きくち物語コンテンツ一覧を見る

癒しの里、きくち

菊池で遊ぶ

菊池で食べる

菊池で泊まる

菊池の情報

菊池を学ぶ

前のページに戻る

記事の詳細

いちいがし

更新日:2014年9月30日

泗水町吉富、村吉の台地から合志川を見下ろす場所に、いちいがしは聳え立っています。樹齢は数百年ともいわれ、胴幹周りは7.5mにもなります。市の天然記念物に指定されています。

ここのいちいがしの一番の特徴は根のこぶです。根元の土が風雨で流され、根が露出するうちに樹皮化したものと考えられますが、その根の形状やこぶなどは威容ともいえる雰囲気を醸し出しています。

いちいがしは非常に硬い幹をしており、農耕具の柄などに使われます。

この場所は明治時代のはじめ頃までは村吉小学校の隣であり、いちいがしの根は子ども達の格好の遊び場であったと思われます。

いちいがし長年の風雨により根が地表に洗い出され、樹皮化したものと考えられます。
威容な風景です。


お問い合わせ

菊池市役所 教育委員会 生涯学習課 社会教育係
電話番号:0968-25-7232この記事に関してお問い合わせする


前のページに戻る

カテゴリ内 他の記事

広告欄

  • 美少年バナー
  • たびらい熊本レンタカー予約(熊本県菊池市)