」「小学校の道徳で勉強して興味を持った」などきっかけは様々ですが、今回、自分も髪を伸ばそうと決意した生徒もいます。長い髪の手入れが面倒臭くなったこともあったそうです。授業で扱わなければ、こんなにも身近に、実行している高校生がいるということすら知らないままでした。

また、ヘアドネーションを話題にした時に、「私の母が最近しました」という驚きの答えが飛び出し、さらに詳しい内容を教えてもらうことにもなりました。熊本地震の避難中に出会った女性が実践しており、詳しく話を聴き、「私も誰かのためになりたい」という思いで取り組まれたそうです。

素敵な取組が行われていること、とても身近に実践している人がいること、その数も多いことを発見して、多くの方たちに紹介したいと思いました。

何か自分にできること、小さなことでも、はじめてみませんか。世界が広がるかもしれません。



 

 


お問い合わせ

菊池市役所 総務部 人権啓発・男女共同参画推進課 人権同和啓発係
電話番号:0968-25-7209この記事に関するお問い合わせ


癒しの里 菊池

菊池市役所

所在地:〒861-1392 熊本県菊池市隈府888
アクセスはこちら
電話番号:0968-25-7111(代表)
各課直通のお問い合わせ先はこちら
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分
(ただし、祝・休日、年末年始(12月29日から1月3日)を除く)
法人番号:2000020432105

菊池市の人口情報

[令和4年4月]
  • 人口 47,098人
  • 男性 22,635人
  • 女性 24,463人
  • 世帯 19,681世帯

トップへ戻る