蒙古襲来絵詞に描かれた雄姿 竹崎季長の「憧れの人」十代菊池武房。激闘の後、加速する反幕感情。

「涼しくこそ見え候え」。 日本史の教科書でもお馴染みの『蒙古襲来絵詞』。鎌倉時代に起こった2度の蒙古襲来(元寇)の様子を描いたこの絵巻物の中で、主人公である竹崎季長から、こう語りかけられた人物がいます。 菊池一族の10代武房です。
場面は、恐ろしい蒙古(モンゴル)の兵たちを次々に倒して引き揚げてきた武房の、勇ましいながらも洗練された姿に、季長が思わず声をかけた、という一コマ。
『憧れの人』として描かれた武房は、この日本侵略の危機とも言える戦いで、どのような役割を果たしたのでしょうか。
今回の特集は、蒙古襲来と菊池一族の関係について迫ってみます。

日本侵略の危機。蒙古襲来(元寇)とは

鎌倉時代の中ごろ、中国では元のフビライ=ハンがアジア全域への勢力の拡大に意欲を燃やし、朝鮮半島の高麗に続いて日本も従属させようと使者を送っていました。しかし… 詳しく見る

猛将 武房の奮戦 文永の役

日本侵略を決意した元は、1274年(文永11)年10月5日対馬を制圧し、続けて壱岐を襲い、ついに同月20日博多湾西方から九州上陸を開始します。襲い来る元軍に対し… 詳しく見る

元軍、再び 弘安の役

1281(弘安4)年、元軍は再び九州へと攻め寄せました。『蒙古襲来絵詞』は竹崎季長が6月8日、生の松原にて武房と再会したことを伝えています。生の松原には… 詳しく見る

蓄積する反幕感情 恩賞問題とその後

侵略は免れたものの、鎌倉幕府には大きな課題が残っていました。恩賞問題です。当時鎌倉幕府は、幕府のために働いてくれた御家人に対し敵から没収した土地を与えて… 詳しく見る