癒しの里 菊池

メニュー

閉じる

キーワードを入力して探す


言語


メインメニュー


記事分類一覧から探す


担当部署から探す

会計課

議会事務局

選管事務局

農業委員会事務局

監査委員事務局

公平委員会事務局


閉じる

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止について【令和2年12月31日現在】

更新日:2020年12月31日

新型コロナウイルス感染症に関する各種情報

新型コロナウイルス感染症に関する各種情報を、カテゴリごとに掲載しています。最新の情報はそれぞれのページをクリックしてご確認ください。

  1. 市内の発生状況
  2. 菊池市新型コロナウイルス感染症対策本部
  3. 市民の皆様へ
  4. 事業者の皆様へ
  5. 市長メッセージ
  6. 各種支援制度と窓口一覧

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止について【令和2年12月31日現在】

今回(12月30日県発表) 

 レベル5厳戒警報

感染状況は拡大傾向にある

 国内の感染拡大傾向は過去最多の水準を更新し続けており、県内においては、熊本市中心市街地の飲食店に関連する感染者や高齢者施設でのクラスターも確認されています。また、菊池保健所管内では、会食時の感染や職場、家庭、学校など様々な場面での感染が確認されています。

 期間中(12月22日から12月28日)の新規感染者は286例で、そのうちリンク不明感染者は84例でした。県内の感染状況を踏まえ、12月30日からのリスクレベルは【レベル5厳戒警報】を維持されています。

 このような状況から、12月29日に県の対策本部会議で、熊本市中心部の酒類を提供する飲食店に対する営業時間の短縮や、5人以上の会食の自粛等の強い措置が要請されました。より一層強い意識を持ち、基本的な感染防止対策の徹底及び会食については、感染対策を実施している店を選び、会食時の感染リスクを下げる工夫の実践をお願いします。

 また、「三つの密」のある場や感染が流行している県外への移動は自粛し、やむを得ない場合は感染防止対策の徹底をお願いいたします。

 年末年始は、人の移動が集中し「密」にならないよう、帰省や旅行 、初詣の時期を分散しましょう。

 さらに、発熱や症状が認められた際には、すぐにかかりつけ医など身近な医療機関に電話するか、発熱者専用ダイヤル(TEL:0570 096 567)にご連絡ください 。

熊本県リスクレベル【レベル5厳戒警報】https://www.pref.kumamoto.jp/soshiki/30/51409.html

 

県民の皆様へ(1月11日までの集中要請の延長・強化)

 県では、12月3日から12月18日まで、「感染防止の集中対策」を実施してきました。しかし、県内の感染は拡大しており、人の移動が集中する年末年始を迎え、感染がさらに拡大する可能性もあります。

 したがって、12月18日までとしていた集中対策を来年1月11日まで延長・強化するとともに、年末年始における対策等の要請を追加しています。

1月11日まで集中要請を延長し強化します(PDF 約519KB)

1月11日まで集中要請を延長し強化します

 

会食時の感染リスクを下げる4つのステップの実践

飲酒を伴う懇親会や大人数での会食、長時間に及び飲酒などは、新型コロナウイルス感染症の感染リスクが高まる場面に該当しますが、様々な工夫と一人一人の心がけで感染リスクを下げることは可能です。感染リスクを下げる4つのステップをみんなで実践しましょう。

会食時の感染リスクを下げる4つのステップの4つの実践(PDF 約801KB)

会食時の感染リスクを下げる4つのステップの実践

 感染が流行している県外への旅行・外出などについて

県では、感染が流行している都道府県との往来について、以下のとおり要請しています。

○人口10万人当たりの週陽性者数が15人以上の都道府県への不要不急の移動は自粛して下さい。やむを得ない場合は感染防止対策を徹底し、三密を確実に避けるようお願いします。

○人口10万人当たりの週陽性者数が15人以上の都道府県に在住する親戚等に、年末年始は帰省を控えるよう呼び掛けていただきますようお願いします。

その他の地域の方々にも、帰省の際は、時期を分散し、感染防止対策を徹底していただきますよう呼び掛けをお願いします。

感染が流行している県外への移動について(PDF 約201KB)

感染が流行している県外への移動について

感染リスクが高まる「5つの場面」(PDF 約360KB)

感染リスクが高まる「5つの場面」

感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫(PDF 約264KB)

感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫

熊本県リスクレベル(令和2年10月改定)(PDF 約137KB)

熊本県リスクレベル(令和2年10月改定)

各レベルにおける県の対策と県民への要請の目安(PDF 約134KB) 

各レベルにおける県の対策と県民への要請の目安

 

