癒しの里 菊池

メニュー

閉じる

キーワードを入力して探す


言語


メインメニュー


記事分類一覧から探す


担当部署から探す

会計課

議会事務局

選管事務局

農業委員会事務局

監査委員事務局

公平委員会事務局


閉じる

令和3年度菊池市子ども議会を開催しました!

更新日:2021年9月24日

令和3年度菊池市子ども議会を開催しました!

令和3年8月5日(木)、菊池市議会議場において、子ども議会を開催しました。

昨年度はコロナ禍のため開催できませんでしたが、今年は、感染防止のための必要な対策を行った上で開催しました。

委嘱状交付式

菊池市役所305会議室で、子ども議員としての委嘱状を江頭市長から交付しました。

交付式1

委嘱状交付式の様子


交付式2

江頭市長から委嘱状が交付されました。写真は菊池北中学校です。

委嘱状の交付を受けて、子ども議員の表情がより引き締まったように感じられました。


 

泗水中学校

1.コロナ禍の災害対策について〜菊池市の災害対応マニュアルの作成〜

泗水中1

松崎純大議員、大和田未来議員が提案しました。


提案の要旨

今後の災害問題に目を向けた時に、自分たちのまちで、新型コロナウイルスへの対応を含めた災害対策や避難所運営がどのように考えられているのか分かりません。そこで、菊池市独自の災害対策マニュアルを作成することによって、実際の災害発生時や、訓練の時にも役立てることができます。私たち若い世代の災害への更なる意識向上のためにも、ぜひ市独自の災害対策マニュアルの作成をご検討ください。

答弁の要旨(答弁:総務部長)

本市では、避難所運営マニュアルを作成しており、コロナウイルス対策を含めてこのマニュアルに基づいて避難者の安全な避難に努めています。

また、市民の皆様が避難の必要性を判断するために必要な情報を適時・的確に発信していきますので、今自分が避難が必要か、避難するべき場所がどこなのか、などについて、日ごろから周りの人たちと話し合っていただければと思います。

そして、近年の災害の頻発化、激甚化に対して、行政だけでの対策(公助)では限界があることから、周りの人同士で助け合う「共助」が大切になってきます。市では、防災士の育成と、その防災士と自主防災組織の連携による災害復旧活動、避難所運営支援の体制づくりを目指しており、中学生の皆さんにもその一翼を担っていただければと思います。

 

2.菊池に住みたい!人口を増やすため〜子どもにも分かる「菊池市まち・ひと・しごと創生総合戦略」の作成について〜

泗水中2

山本睦光議員、三由友里恵議員が提案しました。


提案の要旨

平成28年に策定された「菊池市まち・ひと・しごと創生総合戦略」は、情報量が多く、文字数も多いので中学生には少し難しく感じます。将来を担う私たち中学生が、今の菊池市の取り組みをもっと理解し、菊池市の魅力を発信することができるようにするためにも、菊池市の広報やホームページに「キッズページ」を作成していただき、そこで分かりやすい「菊池市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を掲載していただきたいと考えます。

答弁の要旨(答弁:江頭市長)

市の広報については、中学生にも分かるような表現や言葉遣いを心がけて作成しています。キッズページの作成については、ページ数のこともあり広報には難しいですが、ホームページにおいては、より多くの若い人たちが菊池市を知ってもらう機会にもなるので、前向きに検討していきます。

 

集合写真

子ども議会を終えての感想
  • 市が色々な取り組みをされていることがよく分かった。
  • 菊池市は私たちが創っている、ということを実感できた。
  • 子ども議会を通じて菊池市のことを色々調べて、分かったことがたくさんあった。
  • 緊張したけど、充実した時間を過ごせた。

 

菊池南中学校

1.菊池市内中学校における制服の選択制について

南中1

有働真未議員、宮崎莉瑚議員が提案しました。


提案の要旨

私たちの中学校で制服に関するアンケートを行ったところ、特にスカートについて、掃除中や自転車運転の時に動きにくい、などの意見が多く出ました。近年、世の中では「ジェンダーレス制服」として制服の選択制を採用している学校が増えています。菊池市でも、早期の制服の選択制を採用していただくようお願いします。

答弁の要旨(答弁:教育部長)

