癒しの里 菊池

メニュー

閉じる

言語


メインメニュー


キーワードを入力して探す


記事分類一覧から探す


担当部署から探す

会計課

議会事務局

選管事務局

農業委員会事務局

監査委員事務局

公平委員会事務局


閉じる

ラブベンチコンペ2019のリデザイン作業が行われました。

更新日:2019年9月12日

令和元年7月23日(水)の審査を経て、グランプリを受賞した緒方胤浩氏の「ふたりのベンチ」のリデザイン作業が行われました。

※リデザインとは、完成されたデザインをさらに良いものにすることです。

グランプリ受賞決定後から審査員でもある九州大学大学院芸術工学研究院の杉本准教授と共に作成までの準備を進めていました。

▼グランプリを受賞した作品

 ラブベンチグランプリ作品


今回のリデザイン作業では、審査の中で課題として挙げられた「菊池らしさ」を「景色をふたり占めする」というコンセプトを変更せずに表現するため沢山のデザイン画を作成しました。

課題解決にあたり緒方氏は「菊池千本槍」に着目し、背もたれの支えの部分を槍のような形にし、武具のような勇ましさを持ちながらも美しく見えるデザインに変更しています。

 

▼課題を解決するために描かれた沢山のデザイン画
デザイン画1

 デザイン画2

また、背もたれの大きさや座面の座りやすさ、現地に設置した際のサイズ感を確認するため、簡易的な原寸大のベンチの模型を作成し、現場に運び込んで検討会を行いました。

 

▼事前に作成した模型を組み立て設置する緒方氏
作業をする緒方氏
 
ラブベンチ模型設置中

実際に設置してみると座面が広すぎることや、背もたれの木材の枚数が多すぎることなど、デザイン画だけでは分からない問題が見つかりました。

解決できるものはその場で模型を改良し、試行錯誤を繰り返していました。

▼模型に腰掛けサイズ感を確認する緒方氏
実際に腰掛ける緒方氏


 

その場でサイズを変更する緒方氏

最後に製作する際、背もたれの部分の木材を、どのような手法で繋ぐかが大きな課題として挙げられました。

杉本准教授より解決のヒントを受けて、早速その場でアイデアを描き始めました。

▼アドバイスを聞き、すぐに考えをメモする緒方氏
 杉本准教授よりアドバイスを受けるメモする




 

家具デザイナーを目指しているという緒方氏は「これも将来への経験にするため、大学の工房の方に相談したり、事例を調べて課題解決に取り組みたい。」と語っていました。

次回のリデザイン作業は9月中旬を予定しています。



 


お問い合わせ

菊池市役所 建設部 都市整備課 都市整備係
電話番号:0968-25-7242この記事に関するお問い合わせ


癒しの里 菊池

菊池市役所

所在地:〒861-1392 熊本県菊池市隈府888 電話番号:各課直通のお問い合わせ先はこちら 法人番号:2000020432105

菊池市の人口情報

[令和元年9月末日現在]
  • 人口 48,624人
  • 男性 23,322人
  • 女性 25,302人
  • 世帯 19,415世帯

トップへ戻る