前のページに戻る

記事の詳細

名義人が死亡又は団地から転居したときの手続きは?

更新日:2014年3月3日

名義人が亡くなったり、離婚等で転出した場合は、同居していた親族も退去し、住宅を明け渡さなければなりません。ただし、やむを得ない事情で引き続き入居したい場合は、「市営住宅承継承認申請」が必要です。

※承認できる親族(原則として、名義人の配偶者、高齢者、障害者等で特に居住の安定を図る必要がある者)の範囲が限られています。

※家賃の滞納があったり、収入基準を超えていると承認できません。

関連リンク

追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは菊池市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

菊池市役所 建設部 都市整備課 住宅係
電話番号:0968-25-7243この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

カテゴリ内 他の記事


おすすめのコンテンツ

  • 菊池市災害支援ネットワーク
  • 菊池の地域おこし協力隊
  • くらしの便利帳
  • ふるさと菊池を応援「東京菊池会」
  • 菊池市のふるさと納税がウェブで簡単にできます!
  • 菊池世界一プロジェクト大成功!世界一長い流しソーメンの記録「3,328.38m」達成しました!
  • 菊池市プチ伝説
  • いっぷく!姉妹都市
  • 菊池動画ちゃんねる
  • 菊池の公共交通網
  • 観光大使リポート
  • 菊池パンフレット
  • リンク集
  • 菊池市図書館
  • 菊池市生涯学習センター準備室の公式Facebookページ
  • 『きくち歩き愛です』のご紹介

広告欄バナー広告についてのお問い合わせはこちら

  • 美少年バナー
  • たびらい熊本レンタカー予約(熊本県菊池市)