【最も重要なお願い】

  1. 症状がなくとも、外出時の屋内ではマスクを着用して下さい。
  2. こまめな手洗い・手指消毒を行ってください。
  3. 発熱時は仕事等を休み、かかりつけ医等に電話相談をお願いします。

基本的な対策及び考え方

  • 「新しい生活様式」の実践をお願いします。
  • コロナウイルス検査を受ける時や感染者との濃厚接触疑い時などに、保健所から自宅待機を指示された場合は、指示を守っていただきますようお願いします。
  • マスク着用、手洗い、人と人との距離の確保等の感染防止対策の徹底を要請します。
  • 帰宅直後の手洗いや入浴、発熱等の症状がある同居者と部屋を分けるなど、家庭内における感染防止対策を徹底して下さい。
  • 厚生労働省がリリースした接触確認アプリの積極的な利用をお願いします。

外出について

  • 「3つの密」のある場及び感染が流行している地域への移動は控えてください。
  • 発熱やかぜの症状がある場合は外出を控え、特に会食等に参加しないようにしてください。
  • マスク着用、手洗い、人と人との距離の確保等の感染防止対策を徹底してください。
  • 帰宅直後の手洗いや入浴、発熱等の症状がある同居者と部屋を分けるなど、家庭内における感染防止対策や徹底してください。
  • 高齢者、基礎疾患を有する方及びその御家族の方は、外出の際は感染防止対策を特に徹底してください。
  • 外出の際は、マスクの着用や手指の消毒などを行い、特に観光地においては人との距離を確保してください。
  • 感染拡大予防ガイドライン、県チェックリスト等による感染防止が徹底されていない施設等への外出は控えてください。

飲食店等、営業施設の利用について

  • ステッカーを掲示していないなど、感染防止対策のできていない店舗については、利用を控えてください。

企業、事業所、施設の感染防止対策について

  • 企業及び事業所等においても、業種別ガイドラインを参考に感染防止対策をお願いします。
  • 社会福祉施設及び医療機関においては、施設内感染や院内感染を防止する対策の徹底をお願いします。
  • 事業所や施設内における感染防止対策においては、特に、感染者や有症状者等が発生した場合の、事業所内での連絡体制や事業休止のルールやを感染者等が発生した場合の、対策責任者や対応者等を定めておいてください。

飲食店の感染防止対策について

  • 県が示した業種別の「感染防止対策チェックリスト」、国が取りまとめている感染拡大予防ガイドラインにより、十分感染防止活動を行ってください。
  • 県において感染防止講習会への講師派遣等が行われます。20名程度以上を単位とし、新型コロナウイルス感染症対策本部事務局(096-333-2478)あてお申し込みください。
  • 「特定の飲食店」(「バーやクラブ等の接待を伴う飲食店」及び「その他の酒類の提供を行う飲食店」)においては、感染拡大予防ガイドラインや県が示すチェックリスト等による感染防止対策を徹底するとともに、ステッカー等を掲示をお願いします。

イベント開催制限について

下記に示す収容率及び上限人数の緩和を受けたい場合は、業界団体が定める業種別ガイドラインについて、別紙3を満たした改定が行われ、改定後のガイドラインを用いた感染防止活動を実施(別紙4のチェックを実施)し、公表することが条件です。条件を満たしていない場合、従前どおり収容率50%以内かつ上限人数5,000人での実施をお願いします。

○参加人数5,000人までのイベントの、収容率の緩和
  • 大声での歓声・声援等がない、クラシック音楽コンサート等については、収容率100%以内(席がない場合は適切な間隔)での実施が可能です(5,000人まで)。
  • 大声での歓声・声援等が想定されるロックコンサート等については、原則収容率50%以内(席がない場合は1mの間隔)での実施となります。ただし、同一グループ5人以内であれば、座席間隔を空けない着席を認めます(5,000人まで) 
○参加人数5,000人以上のイベントの、上限人数の緩和
  • 10,000人以上を収容できる施設において、収容率50%での実施をお願いします

収容率が50%以内であれば、参加人数に上限はありません。

○地域の行事、お祭り、野外フェス等
  • 参加者の把握ができるイベント(地域の盆踊り等)は、適切な感染防止策を講じた上で実施して下さい。大声がないものは、収容率100%を認めます。
  • 全国的又は広域的な人の移動が見込まれ、参加者の把握が困難な花火大会、お祭り・野外フェス等の開催は、十分な人と人との間隔(1m)を設けてください。できない場合は中止を含めて慎重に判断してください。
  • 全国的又は広域的な人の移動が見込まれ、参加者の把握が困難なお祭り・野外フェス等の開催は、中止を含めて慎重に検討してください。

