戻る

学校ブログ

  1  2  3  次ページ >>


今週(3月14日〜3月18日)の6枚

記事登録日:2022年3月17日

桜の便りが届く季節となりました。子どもたちの服装もついこないだまで防寒のジャンパーなどを羽織っていたように思うのですが、ここ数日でスクールセーターに様変わりしました。中には、ワイシャツ1枚の子も。

そんな季節です。分かれと出会いが待っています。

さて、今週の6枚をご紹介します。今年度の今週の6枚、残すところ22日の1回となりました。早いものです。

がんばり作文集3年生が「年生 がんばり作文集」を持って来てくれた

「この間、僕たち私たちと勉強をしていただきありがとうございました」

「朝、いつもあいさつをしていただきありがとうございました」

そんなお礼の言葉と一緒に渡してくれた

「3年生がんばり作文集」

3年生のがんばりが作文集からあふれ出していました。


楽しさ前回 楽しさ全開

 楽しさを体で表すとどうなる?

 こうなる、ああなる、そんなになる!!

 ああなって こうなって そうなるの!!

 楽しさを表せる

 元気な心がうれしい

 最高です!!


中学生 卒業生がやってきた

 久びりだね

 変わらないね

 いやいや変わったね

 成長しているよ

 やっぱり中学生って感じ

 卒業する泗水西小の6年生のこと

 よろしくね


ありがとうございました 「ありがとうございました」と、

 6年生から感謝の会のプレゼント

 最後には、6年生から

 見送ってもらいました

 ありがとうございました

 こちらこそ

 ありがとうございます。

 温かい心と温かい心が輪になりました


何かを 何かを見つめる目

 何を見つめているの?

 何かを見つめる目

 その目が

 やさしさを伝えています

 何かを見つめる目には

 あなたにしか見えない

 温かな世界があるように思えます


トイレ掃除 トイレ掃除

 トイレ掃除を頑張る人の心は

 きれいです

 トイレ掃除をいやがらない人の心は

 きれいです

 何人もの子どもたちを見てきました。だから、

 トイレ掃除を頑張る人の心が

 きれいだってことを

 私は知っています。 


 




ありがとうございました。ニコル先生

記事登録日:2022年3月16日

去る月曜日(14日)がニコル先生最後の日でした。ニコル先生は、毎週月曜日が本校に来た頂く日でした。初めてお会いしてから2年がたちます。今年度の最終月曜日だった14日、もしかすると本校での「外国語活動「外国語科」の学習が最後ではないのかとお尋ねしますと、その通りでした。来年度は、宇城地区でお仕事をされるとのことでした。このようなこともあり、ニコル先生にお願いして子どもたちに最後のお別れのメッセージを伝えて頂くことにしました。

給食時間にお願いしました。お言葉を録音させていただきましたが、操作ミスで私の声も入っています。しかも、終わってから1分くらい、電源を切るのを忘れていました。そこは、ご勘弁といただければと思います。また、私が、ニコル先生の挨拶を解釈しているところがありますが、ここは相当間違っているようなので「なかったこと(聞かなかったこと」にしてスルーしていただければ幸いです。

放送後、昼休みだったと思いますが、1年生の子どもたちが職員室にやって来て「手作りのプレゼント」を渡していました。1年生になって初めて習った外国語、それもニコル先生との学びを通してです。思い出に残ることがたくさんあったのではないかと思います。寂しさも大きかったと思います。でも、ニコル先生との楽しい学びを経験したことを通して、たくさんの子どもたちが「外国語」を好きになってくれた、そんな感じがします。

下写真は、1年生が昼休みに職員室に来てくれた時の様子です(写真は、その一部です)。

ニコル先生


ニコル先生2



ニコル先生3


掃除が終わった後、6年生の子どもが数名いましたので、一緒に撮影させてもらいました。もうすぐ卒業の6年生、「英語」の大好きな子どもたち(生徒)になってくれたらうれしいです。

6年生


それでは、給食時間中に伝えていただいた「お別れの言葉」をお伝えします。

ニコル先生ラストメッセージ(MP3 約282KB)

夕刻、ニコル先生は少し早めに帰宅されることになりましたので、職員室にいた職員でお見送りをさせていただくことにしました。これまで、本当にありがとうございました。また、お会いできる日があればうれしいです。

職員と




 

 




6年生の卒業をきれいな学校にしてお祝いしよう

記事登録日:2022年3月11日

6年生の卒業まで今日を入れて6日となりました。今年度の卒業式も新型コロナウィルス感染症予防の観点から、在校生は、5年生、4年生のみの参加となります。そんな中、在校生(1年生〜5年生)は、6年生へのおくりものを様々に考えているようです。本日は、午後(5時間目)に「六年生を送る会」が予定されています。その他にも、各学年(学級)の子どもたち、「自分たちにできること」を一生懸命に考えているようです。

その一つに、「さらにきれいな学校にして6年生を送り出そう」ということから「学級園の草取り」を行うこととなりました。冬場といっても草は少しずつ伸びています。学級園を見てもそうです。花を植えてはいますが、花の周りには結構、草がはえています(伸びています)。この草を取るだけでも学級園は見違えるほどきれいになるのではないかと思います。

ですから、本日の業間「学級園の除草」を行いました。20分ほどと限られた時間ではありましたが、みんな一生懸命に「除草」をしていました。来週、もう一度行う予定です。

みんなの力で、きれいな学級園にして、よりきれいな学校にして6年生の卒業をお祝いしたいと思います。(以下写真は、その時の様子です。1年生は、別なところで頑張っていましたので次回様子をお伝えします)。

