戻る

新型コロナウイルス感染症への対応について

記事登録日:2022年1月13日

新型コロナウイルス感染症への対応についてお知らせします。

熊本県は昨日、12日に県内感染リスクレベルをレベル2(警戒強化レベル)に引き上げました。児童本人だけでなく同居ご家族の健康状態の確認を十分にお願いします。

児童本人に発熱、かぜ症状、倦怠感、息苦しさ、味覚・嗅覚障がい等の症状がある場合は、症状がなくなるまで登校せず、自宅で休養(出席停止)するようにお願いします。

県のリスクレベルが2以上の段階では、同居ご家族に発熱等のかぜ症状が見られる場合も学校に連絡し、登校せずに自宅で待機(出席停止)となります。

また、児童本人はもちろん同居ご家族がPCR検査の対象となるときも学校に連絡し、陰性とわかるまで、登校せずに自宅で待機(出席停止)となります。
 


戻る