教育委員会としては、制服の選択制はあって良いと考えており、各中学校で積極的に話し合いをしていただくようにお願いしています。

ただ、制服を選択制にする場合、それにかかる費用を保護者の皆様にご負担いただかなければならなくなることから、生徒、保護者、学校の皆様でしっかりと議論していただき、合意していただくことが必要であると考えています。

 

2.コロナ禍でも菊池市を盛り上げたい「活気あふれる菊池に」

南中2

堤理斗議員、宮崎快議員が提案しました。


提案の要旨

コロナ禍で菊池市を訪れることができない人たちのために、菊池市の観光スポットやグルメを楽しめるVRツアーを制作して動画サイトに投稿してはどうでしょうか。そしてその動画に菊池市にゆかりのある有名人、例えば私たち菊池南中の卒業生には「3時のヒロイン」の「ゆめっち」さんがいます。このような方に出演していただいたり、PR大使として活動していただいてはどうでしょうか。

答弁の要旨(答弁:経済部長)

ご指摘の通り、コロナ禍による生活の激変は、観光を大きな柱としている本市にも大きな影響があり、観光客は激減しています。

 そのような状況を踏まえてのご提案ですが、今年の3月に菊池市物産振興協会が作成したDVDがあり、菊池渓谷や「松風」「ゆべし」などの地元銘菓、また茶畑、牧場などの風景が収録されています。現在は観光物産館での放送ですが、市外の方むけとして動画サイトへの投稿なども物産振興協会と相談したいと考えます。

有名人のPR大使については、費用対効果も含めて今後検討していきます。

 

南中集合写真

子ども議会を終えての感想
  • 議会の仕組み、流れが分かって良かった。
  • 菊池の未来を考えていくきっかけになった。
  • 自分たちも菊池市の良いところを残し、次世代につないでいきたい。
  • 実際に議場でおこなった質問や提案は、とても貴重な経験になった。

 

七城中学校

1.Zoomを使おう コロナ禍でも国際交流!

七城中1

隈部千代乃議員、上田竜嘉議員が提案しました。


提案の要旨

私たち七城中学校は現在、鹿児島県の龍郷町立龍南中学校と交流しており、また以前は韓国とも交流を兼ねて修学旅行に行っていました。

しかし、現在はコロナ禍のため交流が難しくなっているので、私たち中学生に配付してある一人一台タブレットを使って、Zoomアプリなどで現地の方々と交流することで、お互いのPRなどを通して国際交流を知ることにつなげることができるのではないかと提案します。

答弁の要旨(答弁:江頭市長)

中学生が現地の方々と交流する機会は、異文化への理解や国際感覚を養ううえでも非常に効果的であると考えています。

コロナ禍という状況を踏まえてのZoom等を利用した交流という提案は、とても有効であると思いますので、今後前向きに検討していきます。

また、コロナ禍が落ち着いた後も、様々な形での中学生の交流機会について友好都市と協議していきます。

 

2.市民も観光客も納得する市「菊池市!」にするために

七城中2

中川夏帆議員、平井瑛太議員が提案しました。


提案の要旨

菊池市の都市計画は、中心部に機能が集中しており、七城に住む私たちからは少し遠く感じます。これから進める都市計画は市民が主役となり、市民が菊池のことをもっと好きになって、魅力を発信できるような計画であることを望みます。

そこで、郊外部での取り組みとして七城にある「七城温泉ドーム」「七城メロンドーム」の活用、また、中心部においては以前描かれていたシャッターアートの再生、そして、これからの都市計画にあたっては市の特性でもある緑を活かした計画にすることを提案します。

答弁の要旨(答弁:建設部長)

平成22年度に策定された「菊池市都市計画マスタープラン」において、七城地域の目指す将来像として農業環境や生活環境基盤の充実などが掲げられています。

その中で、日本一のコメ作りの取り組み、西郷南洲公園整備、亀尾城址公園整備や鴨川河畔公園・七城総合グラウンドの改修、菰入橋の架け替えなどによって生活環境が充実・改善され、地域住民の満足度の向上につながっております。これらの魅力を活かしながら、温泉ドーム、メロンドームの集客にも結びつけ、七城地域の更なる魅力あるまちづくりを進めていきます。

