きくち物語コンテンツ一覧を見る

癒しの里、きくち

菊池で遊ぶ

菊池で食べる

菊池で泊まる

菊池の情報

菊池を学ぶ

前のページに戻る

記事の詳細

熊本地震ドキュメントムービー「負けんばい菊池 負けんばい熊本」

更新日:2017年1月21日

市民の防災意識と復興に向けた機運の向上と、薄れゆく被災地への関心をもう一度高めてもらうことを主な目的に、熊本地震ドキュメントムービー「負けんばい菊池 負けんばい熊本」を制作しました。

市公式FacebookやYouTubeに公開するほか、市内の学校や市民団体、これまでに支援いただいた県外自治体や民間団体などにDVDにして配布します。

阪神・淡路大震災から22年。東日本大震災からもうすぐ7年目を迎えます。熊本地震の被災地では、こうした過去の経験をもとに迅速な支援活動が繰り広げられました。過去の悲劇があり、その教訓から多くの人の命が救われています。

震災から学び、未来に備えるためにも、動画を通じて被災地の記憶と記録を次世代に受け継いでいくきっかけになればと考えています。

公式フェイスブックページ「癒しの里 菊池」でも公開しています
https://www.facebook.com/kikuchicity/videos/1319886011408027/


動画のあらすじ

以下の3部構成で、被災から復興へと向かうまでの歩みを約8分にまとめています。被災当時の悲劇的な状況から、多くの支援を受けながら明るい未来へと進んでいく人々の姿を伝えたいと考えました。

1.地震発生から、市の初動対応と公的機関の活動、のり面崩落や建物倒壊、菊池渓谷の被災状況

2.公的支援や災害ボランティア、市民の共助活動

3.創造的復興に向けて活気を取り戻し始めたまちの姿

市民や職員のほかさまざまな支援者が取材に協力

菊池市民や市職員のほか、支援に訪れた県外自治体や国土交通省、自衛隊、消防署、DPATなど大勢の人たちが「被災地の皆さんが元気になれば」と取材に協力。「負けんばい熊本」のエールを送っていただきました。

挿入歌は地元のシンガーソングライターが無償提供

挿入歌は菊池出身のシンガーソングライター「れーな」さんが無償提供。4月から通うはずだった大学が被災し勉強ができなくなるなど自身も被災者でありながら、「自分にもできることがあるはず」とライブ活動をメーンに被災地の支援活動を続けてきたれーなさん。

楽曲の無償提供はその一環で、2曲目の「ヒーロー」はこのムービーのために書き下ろしてくれました。挿入歌は「強くあれ」「ヒーロー」「走れ」の3曲。ストレートでキャッチーな歌が動画の訴求力を高めています。

 

ムービーのスクリーンショット



ムービーのスクリーンショット



ムービーのスクリーンショット



ムービーのスクリーンショット



ムービーのスクリーンショット



 


追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。


お問い合わせ

菊池市役所 政策企画部 市長公室 広報交流係
電話番号:0968-25-7252この記事に関してお問い合わせする


前のページに戻る

広告欄

  • 高木歯科クリニック01
  • 緒方建設02
  • 菊池温泉観光旅館協同組合バナー
  • 美少年バナー
  • あまとやバナー