きくち物語コンテンツ一覧を見る

癒しの里、きくち

菊池で遊ぶ

菊池で食べる

菊池で泊まる

菊池の情報

菊池を学ぶ

前のページに戻る

記事の詳細

菊池市プチ伝説No.028 灰高さんにまつわる伝説!?

更新日:2014年12月11日

●投稿者:K様
●投稿内容: 灰高さんにまつわる言い伝えがあるらしい。

 

灰高天神

灰高天神樹齢500年とも言われており毎年12月14日に灰高さん祭りが行われる。永年の風雨や台風等により、樹勢の衰えが見えたが、平成20年から21年にかけて樹木医による回復処置を行い、樹勢も快復し、区民の憩いの場として親しまれている。

出田若宮神社

出田若宮神社菊池氏第2代経隆氏がまつられています。創立ははっきりしませんが、神殿上の屋根の下、東西に力神さんの像があり、かつてはこの神様の乳をなでると力持ちになるといわれていました。拝殿には天保6年(1835)、安政7年(1860)を初めとする絵馬15枚と男女神像各1体があり、男神座像に寛文4年(1664年)と書かれています。境内には文化8年(1811)「渋江公正謹書」と書かれた石碑と狛犬一対、宝暦13年(1763)の鳥居があり猿田彦神も祭られています。なお、特殊神事として50年ごとに遷宮が行われ、飾り馬(七ツ布団という)のほかに千本槍の行列などが行われます。祭日は2月25日で、当夜は獅子舞が奉納されこれは、市の文化財に指定されています。(菊池市史 下巻 参照)


お問い合わせ

菊池市役所 政策企画部 企画振興課 企画係
電話番号:0968-25-7250この記事に関してお問い合わせする


前のページに戻る

広告欄

  • 美少年バナー
  • たびらい熊本レンタカー予約(熊本県菊池市)