戻る

学校ブログ

<< 前ページ   1  2  3  4  次ページ >>


挨拶も 何人かですると楽しい(その2)

記事登録日:2019年9月11日

今日も朝、戸崎っ子委員会の子どもと一緒に「あいさつ運動」をしました。今日は、2名の委員会の子どもと、戸崎っ子委員会担当の上原先生も一緒でした。昨日もお伝えしましたが、一人であいさつ運動をするより、2名、3名・・・と(あいさつの)仲間が増えると、本当に楽しくあいさつができます。今日もそんな一日でした。

最初の登校班が来る前だったでしょうか。いつものように会社へと向かう大人の方が自転車で通って行かれました。すると、昨日同様、今日もその方々へ元気な挨拶をしてくれました。(下写真)

自転車の方への挨拶


また、今日は、数班まとまってやってきた時もあったので、正門が一時混雑しましたが、そんな様子もなんだか賑やかな感じがしました。

あいさつ運動2


子どもたちみんな、あいさつを頑張ってくれていますが、中には、あいさつの声が小さかったり、声が出ていない子がいたようです。すると、今日のあいさつ運動をしてくれた6年生の子が、「もういちど(あいさつを)してください」と立派な指導をしてくれました。このような「お互いにあいさつを頑張り合う行動」が広がっていくと、本校の「あいさつ」は、もっともっとすばらしいものになると思います。

今日のあいさつ運動もすばらしいものをみせてくれました。ありがとう。

ここで、少しだけ、アーカイブスを。以下の写真は、1987年、約32年前のものです。当時は、学校だけでなく、地域各所において多くの方々が、本校児童のため、あいさつ運動のご協力をいただいていたようです。もちろん現在でも、たくさんの方々にご協力をいただいていますが、当時は、ご協力いただく方々の数も多く箇所も相当な数だったようです。下の写真は、保存されている写真のほんの一部です。

あいさつ運動アーカイブス


 




挨拶も 何人かですると楽しい

記事登録日:2019年9月10日

今朝のことでした。私、午前7時30分くらいになると朝の登校指導、挨拶運動に出かける準備をします。そして、7時35分くらいに正門のところへ出掛けて行きます。出かけるときは職員室を通って職員玄関へと向かいますが、いつものように職員室で先生方に挨拶をすると、教頭先生が、「〇〇さんが朝のあいさつ運動に来ています」と言われました。私は、びっくりしました。話を聞けば、今日から戸崎っ子委員会の子どもたちが交代で数日、「あさのあいさつ運動」をしてくれるとのこと。その話を聞いて、私は急いで正門へと向かいました。すると、そこには、5年生の女の子がいました。肩から「あいさつ運動」のたすきをかけています。本来なら、今日は2人であいさつ運動を行うこととなっていたようですが相手の子はまだ来ていません。私は、この子に「何時ころ来たの?」と尋ねました。すると、「7時15分くらいです」との返事。本校は今年度から、登校時刻を少し遅らせ、午前7時45分からとしています。そのことをこの子も知っているはずです。しかし、おそらく「あいさつ運動の(今日の)担当」「担当として責任を果たす」という思いから早めに来て準備してくれたに違いありません。手には、もう一人の子のたすきがにぎられています。

あさのあいさつ運動1


私は、この子の今日の行動(責任を果たす、早めに来て準備)を誉めました。それからしばらく話をしました。その間、学校前を仕事に向かう大人の人が自転車で通って行きます。すると、その人たちにも、躊躇することなく驚くほど大きな、そしてはっきりとした声で「おはようございます」とあいさつをします。なんとすばらしく、力強いことでしょう。しばらくして登校班がやってきました。私も、この子の横に並んで、やってきた班のみんなに挨拶をしました。なんだか、一人であいさつをするときより、随分楽しい気持ちがしました。

あさのあいさつ運動2


写真では小さく映っていますが、奥のほうでしっかりと頭を下げて挨拶をしてくれています(この時は、私は写真を撮るために、登校班の後ろにいました)。そのうち、今日、あいさつ運動をするはずのもう一人の子が登校班といっしょにやってきました。この子は、転校してきた子だったので「やり方」が十分に理解できていなかったようです。しかし、その後は、たすきをかけ、やってきた登校班のみんなに元気よく笑顔で挨拶をしていました。

