前のページに戻る

記事の詳細

みんなと一緒にスポーツを楽しみたい-全国障害者スポーツ大会出場に向けて-

更新日:2017年10月18日

yukiosakai


10月28日から愛媛県で開催される全国障害者スポーツ大会に、「連続17回」出場されるという酒井幸男さんにお話を伺いました。

※記事内の表現については、本人承諾のもと一部変更しています。

酒井幸男さん(52歳:菊池市在住)

第17回全国障害者スポーツ大会 熊本県代表として、「陸上競技100m・走り幅跳び」に出場予定。
療育手帳を所持。
現在は、障がい者を対象とした就労移行支援事業所に通いながら、一般就労を目指していらっしゃいます。

●全国大会出場決定おめでとうございます。まずは、酒井さんと陸上競技についてお聞かせください。
(酒井)陸上競技は小学校5・6年生から始めました。初めは、バドミントンをしてみたりもしましたが、なかなか自分に合わなくて、先生から陸上競技を勧められてから始めました。

running


●学生の時の大会成績等はどうでしたか。
(酒井)中学校ぐらいだったと思いますが、スペシャルオリンピックスの北九州大会に行ったことがあります。その時は、100m と走り幅跳びで優勝しました。

●菊池市陸上競技協会にも入っていらっしゃるようですね。
(酒井)はい。練習の時とかに「ここを直したがいいよ」とか、走り幅跳びの跳び方とかアドバイスをしてくれる人がいますのでとても助かっています。

●全国障害者スポーツ大会への出場が、今回で連続17回目とのことですが。
(酒井)そうです。始まってから全ての大会に出ています。
入賞したこともたくさんありますよ。メダル数としては、17個ぐらいもらっています。

●今回の熊本県の合同練習で心がけていることはありますか。
(酒井)みんなと一緒に練習できるというのがいいですね。練習はとてもしやすい環境だと思ってやっています。いろんな人と話しながらできるから楽しいです。

●全国大会出場にあたっての市長表敬訪問で、市長と話をされていかがでしたか。
(酒井)とても良かったです。
市長から「真心をもって頑張ってきてください」と言われてうれしかったです。「真心(皆さんの応援)には、真心で返すと相手には必ず通じますよ」と言われました。houmon


 ●次に、お仕事のことをお聞きかせください。現在行かれている就労移行支援事業所での作業内容は、どのようなことをされていますか。
(酒井)プラスチックのパイプ(電気部品)に釘を打って、テープ貼りをしたりしています。最初の頃はなかなか難しかったけど、続けていくうちに面白くなってきました。

●一般就労の経験もあるとのことですが、どのようなところに行かれていましたか。
(酒井)箸工場や瓦屋さんなどに行っていました。work


●一般就労で苦労したことはありませんでしたか。
(酒井)瓦屋にいた時は、病気をして、それで仕事を辞めたということはあります。色々と怒られたことはありますけど、それは乗り越えながら頑張ってきました。

●次に、生活のことをお聞かせください。普段の生活で心がけていることはありますか。
(酒井)一緒に暮らしている母が病気をして、また足腰も悪いので、日常生活の中ではいろんなことを自分でやっています。ヘルパーさんにも来てもらって、自分でできないことはヘルパーさんにやってもらっています。

●将来に対する思いなどはありますか。
(酒井)今は、特に不安に思うことはありません。
将来、母親が亡くなって僕が1人になった時は一人では生活できないので、(まだ何も相談していないけど)母親の兄弟(市外在住)に電話をして、一緒に暮らせるか相談をしてみようかなとは思っています。

●障害者手帳を持っていることに対して何か思いはありますか。
(酒井)僕が療育手帳を持っていることで、「差別」されるんじゃないかなという心配はあります。
実際にあったわけじゃないけど、例えば、学生さんとすれ違った時に、冷たい目で見られているように思ってしまうことはあります。

●今度、一般就労される予定があると聞きましたが、期待や意気込みなどはありますか。
(酒井)一つは、数の数え方について心配するところはあります。でも勉強していかないといけないし、これからがんばっていこうと思っています。

●将来の夢などはありますか。
(酒井)今は僕が全国大会とかに出ているので、今度は、子供達に夢を与えながら一緒に練習ができる環境ができればいいなと思っています。sakai


●最後に、皆さんに対して何か伝えたいことはありますか。
(酒井)僕は、陸上競技が大好きです。
以前に大きな病気をして入院したことがあります。そのときは「もう陸上競技はやめてしまおう」と思っていました。しかし、たまたま隣にいた患者さんから、「がんばって直して、絶対続けたほうがいいよ。」と励ましてもらい、とてもうれしかったことを覚えています。そのことがあって、現在まで陸上競技を続けてこられました。
みなさんも、好きなことは簡単にあきらめないで続けてほしいと思います。
また、僕だけが楽しむんじゃなくて、みんなと一緒に交流しながら、いろんなスポーツなどでみんなと一緒に楽しんでいきたいなと思っています。
最後に、今回の全国大会では「金メダル」を持って帰りますので、応援よろしくお願いします。

 

インタビューにも丁寧に答えていただき、練習もとても熱心に励まれていました。
入賞の期待もありますが、ぜひとも「みんなと一緒に楽しんで」来てもらいたいと思います。


お問い合わせ

菊池市役所 健康福祉部 福祉課 障がい福祉係
電話番号:0968-25-7213この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


おすすめのコンテンツ

  • 菊池市災害支援ネットワーク
  • 菊池の地域おこし協力隊
  • くらしの便利帳
  • ふるさと菊池を応援「東京菊池会」
  • 菊池市のふるさと納税がウェブで簡単にできます!
  • 菊池世界一プロジェクト大成功!世界一長い流しソーメンの記録「3,328.38m」達成しました!
  • 菊池市プチ伝説
  • いっぷく!姉妹都市
  • 菊池動画ちゃんねる
  • 菊池の公共交通網
  • 観光大使リポート
  • 菊池パンフレット
  • リンク集
  • 菊池市図書館
  • 菊池市生涯学習センター準備室の公式Facebookページ
  • 『きくち歩き愛です』のご紹介

広告欄バナー広告についてのお問い合わせはこちら

  • 美少年バナー
  • たびらい熊本レンタカー予約(熊本県菊池市)