癒しの里 菊池

メニュー

閉じる

言語


メインメニュー


キーワードを入力して探す


記事分類一覧から探す


担当部署から探す

会計課

議会事務局

選管事務局

農業委員会事務局

監査委員事務局

公平委員会事務局


閉じる

国民健康保険税

更新日:2019年5月24日

国民健康保険税は、年度ごとの医療費等の総額を推計し、国の補助金などを差し引いた額を保険税として各世帯に割り当てるものです。職場の健康保険(社会保険)に加入している人、生活保護を受けている人以外は国民健康保険に加入しなければなりません。病気やけがをした時、安心して医療を受けるための貴重な財源ですので、納期内納付にご協力ください。

令和元年度国民健康保険税の税率

法律の改正により医療分の課税限度額が変更になりました

◎税額=医療分+後期高齢者支援金分+介護分(40歳〜64歳までの人のみ)

表:令和元年度国民健康保険税の税率
区分 医療分 支援金分 介護分(40〜64歳)

所得割(前年中の所得に応じて)

(前年中の※課税対象所得 - 基礎控除33万円) × 8.0%

(前年中の※課税対象所得 - 基礎控除33万円) × 2.5%

(前年中の※課税対象所得 - 基礎控除33万円) × 2.0%

均等割(加入者一人あたり)

28,000円

7,800円

10,000円

平等割(一世帯あたり)

25,000円

7,500円

7,000円

課税限度額

610,000円(改正後)

580,000円(改正前)

190,000円

160,000円

課税対象所得:地方税法第314条の2第1項に規定する総所得金額、山林所得金額、土地・建物等に係る長期・短期譲渡所得の金額、土地等に係る事業所得等の金額及び長期・短期所有の土地等に係る事業所得等の金額並びに株式等に係る譲渡所得の金額

○所得割の算定では、以下の控除以外の控除は認められません。

 ・純損失の繰越控除

 ・青色事業専従者控除、事業専従者控除

 ・土地建物等の短期、長期譲渡所得等の特別控除

○介護分は、65歳からは国民健康保険税とは別(介護保険料)になります。

 介護保険制度については以下のリンク先の記事をご覧ください。

介護保険制度のあらまし

国民健康保険税の納期は8期です

普通徴収 (納付書納付・口座振替)の人は下表のとおり、年間の税額を8期にわけてお支払いしていただきます。納付書の人には7月に1年間分の納付書をまとめて送付します納期ごとにお支払いください。口座振替の人は毎月25日ごろ口座から引き落としがあります。

表:令和元年度期別納期限
期別 納期限 口座振替日
第1期 7月31日 7月25日
第2期 9月2日 8月26日
第3期 9月30日 9月25日
第4期 10月31日 10月25日
第5期 12月2日 11月25日
第6期 12月25日 12月25日
第7期 1月31日 1月27日
第8期 3月2日 2月25日
ご注意ください!

納期ごとの税額は、その月の1ヶ月分の国民健康保険税ではありません。

国民健康保険税は、1年分(4月から翌年3月まで)の合計額を8回に分けています。そのため、納期ごとの税額は、その月の1ヶ月分の国民健康保険税ではありません。(7月に納める額が、7月1ヶ月分ではありません。)

特別徴収(年金天引き)について

平成20年10月から地方税法の改正により国民健康保険税の特別徴収(年金天引き)が始まりました。次のすべてに該当する方は、年金からのお支払いとなります。

  1. 世帯主が国民健康保険加入者であること。
  2. 世帯の国民健康保険加入者全員が65歳から74歳までの世帯であること。
  3. 年金天引きの対象となる年金の年額が18万円以上であり、国民健康保険税と介護保険料を合わせた額が2分の1を超えないこと。(複数の年金を受給されている場合の天引きとなる年金には優先順位があります。)
特別徴収の徴収月
  • 仮徴収:4月、6月、8月
  • 本徴収:10月、12月、翌年2月

 

国民健康保険税の税額は、世帯の所得が関係するため所得が確定しないと年間保険税額は確定しません。そのため仮徴収と本徴収という仕組みをとっています。

仮徴収

前年中の所得が確定していないため、原則として4・6・8月分は、前年度年税額を特別徴収期割数の6回で割った額か前年度の最後(2月)に特別徴収された額となります。

本徴収

確定した年税額から4・6・8月分を除いた金額を、10・12・2月の3回に分けて天引きします。

※世帯構成の変更や保険税額の変動があった場合、特別徴収から普通徴収へ切り替わることがあります。

※年金天引きではなく口座振替をご希望の方は、申出書の提出により口座振替に変更できます。(国民健康保険税に未納がある場合を除く)

納税義務者は世帯主です

国民健康保険税の納税義務者は世帯主になります。加入者一人ひとりが納税義務者になるのではありません。世帯主が国保の加入者でない場合でも家族の中に国保の加入者がいる場合は、納税の義務を負うことになります。このような国保の加入者ではない世帯主のことを「擬制世帯主(ぎせいせたいぬし)」といいます。納税通知書や更正決定通知などの全ての通知は、世帯主または擬制世帯主あてに送付されます。

軽減の適用(所得や世帯員数による)

所得が一定基準以下の場合は下表のとおり、均等割、平等割についてのみ、7割・5割・2割の軽減措置があります。ただし、擬制世帯主を含む国保加入者に未申告の人がいる場合は軽減の判定ができませんので、必ず所得の申告をお願いします。


