きくち物語コンテンツ一覧を見る

癒しの里、きくち

菊池で遊ぶ

菊池で食べる

菊池で泊まる

菊池の情報

菊池を学ぶ

前のページに戻る

<< 前へ 1 2

くすべ地蔵

シリーズ菊池遺産61(くすべ地蔵・産さん滝) くすべ地蔵  地蔵様をロウソクの火でくすべる(いぶす)という、全国的にも大変珍しい風習が伝承されています。頭がよくなりたい人は頭を、足が痛い人は足を、というふうに、ロウソクの火に願いを込めて、お地...

くすべ地蔵

「シリーズ菊池遺産61(くすべ地蔵・産さん滝)」詳細ページへ移動します

シリーズ菊池遺産61(くすべ地蔵・産さん滝)

くすべ地蔵  地蔵様をロウソクの火でくすべる(いぶす)という、全国的にも大変珍しい風習が伝承されています。頭がよくなりたい人は頭を、足が痛い人は足を、というふうに、ロウソクの火に願いを込めて、お地...

菅原神社

シリーズ菊池遺産60(菅原神社・稗方神楽) 菅原神社 稗方区の氏神であるこの神社は、大宰府の勧請により建立されたものです。祭神は菅原道真、建立は元文2年(1737年)、祭日は12月20日です。毎月1日、15日には宮総代によって榊が供えられています。また、...

菅原神社

「シリーズ菊池遺産60(菅原神社・稗方神楽)」詳細ページへ移動します

シリーズ菊池遺産60(菅原神社・稗方神楽)

菅原神社 稗方区の氏神であるこの神社は、大宰府の勧請により建立されたものです。祭神は菅原道真、建立は元文2年(1737年)、祭日は12月20日です。毎月1日、15日には宮総代によって榊が供えられています。また、...

龍門橋

シリーズ菊池遺産55(龍門橋・輪足山東福寺) 龍門橋  明治22年(1889年)に設計監督は橋本勘五郎、石工は西木戸亀喜・北岡直七・高木二太郎らによる架橋とされています。染土区と寺小野区を結ぶ道路の迫間川に架けられた単一アーチの石橋で、長さ22m、幅員4...

龍門橋

「シリーズ菊池遺産55(龍門橋・輪足山東福寺)」詳細ページへ移動します

シリーズ菊池遺産55(龍門橋・輪足山東福寺)

龍門橋  明治22年(1889年)に設計監督は橋本勘五郎、石工は西木戸亀喜・北岡直七・高木二太郎らによる架橋とされています。染土区と寺小野区を結ぶ道路の迫間川に架けられた単一アーチの石橋で、長さ22m、幅員4...

稗方城址

シリーズ菊池遺産54(稗方城址・今村観音堂・雪野八幡宮・寺尾野... 稗方城址  菊池氏の本城を防衛する為の拠点として建設された外城の一つです。地域住民からは、「城山さん」として親しまれており、城山大明神と笛大明神が祀られています。下段の竹林には、菊池氏17代武朝公の...

稗方城址

「シリーズ菊池遺産54(稗方城址・今村観音堂・雪野八幡宮・寺尾野...」詳細ページへ移動します

シリーズ菊池遺産54(稗方城址・今村観音堂・雪野八幡宮・寺尾野...

稗方城址  菊池氏の本城を防衛する為の拠点として建設された外城の一つです。地域住民からは、「城山さん」として親しまれており、城山大明神と笛大明神が祀られています。下段の竹林には、菊池氏17代武朝公の...

地蔵菩薩(いぼ地蔵)

シリーズ菊池遺産53 地蔵菩薩(いぼ地蔵)  昔から「いぼ地蔵」と呼ばれており、社内に供えられた小石を借りて日夜イボを刺したり、自分の歳の数の大豆を供えて食べるとたちまちイボが治り、御礼には歳の数の小石を供えると言い伝え...

地蔵菩薩(いぼ地蔵)

「シリーズ菊池遺産53」詳細ページへ移動します

シリーズ菊池遺産53

地蔵菩薩(いぼ地蔵)  昔から「いぼ地蔵」と呼ばれており、社内に供えられた小石を借りて日夜イボを刺したり、自分の歳の数の大豆を供えて食べるとたちまちイボが治り、御礼には歳の数の小石を供えると言い伝え...