〇主役である6年生(6年生は、除草後もプランターの水やりなどをしてくれていました)

6年生


〇5年生

 5年生


〇4年生

4年生


〇3年生

3年生


〇2年生

2年生


みんな、きれいな学校にしてくれてありがとう。

写真1


写真2


 




今週(3月7日〜3月11日)の6枚

記事登録日:2022年3月10日

今週といっても既に木曜日。今日は、授業参観、学級懇談会の日でした。しかし、まんえん防止重点措置が伸びたことからリモートでの実施とさせていただきました。本来ならこの1年間の成長を、はやり教室で直にご覧いただきたかったのですが、「リモートで」ということにさせていただきました。このことにつきましては、本当に申し訳なく思います。保護者(ご家庭)の中には、うまく接続ができなかったり画面が固まってしまったりといったことがあったようです。この場をお借りしましてお詫び申し上げます。

リモートでの授業参加の様子につきましては、追ってお伝えしたいと思います。

さて、話を標題のことに戻します。今週の6枚も子どもたちのキラキラが詰まっている6枚ではないかと思います。以下にご紹介させていただきます。

職員室掃除 職員室掃除が終わったね

 5時間目は何の授業だろう

 もしかして理科の授業

 理科の先生と一緒に

 みんなの笑顔もはじけてる

 やっぱり笑顔っていいなあ

 見ているだけで元気がもらえる

 思わず私も心の中でピース


面白いねえ ねえ、校長先生、

 見て見て!!

 フーフー フーフー

 出てくるよ 出てくるよ

 ふくらんでいるよ ふくらんでいるよ

 すてきなもようの

 「にょきにょきとびだせ」

 ほら、にょきにょき にょきにょき とびだした!!


これからどこ行くの これからどこ行くの?

 昼休みが終ってからだったか

 それとも

 掃除がおわってからだったか

 ミッケ!

 六年生。

 これからどこ行くの?

 これから?教室に帰るところ!!


ブランコ ブランコとブランコの

 あいだで

 ブランコしている

 のじゃなくて

 ブランコとブランコの

 あいだで

 むずかしいことしている。

 でも、しっかり手をふって

 すごい ブランコとブランコのあいだで こんなこと。


この間 この前、見つけてたでしょう。

 小さな小さな花。みんなが気にもとめないような花。

 校長室から

 見えてたよ。

 小さな小さな花に

 温かな心

 注いでたでしょう

 小さな小さな花に、温かな心。

 とても大きかったよ。


毎日 毎日毎日

 毎日毎日

 頑張ったよね

 あきらめなかったよね できなくても ころんでも

 毎日毎日

 毎日毎日

 頑張ったよね

 そして言ったよね。

 「一輪車ってどうしてこんなに面白いの」って。


 




6年生はいつも「感謝の言葉」を伝えることのできるすばらしい子どもたち

記事登録日:2022年3月9日

6年生、卒業まで残り今日を入れて9日です。寂しい限りです。今、6年生を象徴する言葉で表すと「ベストチーム」そして「つねに「感謝』を表すことのできる子どもたち」と言えるように思います。

一つ一つ事案を終えるごとに「なかま意識(連携)が深まっていく」のを感じます。また、活動を終えるごとにお世話になった方々に「お礼や感謝の言葉」を手紙などで伝えています。本当に、すごいこと、すばらしいことだと思います。

そんな中、卒業を前に、今までのことを振り返り、子どもたち自ら「感謝を伝えたい方々に手紙(ハガキ)を贈ろう」となったようです。そして、感謝の思いを言葉をしたためてくれました。以下にご紹介させていただきます。(少し見づらいかもしれません。ご了承ください)。また、一人の子が複数書いている場合もあります。

写真1


〇 小林悠人さんは、田植えや稲刈りの指導でお世話になった松岡慎二様に

〇 秋吉凛花さんは、毎朝交通指導をしていただいている下田徹馬様に

〇 坂本光瑠さんは、読み聞かせグループタンポポの坂本京子様に

〇 小林悠人さんは、郵送物を届けたりなどお世話になっている田島郵便局の皆様に
 

写真2


〇 池田桜絆さんは、いつも学校にお花をくださる安武 節様に

〇 磯田華凛さんは、(現在はコロナ禍で交流ができませんが)過去に交流させていただいたサニーサイドの皆様に

〇 江藤 茅さんは、田植えや稲刈りでお世話になったJA青壮年部の皆様に

〇 中山真太朗さんは、タブレットの配置などでお世話になった磯田貴博様に

 写真3


〇 江藤 茅さんは、本校の特色でもある「梅」でお世話になった春田勝子様に

〇 坂田理緒さんは、(コロナ禍で現在は交流ができていませんが)4年生の時に交流させていただいた、たしま友遊宛の皆様に

〇 磯田悠介さんは、昨年学校のサポートをしていただいたり今年度推進員をしていただいている江藤弥生様に

〇 松岡由弥さんは、6年生に本を寄贈していただいた木村利昭様に

写真4


〇 松永愛羅さんは、近くの保育園(6年生が交流するはずでしたが、コロナ禍で交流ができなかった)田島保育園の皆様に

〇 吉村恋春さんは、毎日おいしい給食を作ってくださる泗水学校給食センターの皆様に

〇 小林祐輝さんは、ボッチャを教えていただいた林 正様に

6年生のハガキを読ませていただきました。言葉一つ一つに「感謝の気持ち」がたくさん詰まっていました。

繰り返しになりますが、こんなふうに「感謝」を伝えることのできる子どもたち、本当にすばらしいと思います。




  1  2  3  次ページ >>


戻る