また、中心部の活性化については、ご提案にもありました緑を活かしたまちづくりとして、「森まち」「花まち」「川まち」と銘打った取り組みを進めていますので、皆様もご協力をお願いします。なお、シャッターアートにつきましては、このまちづくりの取り組みの中での選択肢の一つとして検討していきます。

 

七城中集合写真

 

子ども議会を終えての感想
  • 子ども議会への参加を通して、菊池市の良さや現状に改めて気づくことができた。
  • 緊張感の中で提案できたことに誇りを感じ、自信につながった。
  • 自分たちの意見を市に訴えてみて、菊池市の「これから」に期待できると感じた。
  • もっと勉強して、知識を得たいと思った。



 

旭志中学校

1.将来世代が「ふるさと」で生き生きと活躍できる菊池市を目指して

旭志中1

岩根瑛汰議員、岡島香羽議員が質問しました。


質問の要旨

3年になると、社会の公民分野で経済を学習しますが、私たちの将来を考えた時に、菊池市の財政が年々厳しくなっていることに不安を感じました。特に自主財源が減少する傾向があるなかで私たちは「市債」に注目しました。市債は市の借金なので、私たちは、理想として「市債発行ゼロ」を望みたいと思います。そのためには自主財源を確保・増大することがとても重要なので、市債を減らし、自主財源を増やすための市の取り組み、特に「ふるさと納税」の取り組みについて教えてください。

答弁の要旨:市債と自主財源の確保(答弁:総務部長)

市債は確かに借金ですが、その返済を世代間で均等に分けることができる役割もあり、市としては計画的・効果的に使うことに努めています。そのほか、事業の内容に応じて合併特例事業債など有利なものを使い分けています。

一方で自主財源の確保については、移住定住や企業誘致などを積極的に進めることで住む場所、働く場所の確保に努め、一定の成果が上がっていますので、引き続き力を入れて取り組んでいきます。

答弁の要旨:ふるさと納税(答弁:政策企画部長)

ふるさと納税については、菊池市では「がんばるふるさと菊池応援寄附金」という名称で募集しています。特に今年度からは返礼品の拡充に努めており、これまでは食品のみでしたが、旅館の宿泊券や体験チケットなど、ジャンルを増やしています。

今後も、返礼品の魅力アップに努め、新規寄附者やリピーターの確保や、菊池市出身、また市に縁ある方々によるふるさと納税による自主財源の確保につなげ、将来世代の方々が生き生きと活躍できる菊池市の実現を目指します。

 

2.必要な情報がすべての市民にいきわたるようにするための方法とは

旭志中

岩根莉桜菜議員、山東星斗議員が質問しました。


質問の要旨


学校で友達との話の中で「ひとり親への支援制度はあるけれど、共働きでも生活の厳しい家庭への支援はなぜないのだろう。」ということが話題になり、ホームページなどで調べると色々な支援制度があることは分かりましたが、私たちにとっては、表現が複雑で言葉も難しく、分かりにくい内容でした。

そこで、共働きでも生活の厳しい家庭への支援制度、また、必要な情報が素早く正確に届くために「菊池市デジタル課」を創設する考えはないか、という2点を質問します。

答弁の要旨:支援制度(答弁:健康福祉部長)

菊池市では、「生活困窮者自立支援事業」や「生活保護」を実施し、相談や申請に対応し、その状況に応じて支援しています。

生活困窮者自立支援事業は、コロナ禍などによる経済的な問題、また借金、引きこもりなど、日常生活でいろいろな悩みを抱えている方々について、専門の相談員が対応し、それぞれの内容に応じた自立プラン作成による自立支援を行っています。

生活保護については、世帯の収入と国が定める最低生活費を比較して該当の有無を決定し、必要に応じた支援を行っています。

答弁の要旨:デジタル課の創設(答弁:政策企画部長)

菊池市ではこれまでにも「きくち防災・行政ナビ」「菊池市ごみ分別アプリ」「菊池市公共施設予約システム」など、デジタル化を進めていますが、市民全体への認知度の向上を進めていく必要があります。

