癒しの里 菊池

メニュー

閉じる

言語


メインメニュー


キーワードを入力して探す


記事分類一覧から探す


担当部署から探す

会計課

議会事務局

選管事務局

農業委員会事務局

監査委員事務局

公平委員会事務局


閉じる

生活リズムは早寝・早起きから

更新日:2018年3月1日

文部科学省がはじめて行った子どもの睡眠と生活習慣に関する調査で、寝る直前までスマートフォンやパソコンなどを良く使う子どもが全体の52%にのぼり、そうした子どもほど日中の眠気を感じている傾向があることが分かりました。

日本小児保健協会の調査でも「夜10時以降に就寝する子ども」の割合は増えており、子どもの生活時間の夜型化の実態が明らかになっています。

平成28年度の菊池市の1.6歳児健診と3歳児健診で睡眠の状況を比較した際、年齢がすすむにつれ、就寝時間が遅くなっていることがわかります。

 比較


朝の光をキャッチしてリセット

私たちの身体にある生体時計は1日約25時間で働いています。このため、生体時計を毎朝調整する必要があり、朝の光を認識することによって生体時計の調節が行われています。

この調整が睡眠、体温、ホルモンの分泌などのリズムを刻んでいます。

特に子どもは、大人が与える環境に左右されます。

夜に浴びる光は、子どもにとって危険がいっぱい

夜の光には「メラトニン※」というホルモンを出しにくくします。

大人社会が24時間型になっても、子どもの夜更かしはNGです。子どもを大人の時間に付き合わせないようにしましょう。

また、成長ホルモンも寝ているときに多く分泌されています。

睡眠のリズムが乱れるとホルモン分泌の影響の他に、体温のリズムも乱れてしまい、午前中ボーっとしたり疲れやすくなったります。

※メラトニン:細胞を守る、規則的に眠気をもたらす、性的成熟を必要な時期まで抑えるといった作用があります。5歳までにもっとも多く分泌されます。

夜に暗くなると出てくるので、夜更かしするとメラトニンの分泌が抑えられてしまいます。

 リズム


 

睡眠習慣は心や身体の成長、学力面などに影響

睡眠不足や不規則な睡眠リズムは「イライラする」「攻撃性が高まる」「無表情になる」など情緒面に影響を与えます。また、年齢が低いと攻撃性に現れ、年齢が高いとうつ傾向が出るという調査もあります。

学校生活においては、睡眠不足で朝起きられない児童は「忘れ物が多い」「叱られる回数が多い」傾向があります。学力面でも多くのデータが示すとおり、睡眠不足と学力には関連がみられます。

また、睡眠不足は肥満になりやすいといった報告もあるなど、きちんとした眠りが子どもたちの心身の健康に影響することがわかります。

生活リズムをつけるために

早起きをしましょう

カーテンをあけて朝の光を浴びましょう

早く寝て、ぐっすり寝ましょう

なかなか眠らないときには、お昼寝を早めに切り上げてみましょう

部屋を暗くしてみましょう(真っ暗が恐ければ豆電球など)

家族の触れ合いは早起きして、朝にもちましょう

寝る前のテレビやスマートフォン、タブレット等は消しましょう

菊池市では、幼児期は午後9時までの就寝をすすめています

朝ごはんを食べましょう

朝ごはんで胃や腸が刺激されて朝の排便を促します

家族でコミュニケーションをとりましょう

食べた後の歯みがきも忘れずに!

昼間はたっぷり動く・遊ぶ!

遊びをとおして様々な「ルール」を理解できます。

体を使って動きましょう


お問い合わせ

菊池市役所 健康福祉部 健康推進課 健康推進係
電話番号:0968-25-7219この記事に関するお問い合わせ


カテゴリ内 他の記事

癒しの里 菊池

菊池市役所

所在地:〒861-1392 熊本県菊池市隈府888 電話番号:0968-25-7111(代表)
     各課直通のお問い合わせ先はこちら
法人番号:2000020432105

菊池市の人口情報

[令和2年7月]
  • 人口 48,120人
  • 男性 23,052人
  • 女性 25,068人
  • 世帯 19,548世帯

トップへ戻る