あさのあいさつ運動3


このあいさつ運動、これから数日続くようですが、私も、この数日は、「心強い仲間」を得て、いつも以上に楽しいあいさつ運動ができるように思います。




校長室前掲示 今週(9月10日〜9月13日)の6枚

記事登録日:2019年9月10日

今週も校長室前に新しい6枚の写真を掲示しています。今週の6枚を以下にご紹介します。

外遊びの様子


本校では、「毎週金曜日は子どもと触れ合う日」です。この日は、普段以上に子どもたちとの触れ合いを意識して活動をしたり、一緒に遊んだりということを行っています。ですから金曜日は、業間に「外遊び」という時間を設けています。先生方も子どもたちも一緒になって遊びます。去る6日もその日でした。私も業間になると外に出ました。たくさんの子どもたちが走り回ったり遊具で遊んだりして楽しんでいます。そんな様子を写真におさめていきました。上写真は、その中の1枚です。1年生担任の前川先生が、子どもたちとシーソーを楽しんでおられました。その姿がなんとも言えず、ほのぼのとしていました。そこで、そんな様子をパチリ。撮影させていただきました。

2年生を待って


上写真も1年生の様子です。これは、別の日の下校時です。この日、1年生は2年生と一緒に帰ることになっていました。担任の先生が出張に出かけられる関係から、いつもより少し早く「さようなら」をしたようです。その後、児童玄関に出てきた1年生の子どもたち。2年生がやってくるまでには少し時間がありました。「待っている時間」、私がその様子を見ていると、誰言うでもなく、バックから図書室から借りた本を出して読み始め(見始め)ました。すると、その他の子も。こんな光景(様子)、いいなあと感じ、写真に撮らせてもらいました。

そうじ1


上写真は、来賓玄関を掃除してくれている6年生です。私、掃除時間にもよく子どもたちの様子を見て回ります。子どもたちみんな戸崎小学校を愛し、きれいにしてくれます。これから、花に水をかけてくれたり、玄関のタイルの汚れを落としてくれたりする、そんな掃除の時の様子です。水をかけている優しい表情がそこにありましたので写真を撮らせてもらいました。

そうじ2


これも掃除の時の様子です。とてもよい表情をしています。加えて、よく見ないと分からないかもしれませんが、顔は汗びっしょりです。別の写真では、汗がしたたり落ちています。遊びもしっかと楽しめたのだろうと思いますが、掃除も一生懸命です。カメラを向けると、大変で暑い中、笑顔を見せてくれました。

かげがおもしろい


この写真。影がなんとも言えず面白いです。怪獣のようでもあるし、カエルの姿のようでもあります。おんぶし合って楽しんでいた二人を撮影しましたが、うつった影が面白い造形美となったので、紹介することにしました。
ボールを集めて


子どもたち、休み時間、思い思いの遊びをして楽しみます。サッカーはたくさんの子でにぎわいます。でも、楽しい時間はあっという間に終わります。終わりを知らせるチャイムがなります。すると、子どもたち、一斉に教室へと向かいます。もちろん、片づけもして。しかし、この日は、たくさんのサッカーボールが使われていました。このようなこともあり、残されたボールが何個かありました。すると、この(写真の)男の子が「ボール片づけをしよう」と遊んだみんなに呼びかけました。その声に呼応して片づける子がいましたが、それでも数個残りました。ですが、この子は、あちらこちらにちらばったボールを集めて回りました。そんなすばらしい姿を撮影しました。




楽しい楽しいクラブ活動

記事登録日:2019年9月9日

去る6日(金)は、クラブ活動の日でした。この「クラブ活動」、子どもたちにとってみると「楽しみな活動(学習)」に違いありません。本校は児童数が少ないので、たくさんのクラブを設けることはできません。今年度は、「運動クラブ」「創作クラブ」「文化クラブ」の3つです。この日は、午後2時30分に始まり午後4時に終わることとなっていましたので、約1時間30分活動ができます。これくらいの活動時間があると、子どもたち充実した活動を行うことができるのではないかと思います。