岩本巻天神の椋の木

シリーズ菊池遺産52 岩本巻天神の椋の木   岩本区の中央にある巻天神の御神木で、空に向かってそびえ、樹齢600年とも800年とも言われている幹周り6.5mの椋の大木です。根元は空洞になり、台風による枝折れが生じて樹勢の衰えが見...

岩本巻天神の椋の木

「シリーズ菊池遺産52」詳細ページへ移動します

シリーズ菊池遺産52

岩本巻天神の椋の木   岩本区の中央にある巻天神の御神木で、空に向かってそびえ、樹齢600年とも800年とも言われている幹周り6.5mの椋の大木です。根元は空洞になり、台風による枝折れが生じて樹勢の衰えが見...

灰高天神

シリーズ菊池遺産51 灰高天神  菊池市出田地区にあり、樹齢500年ともいわれています。毎年12月14日に灰高さん祭りが行われています。永年の風雪や台風等により、樹勢の衰えが見られましたが、平成20年から21年にかけて樹木医によ...

灰高天神

「シリーズ菊池遺産51」詳細ページへ移動します

シリーズ菊池遺産51

灰高天神  菊池市出田地区にあり、樹齢500年ともいわれています。毎年12月14日に灰高さん祭りが行われています。永年の風雪や台風等により、樹勢の衰えが見られましたが、平成20年から21年にかけて樹木医によ...

産さん神社

シリーズ菊池遺産50 産さん神社と産さん滝  産さん神社は、鎮西八郎(源為朝)の妻子7人が祀られています。天然痘やお産の神様として地域の信仰を受けており、平成25年3月に建替えられました。産さん滝は、300m上流にある横滝...

産さん神社

「シリーズ菊池遺産50」詳細ページへ移動します

シリーズ菊池遺産50

産さん神社と産さん滝  産さん神社は、鎮西八郎(源為朝)の妻子7人が祀られています。天然痘やお産の神様として地域の信仰を受けており、平成25年3月に建替えられました。産さん滝は、300m上流にある横滝...

池ノ尾間歩

シリーズ菊池遺産49 池ノ尾間歩(池ノ尾トンネル)  明治時代に山越えで通行していた不便さを解消するために、地域の住民総出で何ヶ月も掛けて、鍬や唐鍬で掘った生活道。堀切住民の夢と汗の結晶である。人の手によるまさしく手作り...

池ノ尾間歩

「シリーズ菊池遺産49」詳細ページへ移動します

シリーズ菊池遺産49

池ノ尾間歩(池ノ尾トンネル)  明治時代に山越えで通行していた不便さを解消するために、地域の住民総出で何ヶ月も掛けて、鍬や唐鍬で掘った生活道。堀切住民の夢と汗の結晶である。人の手によるまさしく手作り...

蔵六庵

シリーズ菊池遺産47 蔵六庵(観音堂)  曹洞宗に属し十一面観音菩薩が本尊です。  天正十六年(1588)建立とする十一面観音が祭られており、今の観音堂は、100年程後の貞享二年(1685)再建と記されています。明和元...

蔵六庵

「シリーズ菊池遺産47」詳細ページへ移動します

シリーズ菊池遺産47

蔵六庵(観音堂)  曹洞宗に属し十一面観音菩薩が本尊です。  天正十六年(1588)建立とする十一面観音が祭られており、今の観音堂は、100年程後の貞享二年(1685)再建と記されています。明和元...

寺町海津見神社

シリーズ菊池遺産48 寺町海津見神社  応安八年、今川了俊・今川仲秋が菊池一族17代菊池武朝の水島の城(台城)を攻めました。敗れた今川軍が庄村の辺(山鹿市鹿本町)に退く際に、武朝は獄の鼻の淵から毎夜きらきらと光輝くものを見ま...

寺町海津見神社

「シリーズ菊池遺産48」詳細ページへ移動します

シリーズ菊池遺産48

寺町海津見神社  応安八年、今川了俊・今川仲秋が菊池一族17代菊池武朝の水島の城(台城)を攻めました。敗れた今川軍が庄村の辺(山鹿市鹿本町)に退く際に、武朝は獄の鼻の淵から毎夜きらきらと光輝くものを見ま...

<< 前へ 1 2

前のページに戻る

広告欄

  • 美少年バナー
  • たびらい熊本レンタカー予約(熊本県菊池市)