歴史に名を刻んだ男達

その黎明期において、大きな繁栄を誇っていた菊池一族。
しかし歴史の波に揺さぶられ、かつての広大な領地はつぎつぎに削り取られていきました。
領地回復を目論んで奮闘する歴代当主たちの物語をお届けします。

第10代当主 菊池武房

鬼だろうと蒙古だろうと、切って倒せば同じことだ。この国を踏みにじることは俺が許さん。 詳しく見る

第12代当主 菊池武時

お前は帰れ。俺が征ったとアイツに伝えてくれ。お前は生きるんだ。 詳しく見る

第13代当主 菊池武重

敵は三千。だが恐れるな!われら千人必ず生きて戻るのだ。 詳しく見る

第15代当主 菊池武光

どこを向いても向かい風とは上等だ。俺がやる。 詳しく見る

第17代当主 菊池武朝

利己主義の年寄共が邪魔ばかりする。正しいものを求めて一体何がいけない? 詳しく見る