きくち物語コンテンツ一覧を見る

癒しの里、きくち

菊池で遊ぶ

菊池で食べる

菊池で泊まる

菊池の情報

菊池を学ぶ

前のページに戻る

記事の詳細

吉野 正明〜ヨーロッパを描いた「日本的」油彩画家〜

更新日:2015年6月10日

吉野 正明 (よしの まさあき、1913-1994)

 


吉野正明



 

吉野正明は菊池市赤星に生まれる。戦後菊池市内の中学校で一時美術教師をしていたが、本格的な絵を描きたい一心から東京に転居した後、都内の中学校教師となり、学校に勤めながら、画業に専念し二科展で開花した。昭和16年二科展に初入選以来、二科展一途に毎年出品し、昭和42年に会員推挙、59年には二科展評議員となる。その間同展特選、会員努力賞、日本美術選賞、日本芸術文化賞などを受賞する。

在郷中には主に阿蘇や鞍岳、八方ヶ岳、近隣の里山、河川などの風景画を数多く書き残した一方で、晩年の絵はヨーロッパの古城や中世時代の市街地を中心にした画題で数多くの大作を発表した。菊池市にはその一部の名作を数点寄贈されている。

 

吉野正明「フローレンス」、1971年、菊池市中央公民館蔵

吉野正明「フローレンス」



 


お問い合わせ

菊池市役所 教育委員会 生涯学習課 社会教育係
電話番号:0968-25-7232この記事に関してお問い合わせする


前のページに戻る

広告欄

  • 美少年バナー
  • たびらい熊本レンタカー予約(熊本県菊池市)