戻る

学校ブログ

<< 前ページ  最新   4  5  6  7  8


第1回 ステップアップテストがありました

記事登録日:2018年6月5日

 昨日、モスタイム(朝の20分間)を利用して、第1回目のステップアップが実施されました。

これは、本校の学力面での課題である数学と英語の基礎学力の向上を目指し、「何とかしないといけない」という思いから生まれました。

5月25日(金)に、それぞれの教科の練習問題が子どもたちに配布され、家庭学習で取り組んだり、翌週からのモスタイムで学習を進めてきました。問題は基本的な内容に限られているので、学習も進めやすかったのではないでしょうか。

そして、いよいよ本番。

数学10問、英語10問、計20問の問題です。20点はパーフェクト賞、19点・18点はエクセレント賞として賞状も与えられます。

1年

 

 

1年生の様子です。

 


2年

 

 

2年生です。


3年

3年生です。

数学を解いている最中に、答案を覗いてみると、勘違いしていて正しい答えになっていない生徒が・・・。

「え〜!」という表情で訴えましたが、

「・・・?」でした。


 どの学年も、一生懸命に問題に取り組む姿が見られました。

結果は採点のあと、すぐに返却されます。早い学年はすでに返却されています。何点取れたか、ではなく間違いの原因を明らかにすることが大事です。

 

明日からは中間テストが始まります。この結果を、中間テストに向けての学習に活かして頑張りましょう。

 

 



 








 


 




ランチタイム講話 目指せ!家庭ごみ10%削減

記事登録日:2018年6月4日

1



本日、ランチタイム講話を行いました。

菊池市役所市民 環境部 環境課より2名お越しくださいました。

講話の内容は・・・・ 家庭ごみ10%減量!〜みなさんにもできる ごみダイエット〜

 

現在、菊池市の家庭や飲食店からでるゴミを処理するために、年に5億円!かかっているそうです。

また、処理の際、莫大な燃料を燃やすため、地球温暖化などの環境問題にもつながっています。

私自身、そういえば・・・最近、ゴミのことあんまり考えてなかった。と反省しました・・・

分別はしているものの、それだけで満足し、ゴミを減らそうと意識していない自分がいました。

 



3


菊池市の家庭ごみで一番多いのが、紙・布類(47%)だそうです。

1年間で出るゴミの総重量は約10,117トン、それを菊池の人口で割り、1日あたりの量を計算すると・・・・

一人、1日あたり約560gのゴミを出しているという計算になります。4



5


1日560g・・・どれくらいの量なのでしょうか・・・

500mlのペットボトルよりも少し重いくらいだそうです。

1日あたりなので、けっこうありますね。

 

そこで 菊池市では、一人 1日あたり 60g の

ゴミダイエットにチャレンジすることにしたそうです。

だいだい 卵、一個分だそうです。

7



ちりも積もれば山となるという言葉がありますが、できるところから

1日、卵 一個分の重さ程度 の ゴミのダイエット

なんだかできそうな気がします!

 

今日は、わざわざ、学校に来ていただきありがとうございました。10



11



13


このように、私たちの未来のために、そして、地域のために

一生懸命 伝えてくださるお気持ちに心動かされました。

人ごとではないはずです。ゴミを出す者の責任をもっともたなければ・・・・と、

生徒も職員も学ばせていただきました。

生ごみを出すときに、水をしっかりきる。

紙や、トレー、ペットボトルはリサイクルに出す。

食べ残しをしない。当たり前だけど、できていないことあるはずです。

さあ、今日から、できるところからゴミダイエットスタートです。



 




10年間の取組に感謝状をいただきました!! (^_^)v

記事登録日:2018年6月4日

 先日、JRC加盟登録が10年となり、日本赤十字社から感謝状をいただきました。(JRCとは、Junior Red Crossの略で「青少年赤十字」のことです。)

 

1

1日(金)の生徒総会に先立って、加盟登録式を行いました。写真は、感謝状の授与風景です。


2

つづいて、JRC旗の授与です。


3

誓いの言葉を皆で斉唱し・・・、


4

飯田先生から、活動内容の説明をしていただきました。(実は、飯田先生はJRC指導のプロフェッショナルで、一昨年度は県内の高校生の海外研修も引率しました!!)


 JRCとは、赤十字の精神に基づき、世界の平和と人類の福祉に貢献できるよう、日常生活の中での実践活動を通じて、,い里舛鳩鮃を大切に、地域社会や世界のために奉仕し、世界の人びととの友好親善の精神を育成することを目的として、さまざまな活動を学校教育の中で展開しています。

 詳しい内容は、こちらのサイトをご覧ください。http://www.jrc.or.jp/activity/youth/about/

 

5

本校では、毎年夏休みに行われるリーダーシップ・トレーニングセンターに職員と生徒代表が参加し、リーダーとして必要な自主・自律の精神を身につけるとともに、赤十字や青少年赤十字に関する知識や技術への理解を深め、生活態度全般にわたっての学びを深めていきます。

 

 

 


6


そこで学んださまざまなことを、校内活動に取り入れることで、すべての生徒の自主・自立の精神の育成に努めています。特に、各自の自発性に基づくボランティア・サービス方式(=V.S活動)は、本校の目指す生徒像「自立心と感謝の心をもち 進んで社会に貢献する生徒」の育成につながりました!!