イベント開催の開催に係る人数上限の緩和及び留意事項について

熊本県感染防止対策チェックリスト

https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_33365.html

熊本県感染防止対策チェックリストに係るQ&A

https://www.pref.kumamoto.jp/common/UploadFileOutput.ashx?c_id=3&id=33365&sub_id=7&flid=253829

業種ごとの感染拡大ガイドライン

https://corona.go.jp/prevention/

熊本県感染症対策ステッカー

熊本県感染防止対策ステッカー(PDF約433KB)

熊本県感染防止対策ステッカー

被災地で活動する際の感染防止対策について

被災地での活動における感染防止対策のために、被災者、職員、支援者全ての立場の方(報道関係者を含む)は、「被災地で活動する際の感染防止対策チェックリスト」を用い、改めて徹底をお願いします。

被災地で活動する際の感染防止対策チェックリスト

https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34592.html

感染予防のために、接触確認アプリを積極的に活用しましょう

厚生労働省がリリースした接触確認アプリは、新型コロナウイルス感染症の感染者と接触した可能性について、通知を受け取ることができる、スマートフォンのアプリです。

本アプリは、利用者ご本人の同意を前提に、スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用します。電話番号等の個人情報や、位置情報を取得しないなど、プライバシーに最大限配慮した仕組みになっています。

新型コロナウイルス感染症の陽性者が、保健所から通知された処理番号を本アプリに入力すると、アプリの利用者は、陽性者と、過去14日間に、1メートル以内、15分以上の濃厚接触していた可能性について、通知を受けることができます。アプリの通知を受け、かつ息苦しさ等の症状がある場合には、検査の受診など保健所のサポートを受けることが可能となります。

接触確認アプリ

接触確認アプリ

https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_33923.html?type=top

発熱等の症状がある場合の医療機関の受診についてのお願い

発熱等の症状があった場合は、まずはかかりつけ医などに電話で相談しましょう!

この冬は、季節性インフルエンザと新型コロナウイルス感染症の同時流行の可能性があります。発熱などの症状があった場合は、必ず電話連絡をしたうえで受診していただきますようお願いいたします。

【かかりつけ医をお持ちの方】

かかりつけ医に電話連絡し受診ください(診療時間内)。発熱患者の受診や検査ができない場合は、対応可能な医療機関をご案内されます。※診療時間外は、発熱患者専用番号0570-096-567(有料)に電話してください。

【かかりつけ医がなく、相談する医療機関がわからない・迷う場合】

発熱患者専用電話番号0570-096-567(24時間対応・有料)に電話してください。診療・検査が可能な医療機関をご案内します。

一般的なご相談は、県コールセンター096-300-5909で受け付けます。

発熱がある場合の受診方法(PDF 約181KB)

発熱がある場合の受診方法

熊本県のお知らせ

【相談窓口】新型コロナウイルス感染症の専用相談窓口

(改訂)専用相談窓口のチラシ

新型コロナウイルス感染症に関する啓発チラシ

青色ポスター(静かなマスク会食)(PDF 約1MB)

青色ポスター(静かなマスク会食)

赤色ポスター(いつでもマスク)(PDF 約165KB)

赤色ポスター(いつでもマスク)

県民の皆様にお願いすること(PDF 約136KB)

県民の皆様にお願いすること

3つの密を避けましょう(PDF 約1MB)3つの密を避けましょう

感染症対策チラシ(PDF 約208KB)

感染症対策チラシ

人との接触を8割減らす、10のポイント(PDF 約586KB)

人との接触を8割減らす、10のポイント

新しい生活様式の実践例(PDF 約162KB)

新しい生活様式の実践例

 

【新型コロナウイルスに関するQ&A】

厚生労働省ホームページ(一般の方向け)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html
厚生労働省ホームページ(医療機関・検査機関の方向け)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00004.html

新型コロナウイルス感染症についての情報は、随時更新されております。

熊本県ホームページ(新型コロナウイルス関連肺炎に関するお知らせ)

https://www.pref.kumamoto.jp/hpkiji/pub/List.aspx?c_id=3&class_set_id=1&class_id=7049

厚生労働省ホームページ(新型コロナウイルス感染症について)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

首相官邸ホームページ

(新型コロナウイルス感染症に備えて〜一人ひとりができる対策を知っておこう〜)

http://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html


追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

菊池市役所 健康福祉部 健康推進課 健康推進係
電話番号:0968-25-7219この記事に関するお問い合わせ


癒しの里 菊池

菊池市役所

所在地:〒861-1392 熊本県菊池市隈府888 電話番号:0968-25-7111(代表)
各課直通のお問い合わせ先はこちら
法人番号:2000020432105

菊池市の人口情報

[令和2年12月]
  • 人口 47,983人
  • 男性 23,031人
  • 女性 24,952人
  • 世帯 19,589世帯

トップへ戻る