癒しの里 菊池

メニュー

閉じる

言語


メインメニュー


キーワードを入力して探す


記事分類一覧から探す


担当部署から探す

会計課

議会事務局

選管事務局

農業委員会事務局

監査委員事務局

公平委員会事務局


閉じる

防ごう!熱中症!〜熱中症は予防が大切です〜

更新日:2019年7月1日
熱中症は気温などの環境条件だけでなく、その日の体調や暑さに対する慣れなどが影響して起こります。

熱中症とは?

「熱中症」は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態をいいます。屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死亡することもある恐ろしい病気です。

熱中症の症状

軽度:めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪くなる

中等度:頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違う など

重症:返事がおかしい、意識消失、けいれん、からだが熱い

熱中症の予防

熱中症の予防には、「水分補給」と「暑さを避けること」が大切です!

こまめな水分補給をおこなう

のどの渇きを感じなくても、こまめに水分・塩分、経口補水液(水に食塩とブドウ糖を溶かしたもの)などを補給しましょう。特に、高齢になるとのどの渇きを感じにくくなります。時間を見て水分補給をしましょう。

暑さを避ける

〈室内では〉

扇風機やエアコンで温度を調整

遮光カーテン、すだれ、打ち水を利用

室温をこまめに確認

〈外出時には〉

日傘や帽子の着用

日陰の利用、こまめな休憩

天気のよい日は、日中の外出をできるだけ控える

高齢者と子どもは特に注意が必要です

熱中症患者のおよそ半数は65歳以上の高齢者です。

高齢者は暑さや水分不足に対する感覚機能が低下し、暑さに対するからだの調整機能が低下するといわれていますので、特に注意が必要です。

また、子どもは体温の調整機能が十分に発達していないので、周囲が気を配りながら特に注意をする必要があります。

熱中症が疑われる人を見かけたら

涼しい場所へ

エアコンが効いている室内や風通しの良い日陰など、涼しい場所へ避難させる

からだを冷やす

衣服をゆるめ、からだを冷やす(特に、首の回り、脇の下、足の付け根など)

水分補給を

水分・塩分、経口補水液などを補給する。

自力で水が飲めない、意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

環境省 熱中症予防情報サイト(www.wbgt.env.go.jp)も参考にされてください。


お問い合わせ

菊池市役所 健康福祉部 健康推進課 健康推進係
電話番号:0968-25-7219この記事に関するお問い合わせ


癒しの里 菊池

菊池市役所

所在地:〒861-1392 熊本県菊池市隈府888 電話番号:各課直通のお問い合わせ先はこちら 法人番号:2000020432105

菊池市の人口情報

[令和元年9月末日現在]
  • 人口 48,624人
  • 男性 23,322人
  • 女性 25,302人
  • 世帯 19,415世帯

トップへ戻る