 今週の金曜日には、飯田先生が牛深東中学校の校内研修の講師として、本校の取組を発表されます。子どもの自主・自立の精神を育むために、これまで私たちが大切にしてきたことや子どもたちの頑張りをアピールするそうです。東中学校の先生方から得られた感想や意見を、また本校でのJRC活動に活かしていただけるものと思います。飯田先生、頑張ってください!! (^^)/




一致邁進!! 〜心を一つに共に前進〜

記事登録日:2018年6月1日

 

 中学校には「生徒会」という組織があります。自分たちの学校生活をよりよいものとするために、自分たちできまりや活動目標を決め、活動していくためのものです。そして今日、その1年間の活動を決めるために行う生徒全員の参加による生徒総会が開かれました。 

 

1

2年生書記による開会


2

校長先生あいさつ・・・生徒会憲章から生徒総会の目的「この会は敬愛と協議の精神に基づいて正しく明るい学校生活を築き、よい社会人となることを目的とする。」を話されました。


3

生徒会長あいさつ・・・「年に1回の大切な会です。生徒会をよりよくするために、頑張っていきましょう。」


4

さ鳥・・・「生徒会憲章」や「生徒会役員選挙規約」、「生徒会年間計画」、「生徒会役員からの提案:アイスブレイク隊の創設」等に対して、各クラスからの意見や質問が出されます。例えば・・・


5

役員選挙の際の投票について・・・


6

委員会の数の見直しについて・・・


7

本日の総会のポイント!!・・・「生徒会憲章」や「生徒会役員選挙」に関する意見に対しては、生徒会役員から修正案を提示し、その場で議決をとりました!

案に対しての判断を求められるため、一人ひとりの参画意識が高まります!! (^o^)


8

3年生だけでなく、2年生や・・・


9

1年生からも、建設的な質問や意見が相次いで出されました!(質問・意見総数何と94! (^^)/)


10

議長の進行や・・・


11

各委員長の回答・態度も素晴らしいものがありました!


13

2年生副会長による閉会


 生徒会役員や各委員長は、この日のために3月に行われたリーダー研修から準備を進めてきました。その成果が今日現れたと思います。

 「北中の生徒が、自分たちの中から代表を出す。その代表たちが北中の生徒のための活動を提案し、全生徒が同意して活動していく。」

 

14


 素晴らしい自治活動を行ってくれました!生徒会役員・委員長の皆さん、また、ご指導いただいた先生方、準備や打合せ等、本当に大変だったと思います。ありがとうございました。 m(_ _)m


 













 




歯科検診☆

記事登録日:2018年6月1日

先日30日(水)に1,2年生の歯科検診が行われました。

本校の学校歯科医はそのき歯科の園木誠先生です。

園木先生には毎年の歯科検診の他にも1年生を対象とした歯科保健講話(7月4日(水)実施予定)

や小中合同学校保健委員会などでもお世話になっています。

 歯科1

先生が検査の時に言われる言葉の意味、ご存じでしょうか??

1,2年生には先日の保健だよりに一部掲載しておりましたが、

・「番号」→歯の場所(前歯が1番、奥歯が6又は7番になります。親知らずは8番です。)

・「A〜Eのアルファベット」→乳歯(子どもの歯)の場所(前歯がA、奥歯がE)

・「C(シー)」→むし歯

・「CO(シーオー)」→むし歯になりそうな歯

・「G(ジー)」→歯肉の炎症(検査の際には「歯肉2」と言われます。)

・「GO(ジーオー)」→軽度の歯肉の炎症(検査の際には「歯肉1」と言われます。)

・「×」→要注意乳歯(抜いた方が良い子どもの歯が残っている状態)

歯科検診ではこのような数字や記号が使われています。

 

そこで北中では、歯科検診をしていただいた後に、出口のところで記録をみながら、

養護教諭が歯科検診の結果を個別にお話させていただいています。

歯科3

個別指導ではむし歯の有無や歯ぐきの状態、記号の意味などを説明し、

自分の口の中の状況を知ってもらう機会になればと思っています。

毎年行っていますので、中には自分の記録の意味を理解している生徒もいました(^^)

 

その時の会話・・・

生徒「僕、この記録に書いてある意味がわかります!」

養護「お!ほんと?!どんなことがわかりますか?」

生徒「歯肉と歯垢が1番なので、歯に汚れが少し残っていて、歯ぐきに軽い炎症があります!」

養護「すばらしい!正解です!ではどのように対処すればいいですか?」

生徒「歯みがきを頑張ります!」(歯垢をきれいに落とすことで歯の炎症も治まってきます☆)

養護「完璧です☆」

 

このように自分の口の中のことに興味を持ってくれる生徒がいることがとても嬉しかったです(^^)

むし歯や歯肉、歯垢の状態で受診が必要だと言われた人は、早めに受診されて下さいね。

(近日中に結果を配布いたします。)


 本校の未処置歯保有率(治療をしていないむし歯がある生徒の割合)と治療率の推移をみてみると・・・歯科2

歯科の受診率が大幅にあがり、その結果、むし歯を治療していない生徒の割合は年々減少してきています。

さて、今年はどうでしょうか・・・

来週6月6日(水)に3年生の歯科検診が行われますので、その後に結果を集計したいと思います。

今年も未処置歯保有率が下がっていることを祈って・・・☆

 歯科4

 園木先生、歯科衛生士さん、来週もよろしくお願いいたします☆ 




<< 前ページ  最新   4  5  6  7  8


戻る