癒しの里 菊池

メニュー

閉じる

キーワードを入力して探す


言語


メインメニュー


記事分類一覧から探す


担当部署から探す

会計課

議会事務局

選管事務局

農業委員会事務局

監査委員事務局

公平委員会事務局


閉じる

熊本地震に伴う災害義援金のご案内

更新日:2020年5月1日

熊本地震により被災されました皆様には心よりお見舞い申し上げます。

全国の皆様から熊本県災害義援金(熊本県・日本赤十字社・共同募金会)及び菊池市にお寄せいただきました災害義援金を平成28年6月より配分しています。

人的被害・建物被害への熊本県・菊池市義援金の配分について

表:義援金基準額(R2.3.30現在)

配分の対象者 詳細

熊本県義援金【基準額】

(配分がまだの場合)

菊池市義援金【基準額】

(配分がまだの場合)

人的被害

死亡・行方不明の方(のご

家族)

100万円 4万円
重傷者 ※1 10万円 1万円
建物被害(住家) ※2

全壊 

85万円

15万円

解体

※3

85万円

15万円

大規模半壊・半壊

42万5千円

7万5千円

一部損壊(半壊に至らない)

建物の構造上必要な箇所の

修理を行った場合。

修理費用が100万円

以上

10万円

修理費用が50万円以上

100万未満

5万円

※1重傷者

平成28年4月14日・16日の地震を直接の原因として負傷し、1か月以上通院が必要な方。
上記内容が記載してある診断書が必要です。
後片付けの時の負傷など(2次災害)は対象とはなりません。

※2建物被害(住家)

熊本地震の際に、実際に居住し生活されていた住宅のことです。

※熊本県義援金をすでに申請済みの場合、世帯主口座の変更以外は、改めて菊池市義援金の申請の必要はありません

※3大規模半壊・半壊で解体

解体世帯として、被災者生活再建支援金の基礎支援金の支給が決定された世帯のことです。

申請に必要なもの

人的被害

  • 申請書
  • 診断書(※1 重傷者・の事項が記載されているもの)
  • 印鑑
  • 本人確認が出来る書類(免許証、保険証など)
  • 通帳の写し(原則として本人名義、死亡の場合は世帯主名義)

建物被害(全壊・大規模半壊・半壊)

  • 申請書
  • 罹災証明書(写し可)
  • 印鑑
  • 本人確認が出来る書類(免許証、保険証など)
  • 通帳の写し(原則として世帯主名義)

※全壊、大規模半壊、半壊については、同一家屋でも住民票の世帯ごとに配分します。

(世帯ごとに罹災証明書を提出してください。)

申請期限

  • 令和3年5月13日(木)

建物被害(一部損壊)への義援金配分の申請方法について

住家(2)の建物被害で半壊に至らない(一部損壊)場合の修理費用への配分については、下表のとおりです。

表:住家建物被害で半壊に至らない(一部損壊)の修理費用への配分
配分の対象者 熊本県義援金 菊池市義援金
一部損壊(罹災証明書の「半壊に至らない」)(住家※2が対象)
※修理費用が50万円以上住家が対象です。

10万円

(修理費用が100万円以上)

5万円

(修理費用が50万円以上100万円未満)

※一部損壊については、熊本県または菊池市義援金のどちらか片方の配分となります。
※修理費用として認められないものがありますので、以下をご確認ください。

修理費用として認められるもの

熊本地震で損害を受けた住家(実際に生活している家)で、日常生活に欠かすことができない建物の構造上必要な箇所の修理。

(例)屋根、外壁、天井、柱、窓(窓枠)、給排水設備など

修理費用として認められないもの

(例)外構工事、ふすま、障子、壁紙の張替え、家電製品全般など、リフォームやグレードアップの工事。

請に必要なもの

  • 申請書
  • 罹災証明書(写し可)
  • 印鑑
  • 修理費用の領収書(原本)
  • 修理費用の明細書または内訳が分かるもの(見積書や請求書など)
  • 本人確認が出来る書類(免許証、保険証など)
  • 通帳の写し(原則として世帯主名義

注意事項

罹災世帯で1回限り申請となります。
「世帯主」による義援金の受け取りが原則です。

熊本地震に関する義援金受け取りは、原則「世帯主」です。
世帯内で協議の上、世帯主以外で義援金受け取りを希望される場合は委任状が必要となります。
委任状は、任意の様式でも構いません。必ず「熊本地震による義援金振り込みについて一切の権限を委任します」「委任者(世帯主)の自書、捺印」「受任者(受け取り者)の自書、捺印」をお願いします。

修理明細書等をご提示ください

熊本地震による被災箇所の修理のみが義援金判定の対象となります。
対象修理については、修理明細書等で確認しますので、業者から修理明細が分かる書類を受け取られてしてください。どうしても明細等が発行できない場合は福祉課にご相談ください。

一部損壊は、熊本県義援金または菊池市義援金の「どちらか片方の配分」となります

義援金支給後に追加の申請等は原則認められませんので、修理がすべて完了した時点での申請をお願いします。

審査により判定が変わることがあります。

窓口で受け付けた後に、再度修理内容等の審査を行います。その際、義援金が配分できない判定となることもありうることをご了承ください。

二世帯住宅等の取り扱い

一部損壊において、同一の被災住宅に複数の世帯が同居されている場合は、修理費用を支出した世帯に義援金を配分します。
世帯ごとに専有している部屋等を各世帯が修理した(各世帯に領収証が発行されている)場合は、修理基準額を超過していれば、それぞれに義援金が配分されます。

罹災証明書がない世帯について

原則申請できません。

ただし、平成28年熊本地震での被害が証明できる場合に限り福祉課で罹災証明書を発行できる場合があります。(熊本地震発災当時の日付印がある写真などが必要)

申請期間

平成29年2月1日(水)〜令和3年5月13日(木) (閉庁日は除く)

申請時間

午前8時30分から午後5時15分まで 

月曜日〜金曜日(祝日は除く)

申請場所

菊池市役所本庁舎1階福祉課(7番窓口)


お問い合わせ

菊池市役所 健康福祉部 福祉課 福祉係
電話番号:0968-25-7213この記事に関するお問い合わせ


癒しの里 菊池

菊池市役所

所在地:〒861-1392 熊本県菊池市隈府888 電話番号:0968-25-7111(代表)
各課直通のお問い合わせ先はこちら
法人番号:2000020432105

菊池市の人口情報

[令和3年9月]
  • 人口 47,589人
  • 男性 22,863人
  • 女性 24,726人
  • 世帯 19,656世帯

トップへ戻る