きくち物語コンテンツ一覧を見る

癒しの里、きくち

菊池で遊ぶ

菊池で食べる

菊池で泊まる

菊池の情報

菊池を学ぶ

前のページに戻る

記事の詳細

シリーズ菊池遺産66(福本八幡宮・獅子舞と花笠踊り)

更新日:2016年11月8日

福本八幡宮

 福本八幡宮は泗水町福本にあり、創立は嘉元2年(1304年)、玉名郡千田庄の聖母八幡宮から勧請されました。社格は郷社であり、区民はもとより古くは皇室はじめ県下豪族から崇め敬われた格式ある八幡宮です。明応2年(1493年)再建され、神事は秋の例大祭、元旦祭、賀の祝い、茅の輪くぐり、七五三が毎年行われています。

 特に秋の例大祭には「獅子舞・花笠踊り」が区民を挙げて盛大に奉納されています。日頃からお宮の清掃や祭事の準備等は、各組が輪番制で行われており、区民全体で大切に守られています。

福本八幡宮



 ▼認定番号第ふるさとH27-1号 推薦者 福本一区

獅子舞と花笠踊り

 「獅子舞と花笠踊り」は、福本八幡宮の例大祭時に氏子が奉納する伝統芸能です。秋の例大祭(10月18日)では、獅子舞(赤獅子、青獅子)の後に、踊り子たちが「剣舞(けんぶ)」「花笠踊り」を踊りながら境内を回り、五穀豊穣・生活安全を祈願します。

 福本の獅子舞は、一つの獅子に二人が入って舞うもので、牝獅子は赤、雄獅子は青で、神社の回りを右回りに3周回りながら舞納めます。福本の獅子舞については、「肥後国史」によると享保の初め(1716年)以前から行われていたとのことです。

獅子舞と花笠踊り



▼認定番号第ふるさとH27-2号 推薦者 福本一区

 

 


お問い合わせ

菊池市役所 政策企画部 企画振興課 地域振興係
電話番号:0968-25-7250この記事に関してお問い合わせする


前のページに戻る

広告欄

  • 美少年バナー
  • たびらい熊本レンタカー予約(熊本県菊池市)