私、午後3時ころから子どもたちの様子を見にいきました。

まずは、「運動クラブ」から。ここでは、「バドミントン」があっていました。子どもたちの笑い声などが飛び交いとても楽しそうでした。私が見たときには、佐藤先生対子ども2名といった感じで試合をされていました。1(人)対2(人)ではありますが、佐藤先生相手に子どもたちは苦戦しています。それでも、競技は楽しそうです。時には、子どもが得点をとることも。その傍らでは試合を待つ子どもたちが練習をしていました。その後、子ども同士の試合に移りました。また、担当の岡部先生は、バドミントンのスペシャリストです。競技(試合)を見たかったのですが、他の活動も見ることにしていたので岡部先生の実践は見ることができませんでした。

バドミントン1


バドミントン2


次に向かったのは、「創作クラブ」です。この日は家庭科室で調理があっていました。家庭科室に入るとなんだかいい匂いがしました。作っているのは「フルーツ(ブドウ)飴」だそうです。そのブドウにかけるシロップ(飴)を作っていたところでした。これまた、みんな楽しそうです。ですが、この「シロップ(飴)」を創るもの大変な作業のようでした。しかし、時間がたつにつれ、「飴」ができあがっていきました。そしていよいよ、つまようじにつけた「フルーツ(ぶどう)」に「飴」をつける作業です。飴の中にブドウを回しながら入れると「フルーツ飴」になります。出来具合にも喜びの声が上がります。その後、試食となりましたが、私にも分けてくれました。本当においしかったです。このような成功体験はとても大切だと思います。

創作クラブ1



創作クラブ2


次に「文化クラブ」に向かいました。文化クラブは、この日、3つのことを行ったようです。「ふるさとかるた遊び」「タイピング」「プログラミング」。私が教室に行ったときには、みんな「プログラミング」をやっていました。真剣ですが、プログラミングを楽しんでいることがわかります。やり方がよく分からない子もいました。どんどん進んでいる子もいました。そんな時、やり方がわかる子が悩んでいる子にアドバイスをするいった姿も見られました。私も、子どもたちのプログラミングを見ていましたが、わからないところがたくさんありました。私ももっと勉強しなければ。

プログラミング



プログラミング2


この日のクラブ活動、みんなとても楽しんでいましたし、体験などを通していろいろなことを学んでくれたのではないかと思います。 




全校体育 20メートルラン

記事登録日:2019年9月6日

去る4日の業間は全校体育でした。体育を行うには十分な時間とは言えませんが、体育主任の佐藤先生は、限られた時間の中で、子どもたちに付けたい力などについてしっかりと考えられ毎回工夫した取り組みをされます。今回は、今年度の体力テストにおいて課題の一つとなった「走力」に関わる活動を取り入れられました。当初、運動場でされる予定でしたが、運動場の状態がよくないとのことで体育館での実施となりました。

体育委員会の号令に合わせた準備運動の後、説明がありました。体育館の横両端にコーンを起き、それを全力で往復するというものです。ターンの時やゴールの時にはスピードが落ちますので直線を20メートル走る場合に比べるとタイムは遅くなると思いますが、それでも、子どもたち「20メートルラン」を楽しんでいましたし、一生懸命に駆け抜けていました。ちょうど中学生の職場体験期間中でもあったので、中学生も走ったり、タイムを計ったりして子どもたちと一緒に楽しんでくれました。結果、一人1回のチャレンジではありましたが、このような運動の例を示していただいたので、各学年での体育の時などに取り入れられる学級も出てくるのではないかと思います。

全校体育が終わった後、みんな「もっとやりたかった」、そんな表情が見られました。

ランの様子1



ランの様子2



ランの様子3



ランの様子4


「RUN RUN RUN」は、楽しい「ラン ラン ラン!」。




<< 前ページ   1  2  3  4  次ページ >>


戻る