このため、よりデジタル化を進めていくための市役所内の体制づくりに努め、将来的には、スマートフォンやホームページから来庁予約や様々な手続き、申請が行える「デジタル市役所」を目指していきます。

 

旭志中

子ども議会を終えての感想
  • 特別な場所での特別な体験はこれからの自信につながった。
  • これからも市をよくするための提案を続けたい。
  • 市民の一人としてできることを考えながら生活していきたい。
  • 税のことをもっと勉強したい。

 

菊池北中学校(令和3年度議長校)

 

議長

議長を務めた赤星宗明さん。

議員からの質問、提案と、それに対する市執行部からの答弁を調整しながら、上手に進行しました。

 



1.一人一台タブレット化のなかでの教科書タブレット化の提案

菊池北中

宇野木港太議員、渡辺悠斗議員が提案しました。


提案の要旨

私たちの菊池北中学校は校区がとても広く、山間部からの登校も多いです。そのため教科書、部活の道具など荷物が多いと通学の負担が大きいので、教科書のタブレット化による負担軽減、ペーパーレス化を図ってはいかがでしょうか?

答弁の要旨(答弁:音光寺教育長)

調査では、日によっては登下校時の荷物が10kgを超えることもあったとの報告があっており、教育委員会としても、持ち帰り品リスト(置き勉リスト)の見直しやより詳細な実態調査による改善をお願いしています。

なお、教科書のタブレット化については、文部科学省の取り組みとして全国的には一部試験的に導入しており、その成果によって本格導入の是非を検討される予定です。

 

2.人に優しいまちづくりを目指した買い物代行サービスの提案

菊池北中

田中希空議員、山口波音議員が提案しました。


提案の要旨

高齢者による運転中の誤操作を原因とする事故のニュースを見ることがよくあります。しかし、山間部で生活されている高齢者の方々は車を使うしかなく、免許返納と言われても難しいことから、今後も事故が起こりうる可能性は考慮しなければなりません。

そこで、市とタクシー会社との連携による買い物代行サービスにより、高齢者の負担軽減とタクシー利用頻度の増加という双方のメリット、また高齢者の見守りにもつながるので、検討をお願いします。

答弁の要旨(答弁:健康福祉部長)

現時点では、菊池市と市内タクシー事業者との連携による買い物代行サービスを実施する予定はありません。

ただ、要介護者に対する介護保険サービスとしての買い物支援サービス、また有償ボランティアによる買い物支援サービスはすでに取り組んでおります。

また、市の第3セクター等では、中山間地を中心に移動販売も行われています。

高齢により免許を返納しても住み慣れた地域で安心して生活していただけるよう、買い物支援を含めて様々な生活支援を行っていきます。

 

菊池北中

子ども議会を終えての感想
  • 緊張したが、終わってみると、やり切った気持ちでいっぱいになった。
  • 子ども議会で学んだことを普段の生活に生かしていきたい。
  • 菊池市の様々な取り組みを知ることができて良かった。
  • もっと菊池市のことを知りたいと思った。
  • 子ども議会を通して色々なことを話し合い、得られた仲間との一体感が大切な思い出になった。

 

菊池市議会・猿渡美智子副議長からの講評

講評

子ども議員の皆さんの着眼点と、そこから掘り下げて質問や提案につなげていく能力の高さに驚かされました。

これからも学びを続けて、将来の菊池市を支える素晴らしい人財に成長してください。


 

子ども議員全員の集合写真

集合写真

この子ども議会に参加したことを機に、菊池市のことにもっともっと関心をもっていただきたいと思います。

ここに参加できなかった生徒の皆さんも、記録動画で視聴することができます。

菊池市をより良くするため、これからも菊池市への提案をお願いします。




 

 


 

 

 


お問い合わせ

菊池市役所 教育委員会 生涯学習課 社会教育係
電話番号:0968-25-7232この記事に関するお問い合わせ


癒しの里 菊池

菊池市役所

所在地:〒861-1392 熊本県菊池市隈府888 電話番号:0968-25-7111(代表)
各課直通のお問い合わせ先はこちら
法人番号:2000020432105

菊池市の人口情報

[令和3年9月]
  • 人口 47,589人
  • 男性 22,863人
  • 女性 24,726人
  • 世帯 19,656世帯

トップへ戻る