癒しの里 菊池

メニュー

閉じる

言語


メインメニュー


キーワードを入力して探す


記事分類一覧から探す


担当部署から探す

会計課

議会事務局

選管事務局

農業委員会事務局

監査委員事務局

公平委員会事務局


閉じる

健診結果を生かそう!

更新日:2015年2月3日

8月から11月までの27日間において、集団(複合)検診を実施しました。

健診は、生活習慣病もしくはその予備軍に該当する方を見つけるために行います。

現在、菊池市でも不健康な生活習慣(過食、過度の飲酒、運動不足、喫煙など)により、心筋梗塞や、脳梗塞、糖尿病等の生活習慣病の割合が増加傾向にあります。また、透析治療を受ける方も年々増加し、死亡原因でも脳卒中や心臓病などで亡くなる方の割合も増えています。

生活習慣病健診は19歳〜39歳、特定健診は40歳〜74歳、後期高齢者健診は75歳以上の方を対象にした健診です(受診者数はグラフ1を参照)。

受診者数は、大幅な増加はなく横ばいで推移しています。特定健診は40〜74歳の国保加入者すべての方が対象となる健診です。特定健診の受診率は約33%で、約7割の方が健診を受けていない状況です。平成25年度の特定健診受診率の県内順位は40位でした。国の計画では受診率70%を目標に掲げています。

1.健診の結果から

健診結果の判定をみると、(グラフ2・3)特定健診・生活習慣病健診を受診された方で“異常なし”・“軽度異常”の割合は生活習慣病健診で30.4%、特定健診で1.9%。逆に“治療中”・“要精査”・“要治療”の割合は生活習慣病健診の15.0%に対し、特定健診では55.0%と増加しています。

 判定については、グラフ4にまとめています。

   生活習慣病健診では「HbA1c」と「LDLコレステロール」の高い人が健診受診者の2割以上を占めています。特定健診では、「HbA1c」、「LDLコレステロール」、「収縮期血圧」の高い人が多くなっており、特に「HbA1c」は74%で、生活習慣病健診と比較して3.4倍ほど割合が増えています。血圧は、「収縮期血圧」、「拡張期血圧」が約6倍も増えます。

 これらの検査項目が異常値であっても自覚症状はないという方がほとんどです。つまり、健診を受けないとからだの中の異常を早期に見つけて早期に治療することは大変困難と言えます。

2.健診後が大事です

平成25年度に健診を受け、“要精密”・“要治療”という判定を受けた方が、紹介状を持って病院を受診された割合をグラフ5にまとめました。

 特定健診後、“要精密”・“要治療”の判定であっても受診しなかった方の割合は65%、生活習慣病健診では58%もいます。

 健診を受けても早期治療の機会を逃してしまうことは大変残念なことです。健診結果を無駄にせず必要な検査や治療を受け、さらに病気を悪化させないということも重要です。

糖尿病や高血圧などの生活習慣病は生活習慣(食事、運動習慣、飲酒や喫煙等)を改善することで予防ができ、合併症や重症化しないようにすることが可能です。何らかの生活習慣病が見つかったとしても悲観せずに、「早く見つかってよかった!」と思っていただきたいです。

平成27年度も同じように健診を実施します。健診の方法は集団健診、指定医療機関での個別健診、人間ドック、職場健診など様々あります。年に一度は必ず健診を受け、自覚症状があるからではなく、自覚症状を伴わないうちからからだの変化に気づくために健診を受けましょう。

 

問い合わせ先

菊池市役所健康推進課健康推進係

電話番号:0968-25-7219


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは菊池市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


癒しの里 菊池

菊池市役所

所在地:〒861-1392 熊本県菊池市隈府888 電話番号:各課直通のお問い合わせ先はこちら 法人番号:2000020432105

菊池市の人口情報

[令和元年9月末日現在]
  • 人口 48,624人
  • 男性 23,322人
  • 女性 25,302人
  • 世帯 19,415世帯

トップへ戻る