癒しの里 菊池

メニュー

閉じる

言語


メインメニュー


キーワードを入力して探す


記事分類一覧から探す


担当部署から探す

会計課

議会事務局

選管事務局

農業委員会事務局

監査委員事務局

公平委員会事務局


閉じる

人権・同和教育シリーズ168(9月号掲載)

更新日:2019年9月1日

「人権文化のまちづくりをめざして」旭志ブロックの活動

旭志ブロックでは、区長、自治公民館長、民生・児童委員、人権擁護委員、女性の会、保・小・中学校職員、PTA、運動体、行政職員を会員として、「旭志人権文化のまちづくり協議会」を組織しています。学校・家庭・地域社会が一体となって、人に優しい人権文化に満ち溢れたまちをつくろうという目標のもと活動をしています。

1.総会・人権教育講演会

昨年度は、「今日まで、そして明日から」という演題で、小国町社協悠愛会職員・小国人権劇団光座代表の室原正孝さんから、人権尊重のまちづくりについて話していただきました。

2.小中学校に参加して会員研修

旭志小学校の公開人権学習参観後、意見交換し研修をしました。また、旭志中学校の講演会、中尾有沙さん(車いす陸上選手)「夢への挑戦」を聴いたり、旭志小学校の人権フェスティバルに参加したりして、自分の人権意識を高めながら、子どもたちの育ちを見守る機会になっています。

3.会員研修視察

 これまで、菊池恵楓園や福岡県人権センター、水俣病資料館などで様々な人権の問題について研修してきました。昨年度は、障がい者の人権について学ぶために、「八代とら太の家への学びの旅」で交流しました。(○参加者の声)

〇施設長の山下順子先生をはじめスタッフ・利用者の皆さん楽しんでおられ、笑顔が印象的でした。施設が地域の方に受け入れられるまで、相当の努力があったと思います。とら太の家では、いろんな人がいてそれが普通・当たり前という環境で育っていました。

〇地域の不登校の中学生や社会人で仕事に行けなくなった人が、ここでエネルギーを蓄えて学校や職場に行けるようになる話を聴いて、なるほどと思いました。スタッフも誇りを持って働かれている職場で、人として互いに尊重し合うなかまづくりを感じました。

4.「住みよいまちづくりモデル地区活動」

昨年までの「人権の花活動」と併せて、今年度から「住みよいまちづくりモデル地区活動」として三区を設定して、ミニ人権講座等を企画しています。

5.人権標語入賞者表彰式と人づくりまちづくりなかまづくり講演会

旭志小・中学生、おとなの部の入賞作品を旭志全戸に配付し、人権尊重の思いを広めています。今年度の講演は、くまもと「障害者」労働センター代表の倉田哲也さんと美穂さんから、違いを理解し認め合うことのすばらしさを語っていただきました。(○参加者の声)

〇・・・私の子どもは、少し感じ方が違う子です。・・・まずは、私自身、違いがあるのは当たり前なんだという社会をつくる一員になっていこうと思いました。・・・

旭志ブロックでは、美穂さんが「子どもたちには、差別のない社会で生きてほしい」と話されたように、これからも、感性を磨き、人権意識を高めながら、差別のないことが当たり前になるような人権文化のまちを創っていきたいです。

1

 


(足でパソコン操作をしながら話される哲也さん)

 

 

 


お問い合わせ

菊池市役所 総務部 人権啓発課 人権同和啓発係
電話番号:0968-25-7209この記事に関するお問い合わせ


癒しの里 菊池

菊池市役所

所在地:〒861-1392 熊本県菊池市隈府888 電話番号:各課直通のお問い合わせ先はこちら 法人番号:2000020432105

菊池市の人口情報

[令和元年9月末日現在]
  • 人口 48,624人
  • 男性 23,322人
  • 女性 25,302人
  • 世帯 19,415世帯

トップへ戻る