前のページに戻る

記事の詳細

11月は畜産環境月間です

更新日:2017年11月9日

平成16年11月1日の「家畜排せつ物の管理の適正化及び利用の促進に関する法律」施行を機会に、熊本県では11月を畜産環境月間と定めて、畜産環境保全に努めるように呼びかけています。

法に定める管理基準の適用を受ける飼養規模は次のとおりです。
牛、馬は10頭以上、豚は100頭以上、鶏は2,000羽以上

これらに該当する方は、次の事項を遵守する必要があります。
なお、管理基準以下の経営においても適正に管理することが必要です。

★堆肥・尿処理施設の床を不浸透性材料(コンクリートやビニールなど)で整備し、堆肥施設等には適当な被覆や側壁等を設けること。

★堆肥化処理施設等は定期的な点検、補修、維持管理を行うこと。

★家畜排せつ物の発生量や処理について記録をつけること。

畜産業において、家畜排せつ物の適正な管理は義務であり、地域に理解される畜産経営を目指しましょう。

畜産環境への苦情の半数は、悪臭発生によるものです(下記の熊本県内苦情発生件数参照)。悪臭対策は畜舎からのふん尿の早期搬出や畜舎内外の清掃、圃場での散布後の速やかな耕起を行うなど、家畜の飼養・生産に伴う悪臭を防止、低減させる取組が重要です。

県では関係団体と連携して熊本県耕畜連携推進協議会を設置し、家畜排せつ物の適切な管理を通じて生産された、良質な堆肥の情報等を提供するなど、環境保全型農業や耕畜連携を推進しています。詳しくは、協議会HP「くまもと堆肥ネット」をご参照ください。

苦情発生件数グラフ

 

 


問い合わせ先





お問い合わせ

菊池市役所 経済部 農政課 畜産係
電話番号:0968-25-7221この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


おすすめのコンテンツ

  • 菊池市災害支援ネットワーク
  • 菊池の地域おこし協力隊
  • くらしの便利帳
  • ふるさと菊池を応援「東京菊池会」
  • 菊池市のふるさと納税がウェブで簡単にできます!
  • 菊池世界一プロジェクト大成功!世界一長い流しソーメンの記録「3,328.38m」達成しました!
  • 菊池市プチ伝説
  • いっぷく!姉妹都市
  • 菊池動画ちゃんねる
  • 菊池の公共交通網
  • 観光大使リポート
  • 菊池パンフレット
  • リンク集
  • 菊池市図書館
  • 菊池市生涯学習センター準備室の公式Facebookページ
  • 『きくち歩き愛です』のご紹介

広告欄バナー広告についてのお問い合わせはこちら

  • 美少年バナー
  • たびらい熊本レンタカー予約(熊本県菊池市)