法律の改正によって、軽減の基準額が見直され、5割軽減と2割軽減の対象世帯が拡大されました。
(7割軽減については変更がありません)

(注) 軽減判定所得には被保険者全員の所得に加えて、擬制世帯主の所得も含まれます。

表:令和元年度軽減措置
割合軽減額が適用される条件

7割軽減

国保加入者と特定同一世帯所属者の所得の合計が33万円以下の場合

5割軽減(改正後)

擬制世帯主及び国保加入者と特定同一世帯所属者の所得の合計が
33万円+〔28万千円×(国保加入者数、特定同一世帯所属者数)〕以下の場合

5割軽減(改正前)

擬制世帯主及び国保加入者と特定同一世帯所属者の所得の合計が

33万円+〔27万5千円×(国保加入者数、特定同一世帯所属者数)〕以下の場合

2割軽減(改正後)

擬制世帯主及び国保加入者と特定同一世帯所属者の所得の合計が

33万円+〔51万円×(国保加入者数、特定同一世帯所属者数)〕以下の場合

2割軽減(改正前)

擬制世帯主及び国保加入者と特定同一世帯所属者の所得の合計が

33万円+〔50万円×(国保加入者数、特定同一世帯所属者数)〕以下の場合

※特定同一世帯所属者とは後期高齢者医療制度の適用により国民健康保険の資格を喪失された人で、その喪失日以降も継続して同一の世帯に所属する人。

所得の申告をお忘れなく

 国民健康保険税の所得割は前年の所得をもとに計算されますので、未申告の方は早めに申告をお願いします。税額の軽減判定や高額療養費支給額の判定などが正確に行えませんので必ず申告してください。

後期高齢者医療制度に伴う軽減措置

後期高齢者医療制度に移行した方も軽減判定に含めます。

国民健康保険から後期高齢者医療制度に移行することにより世帯の国民健康保険の被保険者でなくなった方がいる場合に、同様の軽減措置を受けることができるよう、軽減措置の適用判定の際に後期高齢者医療制度に移行した方も含めて軽減の判定を行います。

平等割額が軽減されます。

後期高齢者医療制度の創設に伴い、後期高齢者医療制度に該当した方が国民健康保険から後期高齢者医療制度に移行することにより国民健康保険の被保険者が1人になる世帯について、5年間「特定世帯」として平等割額が2分の1軽減になります。5年経過後は、その後3年間「特定継続世帯」として平等割額が4分の1軽減になります。

平等割額が軽減されるという内容を図であらわした画像


平成31年4月から特定世帯に該当した場合

平成31年4月から特定世帯に該当した場合の対応について図であらわした画像


令和元年度〜令和5年度まで:「特定世帯」として平等割額の2分の1を軽減します。

令和6年度〜令和8年度まで:「特定継続世帯」として平等割額の4分の1を軽減します。

社会保険等から後期高齢者医療制度へ移行した場合の被扶養者の軽減について

会社の健康保険などから後期高齢者医療制度に移行することにより、その被扶養者である65歳から74歳の方が新たに国民健康保険に加入することになる場合は、申請により国民健康保険税の軽減がうけられます。

「資格喪失証明書」等の社会保険等の被扶養者であったことを証明する書類と印かんを持参されて、本庁健康推進課または各支所の市民生活係の窓口で申請してください。

非自発的理由(倒産・解雇等)で失業された人の軽減措置

対象者(以下の3つの条件を全て満たしている人)
  1. 平成21年3月31日以降に離職
  2. ハローワーク発行の「雇用保険受給者資格者証」をお持ちで、「離職年月日 理由」欄の理由コードが「11、12、21、22、23、31、32、33、34」のいずれかの場合
  3. 離職日時点で65歳未満
軽減額

前年給与所得を30/100とみなして税額計算 (給与以外の所得は対象外)

軽減期間

離職の次の日から翌年度末まで

申請方法

「雇用保険受給資格者証」と印かんを持参されて、本庁健康推進課または各支所の市民生活係の窓口で申請してください。

熊本地震にかかる減免

平成28年4月に発生した熊本地震により平成28年度の国民健康保険税及び平成29年度の上期分(4月分から9月分に相当する保険税)について「罹災区分」等に応じて減免を実施いたします。

詳細につきましてはお問合せください 。

異動届(届出をお忘れなく!)

国民健康保険税は、毎年4月1日現在国保に加入している人に課税されます。ただし、年度の途中で異動(転入・転出、出生、死亡、社会保険加入・喪失など)があった場合は、本庁健康推進課または各支所の市民生活係で手続きをしていただく必要があります。

届出による異動に伴い国民健康保険税の税額に増減が生じたときは、再度月割計算してお知らせします。

加入者の届出が遅れた場合、資格を得た時点までさかのぼって保険税を納めなければなりません。届出をするまでは保険証がないため、その期間の医療費は、全額自己負担となります。このようなことがないよう、2週間以内に手続きをしてください。


お問い合わせ

菊池市役所 健康福祉部 健康推進課 国民健康保険係
電話番号:0968-25-7218この記事に関するお問い合わせ


癒しの里 菊池

菊池市役所

所在地:〒861-1392 熊本県菊池市隈府888 電話番号:各課直通のお問い合わせ先はこちら 法人番号:2000020432105

菊池市の人口情報

[令和元年9月末日現在]
  • 人口 48,624人
  • 男性 23,322人
  • 女性 25,302人
  • 世帯 19,415世帯

トップへ戻る