戻る

学校ブログ

  1  2  3  4  5  次ページ >>


今年度の学校ホームページは、今日で終わりです。ありがとうございました。

記事登録日:2020年3月31日


いよいよ、今年度も今日で終わりとなりました。学年最後の大切な「3月」は、新型コロナウイルス感染症の影響で、子どもたちと会うこともほとんどできませんでしたし、いろんな行事が中止となったり縮小(修了式、卒業式)になったりしました。後ろ髪を引かれる思いです。

新年度もまだまだ「新型コロナウィルス感染症」が学校現場にもご家庭にも影響をもたらしそうです。子どもたちにとって、もちろん職員にとっても、子どもたちと学校生活を送れないことが、今、一番寂しいことです。早く会える日が来ることを、また、これまでの日常が戻ることを願っています。それまで、いましばらく大変かと思いますが、ご理解とご協力のほど何卒よろしくお願いいたします。

さて、今年度の学校ホームページは今日で終わりとなります。これまで、本校の子どもたちのすばらしさや頑張りなどを多くの人に伝えたい、知ってもらいたいという思いで作成してまいりました。もちろん、本校の先生方の取組や努力などもご紹介させていただきました。

いかがだったでしょうか。そんなことが少しでも視聴いただきます方に伝わったのであれば、こんな幸せなことはありません。

戸崎小学校の子どもたちは、本当にすばらしい子どもたちです。今後ますます、一人ひとり、「良さ」を伸ばし成長してくれると信じています。

これまで本当にありがとうございました。

校長室の花も、今、きれいに咲きほこっています。

校長室の花



校長室の花2


以下に、今年度の修了式、退任式で私が話した言葉をご紹介させていただきます。

退任式の言葉は、涙でうまく話すことができませんでした。子どもたちにも伝わりにくかったと思います。

よろしければ、今一度お子様に伝えていただければ幸いです。

修了式の言葉、退任式の言葉(PDF 約498KB)

最後になりますが、保護者の皆様、地域の皆様、また、このブログを見ていただきました皆様のますますのご健康とご多幸を祈念いたしまして、お礼の言葉とさせていただきます。

本当にありがとうございました。




明日は「赤星菅原神社遷宮」です。晴れるといいですね。

記事登録日:2020年3月28日

今日は、一日、どんよりとした天気で雨模様です。天気予報によりますと、明日も思わしくないとのことですが、雨でないことを願うばかりです。というのも、明日は、25年に一度開催される「赤星菅原神社遷宮」の日です。しかし、今回の新型コロナウィルス感染症の関係から、検討会ではいろいろと議論が交わされたそうです。結果、「予防」に最大の注意を払い実施することとなったようです。この祭事、当初、本校の子どもたち全員に呼びかけ、多くの子どもたちに参加してもらうよう取組を進めていました。地域の方から祭事の話(講話)をしていただきました。また、「縄ない」も体験する予定でした。地域の方々は、子どもたちのためにと、「子ども神輿」まで作っていただきました。そんな中での「新型コロナウィルス感染症」の発生です。「縄ない」は行うことができませんでしたし、たくさんの子どもたちに担いでほしかった神輿も、「地区の子どもたちだけで」となってしまいました。(※地区の子どもの参加については、安全面を第一に、保護者了解のもと細心の注意を払いながら行われます)

話は少し変わりますが、学校には「桜」が咲き始めました。(花を落としたものもありますが)今を盛りに花を咲かせているチューリップもあります。

桜


チューリップ


そんな花々も雨に打たれてなんだか悲しげです。戸崎小学校の子どもたち、今頃、どうしてるかなあ。元気にしてえるかなあ。そんなことを思ってしまいます。

いずれにしても、明日、「赤星菅原神社遷宮」が盛会のうちに行われることを願っています。

この「新型コロナウィルス感染症対策」に関わり、あらたに、教育長からメッセージが出されましたので以下にお伝えします。(クリックしていただき、ご一読をお願いします)

教育長からのメッセージ(PDF 約41KB)




教育論文「特選」をいただきました

記事登録日:2020年3月27日

去る1月31日(金)に、本校が菊池市教育委員会から「学力充実」並びに「ICT教育モデル校」の指定を受けたことを踏まえ、研究発表会を行ったことはお伝えした通りです。これらの実践に関わり今年一年の取組について、「研究論文」という形で応募させていただきました。

その結果、今年度もよい評価をいただき「特選」となりました。その表彰式、例年であれば、菊池市全校の対象者が一同に会して行われるのですが、今年度は、新型コロナウィルス感染症対策の関係から、該当の学校に対し、教育委員会から学校に来ていただいての表彰式となりました。教育委員会からは、渡邉和博教育長に来校いてだいての表彰式となりました。

表彰1


表彰2


研究主任の上原先生に本校を代表して賞状を受けとっていただきました。授与の後、教育長から本校の取組に対するねぎらいのお言葉をいただきました。

賞状


教育長のお言葉の後、私からお礼の言葉を述べさせていただきました。

さて、その論文ですが、テーマは「言葉のバトンタッチで深まる国語科学習の創造 〜児童を主体的・対話的な学びに誘う言語活動とICTの活用に関する研究〜」です。論文には、最後に「審査評」が添付されています。その審査評の中から「講評」について、以下にご紹介します。

