癒しの里 菊池

メニュー

閉じる

キーワードを入力して探す


言語


メインメニュー


記事分類一覧から探す


担当部署から探す

会計課

議会事務局

選管事務局

農業委員会事務局

監査委員事務局

公平委員会事務局


閉じる

令和3年度予防接種のお知らせ

更新日:2021年4月5日

令和3年度予防接種のお知らせ

子どもは生まれてから成長するまでの間に実に多くの病気にかかります。ほとんどは軽い症状で済みますが、感染症の中には症状の重いものや後遺症が心配されるものもあります。それを防ぐために免疫を作ろうとするのが予防接種です。また、予防接種のもうひとつの目的は、集団を同時に感染力の強い病気から守り、ひとりでも多くの人が受けることによって病気を根絶することです。

菊池市は、予防接種法に基づく定期の予防接種を実施しています。

令和3年度予防接種のお知らせ(PDF 約2MB)

接種費用について

菊池市に住民登録のある方が、予防接種法に基づいて、定期予防接種として定められた対象年齢内定められた間隔で接種された場合については、原則として無料です。

別のワクチンとの接種間隔の変更について(R2.10.1〜)

麻しんや百日せきのような感染症の原因となるウイルスや細菌または菌が作り出す毒素の力を弱めて予防接種液(ワクチン)をつくり、それを体に接種して、その病気に対する抵抗力(免疫)をつくることを予防接種といいます。予防接種に使うワクチンには、大別して生ワクチン、不活化ワクチンの2種類があります。

生ワクチン(生きた細菌やウイルスの毒性を弱めたもの)

麻しん、風しん、BCG、水痘

不活化ワクチン(細菌やウイルスを殺し免疫を作るのに必要な成分を取り出して毒性をなくして作ったもの)

ジフテリア・百日せき・破傷風、ポリオ、日本脳炎、ヒブ、小児用肺炎球菌、子宮頸がん、B型肝炎

※従来は、生ワクチンなら接種してから27日以上、不活化ワクチンなら接種してから6日以上の間隔をあけないと異なるワクチンを接種することが出来ませんでしたが、定期接種実施要領の改正に伴い、令和2年10月1日からその制限が一部緩和されることになりました。

今後は、注射の生ワクチンを接種し、次に異なる注射の生ワクチンを接種する場合は、27日以上の間隔をあけなければなりませんが、その他のワクチンについては制限がなくなりました。

※ただし、あくまでも異なるワクチン間での接種間隔についてですので、同一ワクチンを複数回接種する際の接種間の制限は従来通りとなります。ご注意ください。

接種間隔


接種間隔について(PDF約579KB)


追加情報

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

菊池市役所 健康福祉部 健康推進課 健康推進係
電話番号:0968-25-7219この記事に関するお問い合わせ


癒しの里 菊池

菊池市役所

所在地:〒861-1392 熊本県菊池市隈府888 電話番号:0968-25-7111(代表)
各課直通のお問い合わせ先はこちら
法人番号:2000020432105

菊池市の人口情報

[令和3年4月]
  • 人口 47,731人
  • 男性 22,891人
  • 女性 24,840人
  • 世帯 19,649世帯

トップへ戻る