戻る

学校ブログ

  1  2  次ページ >>


認知症サポーター養成講座がありました

記事登録日:2021年1月26日

 26日(火)、4年生を対象に認知症サポーター養成講座を実施しました。菊池中央病院の曽山先生にお出でいただき、認知症の症状や接し方について教えていただきました。

 認知症は脳が収縮することで起こり、高齢者100人中14人の割合で発症し、高齢化社会の中でこれからも増えてくると言われている症状です。新しいことを「覚えられない」、日常生活の中の行動が「できない」、認識ができず「わからない」という症状が出てきます。認知症の方に接するときは、優しい言葉で温かい手助けをすることで、心が穏やかになり、進行もゆっくりになることを学びました。

 正しい知識を学び、相手のことを理解して接することが大切だと感じた時間になりました。

認知症



 




給食集会がありました

記事登録日:2021年1月26日

 1/26(火)に給食集会を行い、保健給食委員会の発表と給食センターの上月先生からお話をしていただきました。
 保健給食委員会の発表では、赤・黄・緑の栄養をバランスよくとれる食事をすることが大切であること、上月先生のお話では、給食をとるまでにはいろいろな人たちが関わっており、その方たちが頑張ってくださっているから、給食を安全においしくいただけることを学びました。

給食を作ってくださる方に感謝をして給食を残さず嫌いな食べ物にもチャレンジしてほしいと思います。給食集会



給食集会



 




薬物乱用防止教室がありました

記事登録日:2021年1月21日

1/20(水)に6年生の薬物乱用防止教室を行いました。学校薬剤師の江上先生から、たばこ・アルコール・薬物の害について教えていただきました。ミミズを使った実験では、たばこが血管に及ぼす影響を実際に見て、子どもたちはとても驚いていました。また、薬物の依存性についても学習し、断る勇気を持つことの大切さを学びました。

 

薬物




 




新年かるた大会がありました。

記事登録日:2021年1月18日

 15日(金)、図夢図夢クラブの方に来校していただき、新年かるたとり大会を行いました。ことわざかるた、菊池かるたなど、様々な種類のかるたに挑戦しました。最近はあまり遊ばない遊びとなっていますが、やってみるとやはり楽しいものです。かるたは学年関係なく楽しく遊べるものだと改めて気づかされました。学年を越えて対戦し、とても白熱したかるたとり大会となりました。
 

かるた

かるた



 



 



 




税金って何?(租税教室)

記事登録日:2021年1月18日

1月18日(月)、6年生で租税教室がありました。菊池市役所の税務課の職員さんをお招きして、税金について学びました。

6年生は社会科の学習で、納税について学習をしていました。今回の学習でさらに理解を深めました。

子どもたちにとって消費税が一番身近な税金だったようです。消費税以外の税金がたくさんあることを学び、驚いていました。また、「税金がない世界」はどんな世界か、をDVD視聴を通して学びました。税金がなければ火災が起きても消防士を呼ぶのにお金がかかったり、道路や橋が壊れても修繕できず壊れたままになったり、悲惨な状況になることが分かりました。

6年生が学校で学習ができるのも、税金がきちんと活用されているのが分かり、さらに学習の意欲を高めたところです。租税教室




 




  1  2  次ページ >>


戻る