きくち物語コンテンツ一覧を見る

癒しの里、きくち

菊池で遊ぶ

菊池で食べる

菊池で泊まる

菊池の情報

菊池を学ぶ

前のページに戻る

記事の詳細

シリーズ菊池遺産71(中組地蔵尊・福本の大永板碑)

更新日:2016年11月8日

中組地蔵尊(なかくみじぞうそん)

 明和6年(1769年)に建立されました。お堂もなく風雨にさらされた状態で居られます。地元ではこの地に火災や諸々の災害が起きないようにと雨水を浴びておられるのではないかと云われており、平成橋南三又路の地蔵菩薩像、火除け地蔵と伝えられています。

▼認定番号第ふるさとH27-5号  推薦者 福本一区

 中組地蔵尊


 

福本の大永板碑(ふくもとのだいえいいたび)

 大永6年(1526年)に建立されました。逆修碑(生前自分の死後の冥福を祈って仏事をおこなうこと、また生前に法名を付けて朱書すること、老人が若くして死んだ人の冥福を祈ること)であり、碑には梵字(古代インドの文章語)が見られます。 

▼認定番号第ふるさとH27-6号  推薦者 福本一区

福本の大永板碑


 


追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。


お問い合わせ

菊池市役所 政策企画部 企画振興課 地域振興係
電話番号:0968-25-7250この記事に関してお問い合わせする


前のページに戻る

広告欄

  • 美少年バナー
  • たびらい熊本レンタカー予約(熊本県菊池市)