「国語科の研究と共にICT機器を活用して学力のみならず自己肯定感を高める取組を興味深く読ませていただき、これからの授業の在り方を研究した論文ではないかと感じました。児童の「自分が好き64%」という実態を全職員で受け止められ、課題の明確化、対話の導入、板書の工夫、ICTの活用で、「自分が好き83%」という結果につながっています。また、子どもが楽しく取り組む「口パクトーク」「聖徳太子トーク」「ドリルタイム」と基礎的分野にも力を入れておられます。授業においても「教師は、コーディネートに徹する」との姿勢で、児童の力を引き出す指導者の姿に感動しました」という評をいただきました。これらの成果につきましては、さらに充実、向上するよう努めて参りたいと思います。

この度は、私たちの取組に対し、このような賞をいただき誠にありがとうございました。




送別会食会とその後に

記事登録日:2020年3月26日


 昨日(25日)、本校職員の送別会を行いました。今年度は、新型コロナウィルス感染症対策の関係から、夜の宴に変えて昼食会としました。お昼の約1時間の昼食会でした。最初に私を含め異動となる職員、6名からお礼の言葉を述べさせていただきました。それぞれ、2年間、3年間の本校での思い出や感想などを語りました。

共通していたのは、やはり、地域の方々の温かさや子どもたちのすばらしさ、先生方にとっての過ごしやすい職場などについてでした。このような幸せな時間を、ここ戸崎小学校で過ごさせていただくことができたことに、改めて保護者、地域の皆様に感謝申し上げます。

異動者からの挨拶の後は、食事をしながら歓談のひと時となりました。話題は多岐にわたり、笑いの絶えない楽しいひと時でした。

会食会の様子


上写真は、食べ始めたばかりの時でしたからみんな厳かな感じで食事をしていますが、この後、笑いありの楽しい時間が続きました。

昼食会は、約1時間でした。あっという間に時間は過ぎていきました。その後、異動者全員で、来賓玄関前で写真撮影をしました。(下の写真は、佐藤先生撮影です。よい写真を撮ってもらいました)

みんなで記念撮影


職員室にもどりしばらくしてからでしょうか。過日卒業した子どもたちがやって来ました。しばらくすると私も職員室に呼ばれました。すると、そこで、子どもたちから私たち異動者へ花束を贈呈してもらいました。

卒業生から異動者へ


先生への花束贈呈


子ども(卒業生)は5名ですが、異動者は6名です。そこで、

上原先生への花束贈呈


上原先生には、保護者から花束が贈られました。この時、いただきました花束は、PTAの皆様からの花束ではないかと思います。この場をお借りしまして、保護者の皆様に厚くお礼申し上げます。温かいお心をありがとうございました。

6名、それぞれ違う地へとまいりますが、皆様方からいただきましたご恩を胸に、次の地でも頑張ります。

卒業生の5名のみんなもありがとう。中学校の入学式が終わったら、今度は、中学校の制服を着た姿を見せてくださいね。佐藤先生、木本先生、古閑先生、上村先生、宇都宮先生、中村先生、みんなと再会できるのを楽しみに待っていますよ。




人事異動について(今年度は6名異動になります)

記事登録日:2020年3月24日

過日(23日)は、自主登校日でしたが修了式をさせていただきました。その後、午前10時30分から、まず6年生から在校生へのお別れの言葉を言ってもらいました。急にお願いしたのですが、6年生、一人ひとり、自分の言葉で、在校生に「お別れ」を伝えることができました。

その後、卒業式を除き、今年度内に子どもたちと会う機会を設けることができないということから、急遽、職員の「退任式」(放送室からのお別れの言葉)を行いました。23日現在で、異動がわかっていたのは、文書でもお知らせしましたとおり、以下の5名です。

〇津幡光浩(菊池市立泗水西小学校へ)

〇山西ふじ子(山鹿市教育委員会へ)

〇上原正士(熊本大学教育学部附属小学校へ)

〇前川華織(産山村立産山学園へ)

〇岡部雅也(菊池市立菊池北小学校へ)

一人ずつ、子どもたちに放送を通じてお別れの言葉を伝えさせていただきましたが、子どもたちは誰が異動となるのか全く知りませんでしたから、放送を聞いて驚いた子もたくさんいたようです。1年生の教室からは、校長室前廊下にも響くような大きな泣き声が聞こえてきました。

これまで、本校の子どもたちにはたくさんの喜びをいただきましたし、保護者の皆様には、本校の教育活動振興にご理解とご協力をいただき本当にありがとうございました。それぞれ違う地に旅立ちますが、戸崎小学校で学ばせていただいたこと、感謝の気持ちを胸に、次の地でもしっかりと頑張ってまいりたいと思います。

そして、実は、本日(24日)、さらに1名、異動することがわかりました。

複式学級支援員の千葉有希子先生です。異動先は泗水東小学校です。千葉先生は、23日に子どもたちにお別れの言葉を伝えていませんでしたので、この場で伝えさせていただきます。

下をクリックしていただくと千葉先生のお別れの言葉を聴くことができます。

千葉先生、お別れの言葉(MP3 約1MB)

千葉先生写真


今年度の異動者は、合わせて6名です。

戸崎小学校でいただきました幸せな時間に改めて感謝申し上げます。本当にありがとうございました。
 




  1  2  3  4  5  次ページ >>


戻る