戻る

3年生租税教室

記事登録日:2021年2月10日

本日10日(水)の5限目に、3年生を対象とした租税教室がランチルームで行われました。

 

1

 

この租税教室では、税理士のK様に来ていただき、税についての話をしていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

2

 

最初に、税に関するDVDを鑑賞しました。

内容は、酒を飲みながら、「税金なんてなくなればいいのに!」と不満を口にしていた男の人が、目を覚ますと税金のない世界へ。

さて、どんな世界だと思いますか?

 

 

 

 

3

・道路は荒れ放題

・泥棒に入られても警察に払うお金はないからなにもできない

・中学校に通うにも学費が払えないから、平日の昼間から中学生がコンビニでバイトしたり、コンビニの外でたむろしていたり・・・

・年金の支給がないので、生活費を稼ぐためバイトを申し込むが、高齢なので断られる

などなどの事例が、映し出されました。

 

 

 

4

 

K様からは、国や県、市町村が仕事をするためにお金を集めなければならないが、その集めるお金が税金であり、この税金は取られるのではなく自分から納めて、みんなで支え合うのだとお話をしていただきました。

また、納税は国民の三大義務の一つという話もされました。

 

 

 

 

5

 

ちなみに国の予算は約100兆円、熊本県は1000億円、菊池市は360億円だそうです。

これもまた税金です。

 

 

 

 

 

 

そして最後に、クイズです。次の中で、税金がかからないのはどれでしょう。

ア 宝くじの当選金を受け取るとき

イ 温泉に入るとき

ウ 拾ったお金を警察に届け、半年後持ち主が現れなかったときに、手元にそのお金が返ってくるとき

 

生徒の反応は、ほぼ均等に答えを選んでいました。正解はどれでしょう?

正解は、一番最後を見てください。大人には易しかったでしょうか?

 

 

6

 

話の後は、質問タイム。

3名の生徒が質問しました。その中の一つに、「国が借金するときには、どこから借りるのか」という質問も。

そこで国債の話を聞くこともできました。

 

 

 

 

 

7

 

今日は生徒一人一人に、税に関するパンフレット(写真左)もいただきました。

帰って家族で読むのもいいかもしれませんね。もっと深く税について理解できると思います。

写真右はクリアファイルです。有効に使ってください。

 

 

 

今日は、税金についてしっかり学ぶことができました。DVDがうまく作成されていて、K様もわかりやすく話をしてくださったので、中学生にとってとても分かりやすかったと思います。今日の内容は、税金のごく一部分ですが、税について知るいいきっかけになったと思います。

 

 

クイズの答え:正解はアの「宝くじの当選金を受け取るとき」でした。


戻る