戻る

学校ブログ

  1  2  3  4  5  次ページ >>


本校、読書も好きな子を育みます

記事登録日:2020年6月30日

本校、今年度頑張りたいことの一つに「読書も好きな子」の育成があります。「も」としたのは、もちろん、子どもたち、一人ひとり好きなことやこだわっていることがあります。そういうものは、当然大切にしていくべきものです。一方で、「読書」の持つ良さは数えきれないくらいあります。あえて、一言で言えば、「その人の成長の大きな味方・支え・自信・誇り」そんなものではないかと思います。

ですから、子どもたちには、子どものうちに「読書も好きな子」になってほしいと思うのです。そのために、担任の先生方も頑張っておられます。もちろん、学校司書の田尻先生も一生懸命です。

今日の5時間目でした。教室を回っていると、図書室に一年生の姿がありました。見ると、みんな「読書の時間」を楽しんでいるのがわかりました。そこで、そんな様子を写真に撮らせてもらいました。

以下に、そんな様子を少しご紹介させていただきます。

みんなで読書


読書1読書2読書3


「読書」って本当にいいですよね〜。




今日は、2年生の歌声「いのちといのち」

記事登録日:2020年6月29日

今日の5時間目でした。1年生の教室から元気のよい歌声「いのちといのち」が聴こえてきました。1年生はいつも歌ってくれています。26日(金)のオープンスクールでの5時間目終わりにも歌ってくれていました。参観の保護者も多くいらっしゃっていて、保護者の皆様も我が子の歌をしっかりと聴いていらっしゃいました。

今日も1年生歌ってくれました。録音と写真撮影をさせてもらおうと1年教室に向かったのですが、残念ながら、そのときには別の歌を歌っていました。ちょうどその時、隣の2年生教室から「いのちといのち」の歌声が聴こえてきました。そこで、私は2年生教室に入り、2年生が歌う「いのちといのち」を聴かせてもらいました。2年生の歌声も「2年生とは思えないほどきれいな歌声」でした。みんな、一生懸命に歌ってくれています。

2年生の歌う様子


歌い終えた後、担任の上島先生の了解を得て、録音のために再度歌ってもらいました。「歌ってくれる?」とお願いすると、みんな「いいですよ」との返事。その時、歌ってくれた歌、下をクリックしていただくと聴くことができます。

「いのちといのち」2年生の歌声(MP3 約6MB)

そういえば、2年生の教室の後ろには「絵」が掲示してあります。「卵から何かが生まれた」を創造して描いてくれている絵です。みんな個性があって、楽しくて、創造に満ちていて・・・そんな感じがしました。「いのちといのち」の歌声を聴きながら、2年生の子どもたちの絵を見ていると、なんだか不思議なことに、「ピッタリ合っているような」そんな感じがしました。そこで、2年生の子どもたちの「絵」も以下に紹介させていただきます。それぞれの作品に、「みんなちがってみんないいの『よさ』」があります。どんな「よさ」があるのか、また、「どんなことが生まれているのか」見つけて(考えて)いただければうれしいです。(※横置きの絵は、レイアウトの関係から少し小さくなっています。ご了承ください)

いそだそらさんるかさんひうとさん


みさきさんるかさんれおさん


りゅうせいさんはるひさんひな


みひろさん


 




本校の子どもたち、職員のためにありがとうございます

記事登録日:2020年6月26日

昨日の午後1時30分過ぎのことだったと思います。6年生が「選挙」に関する学習(本日の学校だよりに書かせていただきました)をすることから学習場所となる多目的室へと向かいました。そこでは、子どもたちの学習のための場づくりが進んでいました。また、すぐ近くでは、体育委員会の子どもたちが遊具などの貸出をしてくれていました。その左側(給食コンテナ室)に目をやると、男性の方の姿が見えました。私は、日頃のお礼をと思い、コンテナ室に入って行きました。すると、そこには2名の方がおられました。お二人は配送してきた給食を保管する冷蔵庫を丁寧に掃除されていました。昨今の「新型コロナウィルス」のこともあり、掃除(除菌等)は、「いつにもまして気を使います」「掃除(除菌)する前は、自分たちの手をきちんと消毒したうえで行っています」「しっかりと時間をかけて行っています」といったことを話していただきました。

