癒しの里 菊池

メニュー

閉じる

言語


メインメニュー


キーワードを入力して探す


記事分類一覧から探す


担当部署から探す

会計課

議会事務局

選管事務局

農業委員会事務局

監査委員事務局

公平委員会事務局


閉じる

介護予防ミニ講座〜丈夫な骨を作るには〜

更新日:2019年12月26日

骨は古くなると壊され、新しい骨が作られます。骨は常に生まれ変わっています。骨を作る材料で最も大切な栄養素としてカルシウムが欠かせません。カルシウムは体内で合成されないため食事からとる必要があります。しかし、日本人のカルシウム摂取量は不足気味です。食事摂取基準に定められている50歳以上の男性のカルシウムの推奨量は700mg、女性は650mgです。意識して食事にとり入れましょう。

カルシウムの多い食品を積極的にとりましょう。

年齢を重ねてからもカルシウムをしっかりとれば、骨量の減少を食い止めることは可能です。乳製品や大豆製品、緑黄色野菜などを毎日の献立にとり入れましょう。

(多く含まれる食品)牛乳・乳製品・大豆製品・青菜・小魚類などカルシウムの多い食品

ビタミンDもしっかりとりましょう。

カルシウムの吸収を促し、骨へカルシウムが定着するのを助ける働きがあります。カルシウムと一緒にとりましょう。

(多く含まれる食品)魚類・卵・きのこ類などビタミンDが多く含まれる食品

たんぱく質を適量とりましょう。

適量のたんぱく質はカルシウムの吸収を高めます。

(多く含まれる食品)肉・魚・卵・大豆製品などたんぱく質の多く含まれる食品

マグネシウムも大切です。

マグネシウムはカルシウムと同様に骨を作る役割をします。カルシウムの吸収を助ける働きもあります。

 (多く含まれる食品)魚類・肉類・ほうれん草・ごまなどの種実類マグネシウムが多く含まれる食品

 

ビタミンKに注目しましょう。

ビタミンKには、骨に効率よくカルシウムを取り込ませ、骨の形成を促進する働きがあります。

(多く含まれる食品)納豆・緑黄色野菜・海藻類などビタミンKが多く含まれる食品

 


お問い合わせ

菊池市役所 健康福祉部 高齢支援課 地域包括支援係
電話番号:0968-25-7216この記事に関するお問い合わせ


癒しの里 菊池

菊池市役所

所在地:〒861-1392 熊本県菊池市隈府888 電話番号:0968-25-7111(代表)
     各課直通のお問い合わせ先はこちら
法人番号:2000020432105

菊池市の人口情報

[令和2年9月]
  • 人口 48,044人
  • 男性 23,030人
  • 女性 25,014人
  • 世帯 19,529世帯

トップへ戻る