○菊池市消防団消防ポンプ自動車及び積載車の使用管理及び消防団員の服務等に関する規程
平成17年3月22日
訓令第65号
(趣旨)
第1条 この規程は、菊池市消防団の消防ポンプ自動車及び積載車(以下「消防車等」という。)の使用管理及び団員の服務等に関し必要な事項を定めるものとする。
(消防車等の管理)
第2条 消防車等の維持管理は、各班が行うものとする。
(消防車等の点検、整備)
第3条 班長は、団員を一定期間ごとに消防車等の操作要員に割り当て、始動走行の点検及び機械器具の点検整備を行わせなければならない。
(消防車等の使用)
第4条 消防車等は、火災その他災害発生時など緊急な場合を除き、これを使用してはならない。ただし、消防団の行事その他前条の規定による消防車等の維持管理に必要な点検整備などで班長が必要と認めた場合は、この限りでない。
(団員の服務等)
第5条 団員の服務等は、菊池市消防団規則(平成17年菊池市規則第160号)に規定するもののほか、次に定めるところによる。
(1) 団員は、班長の指揮により消防車等の操作班を編成するとともに、操作に遺憾なきよう訓練に努めなければならない。
(2) 班長は、毎月1回以上団員を招集し、規律訓練を行うとともに必要に応じ操法、放水等の訓練及び消防水利の現況把握等、災害の防御に必要な諸般の訓練を行わなければならない。
(火災発生時の出動要領)
第6条 団員は、市内に火災が発生した場合は、直ちに消防車等に乗車し、火災現場に出動しなければならない。
2 班長があらかじめ指定した団員は、直接火災現場に出動し、消防水利など現場の状況により消防車等の配置場所を定めておくとともに消火態勢を整え、消防車等が現場に到着したとき、操作に支障を来さないよう待機していなければならない。
3 市外に火災が発生した場合は、当該市町村から出動要請があったとき、又は火災の状況を判断して出動するものとする。要領は、前項に準ずるものとする。
(消防日誌)
第7条 消防車等を操作した団員は、その状況を消防日誌に記帳し、班長に報告しなければならない。
附 則
この訓令は、平成17年3月22日から施行する。