緊急情報はありません

新型コロナウイルス感染症は「5類感染症」に変更となりました。

2023年10月13日

 令和5年5月8日から、新型コロナウイルス感染症の感染症法上の位置づけが、季節性インフルエンザと同じ「5類感染症」に変更となりました。

 今後、感染対策については、次のポイントを踏まえ、自主的に行っていただくようお願いします。

 表:感染対策について 
マスクの着用 

  • 着用は個人の判断に委ねることを基本
  • 医療機関受診時や高齢者施設等訪問時、混雑した電車・バス乗車時は、着用を推奨
手洗い等の手指衛生 

  • 基本的な感染対策として、引き続き有効
換気 

  • 基本的な感染対策として、引き続き有効
「三つの密」の回避、人と人との距離の確保 

  • 流行期において、重症化リスクの高い方は、感染防止対策として有効

  発熱などの症状がある場合は、まずはかかりつけ医等の医療機関や「受診相談専用ダイヤル」に電話でご相談ください。療養中に体調が急変した場合は、「健康相談専用ダイヤル」に電話でご相談ください。(緊急性の高い場合は、119番に電話してください。)

  • 受診相談専用ダイヤル 0570-096-567
  • 健康相談専用ダイヤル 050-3385-9120


新型コロナウイルス感染症への対応 チラシ画像  

































新型コロナウイルス感染症に関する医療費及び検査費用は、原則自己負担となります。

また、感染者や濃厚接触者の行動制限がなくなりますので、療養期間については、次の情報を参考に、各自ご判断いただきますようお願いします。

国が推奨していること
  • 発症後5日間を経過し、かつ、症状軽快から24時間経過するまでの間は外出を控える。
  • 発症後10日間が経過するまでは、マスクの着用や高齢者等のハイリスク者との接触は控える。


詳しくは熊本県のホームページをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症・ワクチン情報 - 熊本県ホームページ (pref.kumamoto.jp) 

トップへ戻る