給食を配送するだけでも大変なお仕事かと思いますが、その上に、このような「掃除(除菌)」なども行っていただき、本当にありがとうございます。「安全・安心な」そして「おいしい給食」を頂けるのも、給食センターの方々の料理や配送のご苦労があってのものです。

子どもたちのため、職員のために毎日、ありがとうございます。

コンテナの相似1



コンテナの掃除2



コンテナの掃除3


 




6年生の授業を参観して

記事登録日:2020年6月25日

今日の2時間目、6年生の授業を観せてもらいました。学習内容は「分数×分数」でした。「おはようございます」とあいさつをして入って行くと、「おはようございます」と大きな声であいさつを返してくれました。そのあとは、また、授業に集中する姿がありました。私は、しばらくの間、「分数×分数」の授業を見ていました。担任の渡邊先生は、穏やかな口調で授業を進めて行かれます。授業の途中から教室に入って行ったのですが、黒板を見てどのような学習が進められたのかすぐにわかりました。先生が黒板に書くことを「板書(ばんしょ)」と言いますが、その板書をみれば、だいたい「どのような学習がどのように進められたのか」や「その先生の、教材をどの程度研究して授業に臨まれているか」に加えて、「授業を大切にして授業に臨んでいるか」などいろんなことがわかります。

その渡邊先生の板板ですが、下の写真のようになります。

渡邊先生の板書


とても丁寧であることがわかると思います。色も工夫しながら、見やすいように、見てわかるように、あるいは、種類に分けてなどの工夫があるように思えます。

そんな子どもたちも、先生の言葉を聞き洩らさないように一生懸命に聞いています。わかることは、言葉にして答えていました。途中、「なるほど」といった声も聞こえました。授業の態度も大変よいと感じました。

授業を受ける6年生


こんな風に丁寧な授業をされますから、子どもたちの授業を受ける態度に加えて、ノートに記録する言葉(字)も全体的にとても丁寧でした。

子どもの字


学習においては、「一人学び」も大切な学習の時間ですが、学んだことを交流することも欠かせない活動です。今日は「ペア学習の場面」がありました。「距離をとって話をしましょう」という先生の言葉を受け、「距離」を意識しながらの学習(活動)でしたが、その学び合いの姿もよいものでした。

距離をとっての学び合い


こんな学習をしてくれている子どもたち、こんな学習を展開(創造)していただいている渡邊先生ですから、6年生の子どもたちの成長がとても楽しみです。




5年生の「いのちといのち」の歌。6年生にも歌ってほしい曲が

記事登録日:2020年6月24日

梅雨の時期です。本校にもアジサイが咲いていました。鮮やかな紫色のあじさいです。

あじさい


朝、5年生は、今日も「田んぼの様子」を観察し写真におさめていました。今後も1週間に1回、継続して観察、撮影をするそうです。すばらしいことだと思います。ちょうど観察にやってきた5年生と会いました。とてもあいさつが上手で笑顔がすてきでした。

ちょうどその時、いつも交通指導に立っていただいています下田さんもいらっしゃいましたので、5年生の秋吉りんかさんが、みんなを撮影してくれました。それが、下の写真です。

下田さんと一緒に


その後、私は、今日観察していた二人の様子を後ろから撮影させてもらいました。

撮影する二人


昼休みには、1年生と遊ぶ5年生の姿がありました。その後、5年生みんなで楽しく遊んでいたようです。

1粘性と遊ぶ5年生


今日の学校だよりで、歌『いのちといのち』のことについて書かせていただきました。今後は、機会を見つけては全校児童で歌い続けていきたいと思います。

今回は、本校の5年生(15名)が歌ってくれた『いのちといのち』をお届けします。録音レベルが低いので音が小さいかもしれません。また、アイシーレコーダーでの録音ですので、多少聴きづらいところもあるかと思います。ご了承ください。とてもきれいな歌声です。(※下をクリックしていただくと聴くことができます)

「いのちといのち」5年生バージョン(MP3 約7MB)

いかがだったでしょうか?

実は、私、もう一つ願い事があります。それは、「6年生にぜひ歌ってほしい歌」があるのです。現在、担任の渡邊先生にお願いをしています。題名は『あなたがいて あなたといて』という歌です。詳しいことは後日お伝えしますが、6年生の歌声も、大きな空に向かって輝く太陽のように響いてくれる日を楽しみにしています。




  1  2  3  4  5  次ページ >>


戻る